Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

清水戦プレビュー

2017-05-16 22:22:02 | 浦和レッズ
ちょっと気が早いですが、今度の土曜日に浦和はホーム埼玉スタジアムで、清水エスパルスと対戦します。清水は昨年J2で2位に入り昇格してきたチームで、ここまで3勝4分け4敗で12位という成績です。昇格チームとしては、降格圏の外側をキープしているのは健闘していると思います。

前節はホームでサガン鳥栖と対戦して、1-1の引き分けでした。そのスタメンを見ると鄭大世の1トップの4-2-3-1の布陣のようです。六平、竹内がボランチで、チアゴ・アウベスと白崎、枝村がシャドーのように思えます。もちろん、浦和対策の急造5バックは十分考えられます。試合が始まったら、清水がどういう布陣で出てくるかは注目して見たいと思います。

浦和は、新潟戦で公式戦の連敗を3で止めた6-1の快勝を見せました。もちろん、守備面の安定はまだまだで、うまくボールを回して相手の攻めをいなせる浦和のいいときの守備には戻っていません。この試合も、2試合出場停止の森脇は戻れないので、右DFに誰を持ってくるかによって試合運びが違うと思います。

慎重に行くなら、DFの中央に那須を置いて右DFに遠藤航ですが、清水が100%引いてくると確信しているなら、また宇賀神の右DF起用もあるかもしれません。森脇の持っている攻撃面をカバーして欲しいという意図になる起用ですが、清水が前からプレスに来るようだと狙われるリスクもあります。

また、前節負傷交代したラファエル・シルバの状態も不明です。興梠慎三とラファエル・シルバのコンビが非常に良い出来なので、このコンビを見たいですが、負傷の具合次第では興梠を1トップに置き、武藤と李もしくは高木俊幸の起用が考えられます。

もちろん、勝ちたい試合ではありますが、ACLのベスト16のアウェイ済州戦を控える日程で、どういう選手起用をしてくるか不透明なところはあります。ミシャが、ACLにベストメンバーを送るなら、少し落ちたメンバーが清水戦に出てくる可能性も考えられます。どう出るか、試合直前の情報を楽しみにしたいと思います。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラファエル・シルバと合う(興... | トップ | NHK朝ドラ「ひよっこ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。