いつかどこかで。

笑顔に溢れた人生にするために。
大好きな神戸から発信しています。

情報網。

2016-10-16 | スポーツの話。

スマホやPCがこれだけ便利になると、マイナースポーツであるアメフトでも、試合速報や選手のPRなど、ファンに向けて告知していく手段はひと昔前に比べても遥かに多くの選択肢が生まれました。
先日、TVのある番組で武井壮さんが力を込めて「これからの時代、マイナースポーツだからスポンサーがつかない、観客が入らない、と嘆いているだけでは絶対ダメ。自分たちから行動して、宣伝して、競技の魅力をPRしていかなくては!」と仰っていましたが、本当にその通りだと思います。

TVだけを観ていると、スポーツニュース番組の中でも、例えばプロバスケBリーグの試合結果を伝える場面ではまだまだキャスターが「どこが強いのか、どんな選手がいるのか私たちもまだまだ不勉強で・・・」などと、とりあえず結果だけを伝える、みたいなシーンが散見されます。
でもBリーグは、自分たちの努力でネット配信を行ったり、各チームが自らのプロモーション活動を精力的にやってファン獲得のためのアクションを行っています。

アメフト界でも、こういったアクションが必要です。
Xリーグでは、海外選手を各チームが招聘し、数年前よりも高いレベルのいい試合を行っています。
宣伝をうまくやれば、もっともっとファンが増える可能性を秘めています。
このへんの情報網をしっかり作ることが、今のリーグには求められているのではないかと思います。
 

ジャンル:
便利な使い方
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 首の皮一枚・・・。 | トップ | 広島カープ。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む