神戸RANDOM句会

シニアの俳句仲間の吟行・句会、俳句紀行、句集などを記録する。

2003=篠山<陶・俳>紀行 その6・りっこ

2013-02-14 | 吟行句会
陶芸さろんで =りっこ


 




 丹波・立杭焼といえば、あの、濃い、深い、黒か褐色の、焼のしっかりした焼物をおもう。私たちが訪れたのは「夢工房」という陶芸さろん。

 「まるい出来上がったお皿に絵付けするのでは面白くない」という事で、用意されていたお皿を片付けてもらって、土(1㎏位)をもらった。
 白い土か赤い土か、希望のをもらって、みんな早速、おもちゃを与えられえた子どもよろしく、いじりだした。

 土守の方(後でパンフレットを見て知ったのだが、講師とかいうのではなく、土守というようだ。これはいい。)があわてて、「うどん粉をこねるように」と手本をみせて下さる。

 それも横目で見ながら、もうみんな自分のイメージに向かってとりかかった。

 何のイメージも持ってなく、オットリ参加した私は大あわて。それに、午前中に作った自分の句を刻むか書くかすることになっていたが、これも私は、「句」らしいものが出来てなかったので、書き残すのは、はずかしい。

 でも、土をこねるのは楽しい。焼物を作るためにこねるのは多分始めてだと思うけど、幼い頃、田ん圃で遊びほうけたどろんこ遊びに似て、なつかしい。

 私がもらった白い土は、肌理のこまかい、しっとりとした土で、どんな形にでもなじむ、優しい土。(土守さんが、ちょうどそこまでにして下さっていたのでしょう。心が伝わる)何か自由な形の、不定形の物体を創りたい気持ちにちょっとなったが、そんな事して居られない。みんな、おしゃべりしながらも、造形が整いだした。

 えい、仕方がない。何か見慣れた物を作ろうと、小皿をつくったが土が余る。自分の部屋の表札にと板をつくった。まだ土が余ったのでもう一枚小皿。これにはお刺身を盛ろうと醤油を入れる窪みをつけた。
 黒豆の句を刻もうと思ったけれど、もう午前中の事は、昼食のワインで忘れてしまっていたし、単なるひとりよがりの五・七・五で、ナンノコッチャわからないので止して、書きなれた「風」を書いた。

 こんな風に私が苦闘しながら楽しんでいる間に、他の人はなかなかのものが出来上ってきた。

 全員の作品を並べる。壮観(?)である。
 荒削りのドッシリしたのや、ユニークで面白いのや、ていねいで優しいのや、ザッとキップのいいのや、苦心と迷いが出ているのや…。
 個性的である。みんな一直線につくりだしたので、土守さんに教えてもらったり、隣の人のを学んだり盗んだり、歩き回って他の人の様子を見たりする余裕がなかったおかげで、こんなにバラエティに富んだものが出来た…。
 自分の平凡さが悲しい。やっぱり記念に、変な、自分らしいのを創ればよかったか。

 最後に、希望の釉薬を土守さんにお願いして工房を後にした。あと、焼き上げて送って下さる。サァ、どんなになっているか楽しみです。

 また、機会があればやってみたい。それとやっぱり焼くところを体験したい気がしています。

 この小旅行で、久し振りの人や、はじめての人、いつか会っていたはずの人と出会え、お話出来たこと、句も陶も、とてもとてもだったけれど、テーマを持ってちょっと真剣にとりくんで、よい一日でした。

  句と土とこねて梅雨あけデッカンショ
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2003=篠山<陶・俳>紀行 ... | トップ | 2003=篠山<陶・俳>紀行 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

吟行句会」カテゴリの最新記事