Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

うまく狙った外側(5/14新潟対浦和)

2017-05-14 20:45:14 | 浦和レッズ
今日のアウェイ新潟戦はテレビ観戦でした。新潟は呂比須ワグナー新監督が早くても次節の指揮ということで、この試合はコーチから昇格した片淵監督が率いていました。新潟の立ち上がりの出方を見ましたが、攻撃的MFが定位置の加藤を左SBの横に下げて、5-4-1の布陣で守りにきました。

この試合の新潟は、浦和相手に勝つためには少ない人数で攻め切るしかないと、前でボールを回してきました。その攻めの前に、浦和の守備が立ち上がりで落ち着かず、相手にセカンドボールを拾われてからのアーリークロスから鈴木武蔵にヘディングで押し込まれ、前半2分で痛い失点を喫します。

守備で新潟が立ててきた浦和対策は、ドリブルで仕掛ける相手に人数をかけて止めるものでした。その新潟の気迫の前に、浦和は1トップのラファエル・シルバが消される展開に持ち込まれます。ラファエル・シルバといえども、相手が3人来ればどうしようもないですが、浦和はすぐに対応策を見つけていました。

それは、真ん中を潰しに来る新潟なら、サイドが空くというものです。いいときの浦和は、アウトサイドにうまくボールが渡って、そこからのクロスやシュートで点が取れます。この日の浦和は、そのいいときの感覚を少し思い出したような試合運びを見せました。前半6分、駒井のスルーパスからラファエル・シルバがサイドを抜け出し、シュート性のクロスを武藤がコースを変えたゴールで素早く追いつき、流れを浦和に持ってくることに成功します。

この日の浦和は、右に駒井、左に関根と、アウトサイドが2枚とも攻撃的なタイプでした。関根のところが相手の右サイドに徹底的に狙われたマイナス面もありましたが、いいときのようにサイドが面白いように空いたので、宇賀神のクロスからDFラインの裏に抜け出した興梠のゴールで2-1と勝ち越すと、あとは浦和のゲームになりました。

もちろん、結果の6-1ほどの内容の差はなかったように思えます。攻撃ではパスが回るようになり、アウトサイドを使った攻めができるなど改善傾向ですが、守備では後半にGK西川周作のセーブに救われたシーンも多く、完全にいいときの内容を取り戻すには至らなかった印象です。それでも、この勝ちで一息はつけると思います。次節の清水戦は会心の内容を見たいです。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベンゼマ効果(バイエルン対R... | トップ | ラファエル・シルバと合う(興... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。