Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

ブラコビーin与野

2017-06-28 21:06:10 | 埼玉
所用で旧与野市(現さいたま市中央区)に出かけたので、目的地への道のりを歩いて「ブラコビー」をしました。与野は、大宮方面から伸びてくる台地の先端部で、ここから隣り合うさいたま市桜区方面に向かって高低差があります。今は宅地や道路を開発するために緩い傾斜になっていますが、太古の昔は崖などもあったと想像しています。

この土地は古代人にとって住みやすそうだというのが印象です。水は下の低地から補給し、洪水などは台地なので逃れられると、人間が営みを得るのにいい環境が揃っています。今でこそ、普通の住宅街になっていますが、そんな「ベルクス」の脇の緩い傾斜を見ながらそんなことを考えていました。

与野には、ケヤキ並木で有名な「埼大通り」があります。北浦和から埼玉大学に向けて延びている通りで、あのノーベル賞の梶田教授も昔歩いたかもしれない道です。そこを抜けると、今回の「ブラコビー」のターゲットの地に向かいます。



地図で見ると、与野には巨木の「与野の大カヤ」があるということだったので、そこを通りながら目的地を目指そうとしました。うっそうと茂る森の中の巨木というイメージを持っていましたが、実際には妙行寺というお寺の境内に植わっている独立樹でした。それでも、3mはありそうな幹の太さはさすが天然記念物で、お寺の境内だからこそ長く守られたという歴史の背景もあるでしょう。









妙行寺の鐘楼です。



蓮の花がありました。



妙行寺の歴史の古さを物語る「石塔婆」で、鎌倉時代の元号を見つけました。「正元」は1200年頃と、案内板にはありました。



本堂です。



あとは、ブラコビー恒例の花の写真です。













さいたま芸術劇場です。イタリアンの「ペペロネ」が復活していました。いつか食べに行ってみたいです。





与野本町駅の緑地帯です。バラの季節には、与野公園に負けないくらい咲き誇ります。




『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今季の辻野球 | トップ | 広島戦プレビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

埼玉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。