Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

良くなかったムルジャ(5/3大宮対仙台)

2017-05-03 22:17:39 | 他チーム
ルヴァン杯、大宮対仙台を見にNack5スタジアムに行っていました。結果は1-2でアウェイ仙台の勝利です。仙台は、昨年まで自陣深くに2ラインを引いて守るサッカーでしたが、今季は攻撃的な布陣の3-4-3に挑んでいます。そのため、仙台の最終ラインは高い位置に引かれ、大宮としてはロングボールからFWのムルジャ、大前を走らせる攻撃を目指してきました。

ルヴァン杯にムルジャが出ているのは意外でしたが、どうもこの試合を見る限りでは良くないからルヴァン杯に回ったように思えます。事実、前半ムルジャはポストプレーにこだわりすぎて、前を向いて仙台DFに仕掛ける動きが足りませんでした。仙台もムルジャは警戒していて、一人専用のDFを当てていましたが、いいときのムルジャなら抜け出せるはずと思います。

仙台は、ルヴァン杯ということで控えメンバー中心でしたが、蜂須賀、奥埜、野沢といった主力クラスも混じっていました。全体としては大宮の方が押し気味に進んだ試合でしたが、仙台の3-4-3はうまく前にかかることができれば、最大6枚で攻撃できます。その攻撃がうまくはまって、連続シュートから佐々木のゴールで仙台が先制して折り返します。

それでも、大宮が早い時間で追い付けばわからない試合でしたが、仙台は大宮のCB2枚が急造であるところを仕掛けてきました。西村の個人技でCB大屋がかわされ、大宮としてはかなり痛い2点目を失うことになります。それを追うべく、大前outペチュニクinで前線にターゲットを作ると、河面のクロスをペチュニクが合わせ、バウンドしたボールが仙台ゴールに転がって1点差に追い上げます。

大宮は、攻撃でどこが使えるか、なかなかつかめていなかったようです。奥井の縦のフリーランニングは効いていましたが、ムルジャは相変わらず試合から消えており、DFにもつまらないパスミスが出始めて苦しい展開になります。ムルジャを下げて27番を入れて左MFに置き、ペチュニク、清水の2トップにして最後の望みに賭けましたが、時間的に10分しか残っておらず、もう少し早く動いていればの悔いを残す采配になってしまいました。

全体を通して、大宮のぎこちなさが目立った試合で、仙台の攻撃的な布陣をどうやって攻略したいか、この試合からメッセージ性が伝わってこなかったのが残念です。ダービーで見せた、全員守備の集中力で、どうにか勝ち点を拾っていくことになるのではと思いました。









































ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹿島戦プレビュー | トップ | 2ラインを引いて守られた(5/4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

他チーム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。