神戸すみっこ暮らし

神戸でホストファミリーをする親子3人のブログです。
2015年春からカウチサーフィン(短期ホームステイ)を始めました。

超超短期!

2017-06-19 08:42:59 | 留学生ホストファミリー
前回の続きです。


A大学の留学生受け入れを断ったあとに来た、B大学からの留学生受け入れ依頼
これは一体…?

募集要項を見ると、留学生のステイはある週の金曜〜日曜の週末のみ、という超超短期ホームステイでした
留学生のスケジュール表も同封されていたのですが、どうやら短期交換留学生らしく、基本的には大学の留学生寮に住んで日本語の勉強をしてるけど、週末は日本を観光したりと課外活動が予定されているよう。
その課外活動の一環として、日本の一般家庭にホームステイという予定があり、そのホストにと選ばれたようでした。
確かにこれなら、B大学から遠い我が家とのあいだを毎日往復する必要はなく、金曜にうちに来て日曜に大学の寮に帰るときが面倒なだけなのでどうにかなりそうです

肝心の?受け入れ補助費はというと、A大学と比べると少なかったです。それでも週末だけ、というカウチサーフィン(無償)とほぼ同じ日程で来るのにお金がもらえるのは、やはりありがたい〜


来訪予定はA大学とほぼ同じ時期の6月頭。
体調不良を言い訳にA大学の依頼を断ったわけですが、もし体調が悪くてもB大学の留学生のステイは週末のみ。
体調最悪な時に受け入れたイギリス人女性ゲストのときもどうにかなったから、今回もたった3日ならどうにかなるやろ!!
との思いから、受け入れを決定しました


その後くま夫が応募し、B大学からOKが出たので留学生の情報が書類で届きました
こちらも中国の大学に通う、中国人の女の子
自己紹介文などはなく、日本語学習歴など履歴書的なものが来たのですが、なにより
写真がめちゃかわいい
いこが好きそう〜とくま夫婦はすぐに思いました。
ちなみにこちらのB大学はA大学に比べるとユルく、留学生情報の返送は必要なく、家庭訪問もありませんでした。
家庭訪問はやったほうがいい気がするけどなぁ…



そうして今月頭の週末、彼女はやって来ました
留学生のステイについてはまた別記事にしますね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 審査結果と意外な結末 | トップ | ホストが増えます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。