神戸すみっこ暮らし

神戸でホストファミリーをする親子3人のブログです。
2015年春からカウチサーフィン(短期ホームステイ)を始めました。

審査結果と意外な結末

2017-06-18 08:49:36 | 留学生ホストファミリー
前回の続きです。


A大学の留学生ホームステイホストに応募し、担当者の審査を終えた我が家

審査の結果は、合格でした

合格通知とともに、超短期(6週間)留学生のホストとして6月頭から留学生を受け入れてほしいという依頼が、早速来ました
その時点で4月末。
くま夫婦は悩みました。
…というのも、くまの体調不良がいつまで続くものなのか受け入れまで1ヶ月以上あり、その頃には元気になってるはずいや、元気になってると思いたい!とはいえ、自分でも見当がつかなかったからです。

もし留学生受け入れ時になっても元気じゃなかったら
自分が万全でなく、相手に気を使わせるような状態で受け入れるべきなのか

さらに気が重かったのは、この大学はなかなかしっかりしていて、どうやら受け入れ前には事前オリエンテーションという名のホスト同士の交流会、ゲスト受け入れ時には対面式やウエルカムパーティー、サヨナラのときはフェアウェルパーティーと、イベントが多く設定してあったこと
元気なときならイベントごと大歓迎ですが、今は自分のことで手一杯な状態
いろいろこなせるのか?!
という不安があり、返信期限ギリギリまで夫婦で悩みましたが、結局、今回のホストは辞退しました


ちなみに受け入れ依頼書とともに、うちに来る留学生の情報も同封されており、留学生の在籍大学や写真、生年月日、英語と日本語ミックスの自己紹介文、学生のメールアドレスなどが書かれた紙が入っていました。
どうやら我が家に来るのはアメリカの大学に通う中国出身の女の子で、とても可愛らしい子でした。一生懸命書いたであろう自己紹介文がとても健気で、この子に会いたいなぁとずいぶん悩みました
何度も書きますがしっかりした大学で、受け入れの可否に関わらずこのプロフィールと自己紹介文の載った紙は大学に速達で返すようにとあり、同封された封筒で送り返しました。めちゃめちゃ個人情報載ってますからね

そうして泣く泣く辞退し、悲しいながらも少しホッとしていたときに、また連絡がありました。


なんとB大学が留学生受け入れてほしいとな?!
どういうこと??
間に合っとんじゃないんかい?!
くま夫に来た謎の依頼

依頼の内容と結果は、また次の記事で
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 審査 | トップ | 超超短期! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。