神戸大学 準硬式野球部

神戸大学準硬式野球部です(^O^)
普段は土日を中心に
長期休暇は週4~5日活動しています!
シンダイジュンコー

VS同志社大学@同志社京田辺キャンパスG

2017年07月13日 | 試合結果
お疲れ様です。今回は7/8(土)に同志社京田辺グラウンドで行われた練習試合について報告させていただきます。
1試合目
神戸 |0 0 0 0 0 0 1 0 0 | 1
同志社|2 0 0 0 0 2 3 10 ×|17

神戸:檜垣(6) 山本(1 1/3) 東野(0/3) 藤井雅(2/3)-中山(8)
同志社:富永(6) 青木(3)-河野(9)
安打:8(福田2、津毛、北野2、田中、高田、江城)
二塁打:田中
被安打:18
失策:(神)3 (同)0
与四死球:(神)7 (同)4
奪三振数:(神)2 (同)5
WP:(神)3 (同)0 PB(神)0 (同)0 ボーク:(神)0 (同)0

1回の表、二死から3番福田が詰まりながらもレフト線に落とし、出塁するも後続が倒れる。
その裏、先発檜垣は1番小熊にレフトオーバーの2塁打を打たれ、2番小松の送りバントを檜垣が一塁に悪送球。早々に先取点を奪われる。その後、四球でピンチを招くも何とか抑える。
同点に追いつきたい神戸は3回、二死から1番津毛が低めをうまく拾って中前に運ぶと、続く2番北野が初球を叩いて1.2塁間を破る。しかし、同志社のクイック牽制で二塁タッチアウト、チャンスを潰してしまう。
強力同志社打線を抑えてきた檜垣は5回裏、先頭を切るも小熊、小松の花巻東コンビに連続安打を浴びると、3番坂枝にも三遊間を破られ、一死満塁のピンチを招く。4番烏田の打球は二塁後方へのフライとなり、これをセカンド福田が落球するが本塁を封殺し事無きを得る。続く5番清原のえげつないセンターライナーを藤井大がうまく処理してこの回を凌ぐ。
6回表、先頭は代打の一回生高田。うまくストレートを捉えてレフト前に安打を放つ。しかしサインミスも有り、なかなか得点に結びつかない。
6回裏、安打と四球でピンチを招くと、代打の辻にタイムリーを浴びる。続く小熊の打球は右中間を深々と破り、この回2点を追加される。檜垣は調子はそこまで良くないように見えたが、4回生のいる同志社を6回4失点に抑えるピッチングであった。
7回表、同志社のマウンドは青木。神戸は四死球で二死満塁のチャンスを得る。9番途中出場の江城が綺麗にセンター前に弾き返し、1点を返す。しかし、後続が続けず1点止まりに終わってしまう。
7回の裏、神戸の2番手は対同志社◯を持っている山本。先頭は因縁の相手、坂枝。四球を与えてしまうと、4番烏田にレフト線に運ばれピンチを招く。5番清原は粘って7球目、振り抜いた打球は打った瞬間にそれとわかるレフトへの特大ホームラン。3点を失う。
8回裏、1番小熊にレフト前に運ばれると、3番坂枝の打球はライトオーバーの2ベース(フェンス無かったら取れた説)。烏田にタイムリーを浴びて7点目を取られた所で、神戸は1回生東野にスイッチする。緊張したのか、四死球を与え、ストライクを取りにいった球を痛打される。柴山、青木、小熊にタイムリーを浴びて、藤井雅にマウンドを譲る。小松にタイムリーを浴びるも坂枝と烏田を打ち取る。
最終回、一死から田中が右中間を綺麗に抜く二塁打を放つ。しかし後続が倒れ、ゲームセット。最終的に大差のつく試合であった。

打数-安打-打点
*神戸
9津毛(③.四條畷) 4-1-0
6北野(③.千里) 4-2-0
4福田(③.大阪桐蔭) 4-2-0
8藤井大(③.神戸) 3-0-0
3川村(③.寝屋川) 4-0-0
7田中(③.向陽) 3-1-0
2中山(①.生野) 3-0-0
1檜垣(③.六甲) 2-0-0
PH新家(①.立命館) 1-0-0
1山本(②.西京)
1東野(①.奈良)
1藤井雅(③.大門)
PH奥田(②.高松) 0-0-0(四球)
5坂東(③.星陵) 1-0-0
PH高田(①.高志) 1-1-0
5江城(②.東住吉) 2-1-1

*同志社
5小熊(③.花巻東)
4小松(①.花巻東)
6坂枝(④.高松)
3烏田(③.九州学院)
7清原(④.光泉)
2河野(④.京都外大西)
9柴山(②.中京)
8長門(④.一条)
1富永(③.小城)
PH辻(④.郡山)
PR角(①.三田学園)
1青木(④.同志社)


2試合目

同志社|5 1 0 0 1 1 1 2 8|19
神 戸|0 0 1 0 0 0 0 0 0| 1

神戸: 窪田(5) 浦野(3と0/3) 武田(3/3)- 米津(9)
同志社:小野(5) 工藤(2) 内藤(2)- 中村(8) 長原(1)
安打:5(高田(3) 米津(2)
二塁打:高田
被安打:18
失策:1(神)3(同) 与四死球:12(神)2(同)、
奪三振数:2(神)8(同)、WP:5(神)0(同)、PB:0(神)0(同)、
ボーク:0(神)0(同)、盗塁数:0(神)9(同)

神戸の先発は1回生の窪田。初回、2アウトを簡単に取るもヒットと四死球で満塁とすると、押し出しの死球を与える。さらに6番佐藤、7番石塚に連続タイムリーを浴び、この回5点を先制される。
1回裏、二死から3番高田が1試合目に続いて安打を放つ。しかし、後が続かない。
2回表、同志社は2番前川、3番辻が連続でセンターへツーベース。さらに1点を追加する。
3回裏、反撃したい神戸は9番木村が四球を選ぶと、牽制エラーもあり、無死二塁のチャンスを掴む。1番奥田、2番鈴木が連続三振に取られるも、高田が再び同志社先発の小野を捉える。右中間にタイムリーツーベースで1点を返す。
3.4回を凌いできた神戸先発の窪田は5回表、下位打線にチャンスを作られると、1番高須にセンター前タイムリーを浴びる。窪田はこの回の後続を抑え、5回でマウンドを降りた。
6回からリリーフした浦野は、6回に犠牲フライ、7回に暴投で1点ずつ失う。7回にも7番佐藤、代打太田に連打を許し、ピンチで失策も絡んでさらに2点を失う。
続く9回にも連打を浴び、失点した所で武田にマウンドを譲るも、代わった武田も同志社打線を止められない。この回結局、8点を失う。
打線もリリーフ工藤、内藤からヒットを打てず、6回から無安打のまま試合が終了した。

同志社
8高須(④.今治西)
8角(①.三田学園)
DH→4前川(②.川西緑台)
3辻(④.郡山)
9今井(④.清教学園)
4澤村(③.PL学園)
PH→DH加藤貴(③.中京)
5加藤達(②.東北学院)
5菊岡(③.清教学園)
6佐藤大(①.九州学院)
PH中上(③.中京)
6竹内(③.同志社香里)
9石塚(③.日大ニ)
PH太田(④.近江兄弟社)
2中村(④.同志社)
PH佐藤唯(②.花巻東)
2長原(②.高田商業)
P小野(④.西宮東)
P工藤(④.中京)
P内藤(③.静岡商業)

神戸
8奥田(②.高松) 4-0-0
6鈴木(①.岐阜) 4-0-0
7高田(①.高志) 4-3-1
5江城(②.東住吉) 2-0-0
5坂東(③.星陵) 1-0-0
3新家(①.立命館) 3-0-0
1浦野(②下関西) 1-0-0
1武田(②.長田)
2米津(②.長田) 4-2-0
1窪田(①.西舞鶴) 1-0-0
3青山(②.尼崎稲園) 2-0-0
9大津(②.大分上野丘) 2-0-0
PH森本(②.北須磨) 1-0-0
9中藤(①.姫路西) 1-0-0
4木村(①.津) 1-0-0
PH→4木本(②.奈良女大附) 2-0-0


まとめ
残念でした。全日を控える同志社は4回生を中心にベストメンバーということもあって、完全な力負けでした。今日の試合で足りないと思ったことはリーグではより顕著に現れるはずです。ひとつずつ課題を潰していきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三商戦@東京 立川公園野球場 | トップ | VS兵庫教育大@兵庫教育大G »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

試合結果」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。