神戸RANDOM句会

シニアの俳句仲間の吟行・句会、俳句紀行、句集などを記録する。

2004=思い出・どんぐり

2013-02-11 | 句集
思い出=どんぐり




老鶯や山を愛せし父の墓       
ネクタイの農夫小春に賞を受く    
湯豆腐に物足りなさのありにけり   
大屋根の雪解雫のせはしなく     
新樹雨靴の濡れるもかまはずに    
朱印帳手に手に遍路バス降りる    
露草や焚くことのなき登り窯     
白萩のこぼれしままを掃かずおく   
雪解水枯山水を流れけり       
春泥や歌碑まで続く靴の跡 

     
流燈の一燈はやや先を行く      
予期せざる人との別れ虎落笛     
鳳仙花はじききらざる実のひとつ   
頂上へ夏野の小さき人の列      
波音を子守唄とし残る鴨       
片陰に人それぞれの暮しあり     
建国の日や陵に黙す人        
病院を囲む夾竹桃の白        
水打ちて新車届くを待ちにけり    
しらじらと月残りゐる今朝の冬 

   
露涼しとどこほる庭手入れして    
曇天の明るき丹波栗の花       
俳磚の文字くっきりと木の芽風    
ぼうたんの一気に咲いて庭狭め    
葉の色にはじまる毬の七変化     
大玻璃戸隔て夏蝶ゆったりと     
刻々と集ひ来る顏涼しかり      
空席の目立つ夜学の始まりぬ     
明日嫁ぐ娘と見上げたる朧月     
俳磚に水引の紅およびけり 


私と俳句

 
 転勤先の職場で俳句会のお世話をすることになったのが私と俳句の出会いである
 季題をひとつ入れて自分の見たもの感じたものを、形容詞はなるべく使わないで五七五の17文字にすれば良いと教わった。
 なんせ、言葉は知らず、文を書くのは大の苦手!
それでも17文字位なら何とかなるだろう、それに季題と言うものを1つ入れれば良いのだから…。
 出来た句に賛同する人がなければ、季題を変えてみる。
 やったー、わかってもらえたー。
 出来るだけ欠かさず句会に参加し、先生や先輩の俳句を見聞きするようにした。
 一番の思い出は京都での慣れない吟行句会で、提出の3句をやっと作り、その内の1句を稲畑汀子先生が選んでくださったこと。 

 八重桜散ることのなく落ちにけり

 これで気を良くしてしまって、今日まで続いている。(2004)
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2004=どんぐりの庭/見水 | トップ | 2004 石蹴り・楽水 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

句集」カテゴリの最新記事