Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

相手先発が良すぎた(西武対オリックス9回戦)

2017-06-30 23:08:26 | 他スポーツ
仕事から帰ってきて、NHK-BSで放送されていた西武ライオンズ対オリックス・バファローズの試合を途中からですが見ていました。結果は0-3でオリックスの勝利に終わりましたが、プロ野球の場合どうしても相手投手の出来が最高なら負ける試合はあります。

そう思うくらい、相手先発山岡は好調でした。山岡は東京ガスからドラフト1位で入団したルーキーですが、好投しても打線が打ってくれない不運でここまで2勝6敗の成績でした。この日は、カーブに見えるような縦のスライダーの出来が良かったと思います。西武打線はスライダーを捨てていたようで、裏をかいてそのスライダーで秋山を見逃しの三振に取る投球もありました。

もちろん、その好投の要因に、この日の球審のストライクゾーンが少し広かった事情もあります。西武打線が、低めの厳しい球をストライクに取られるのに対応できず、無理にボール球を振りに行って三振という展開が、私がテレビに座った4回以降に見られました。

西武の先発がエース菊池雄星だったので勝ちたかった試合ですが、味方が4安打ではどうしようもないのが正直なところです。菊池雄星はこの日は良くなかった内容で、毎回のように塁をにぎわせ、相手の1番マレーロに2本の本塁打を配給して7回3失点でした。この日は負けましたがライオンズは粘った内容で、ピンチを菊池雄星が抑え、相手に13安打打たれながら本塁打の3点で切り抜けました。

この日の収穫があるとすれば、西武2番手の平井です。ホンダ鈴鹿からドラフト5位で入団したルーキーで、サイドハンドから外へ逃げていくスライダーが武器と自分のスタイルを確立しています。そのスライダーで、2本塁打のマレーロを空振り三振に切って取った投球など、かつての潮崎哲也氏(現西武二軍監督)のような投球を期待できると思います。

西武は、9回に抑えの平野から2安打1四球で満塁と攻めることはできましたが、それが唯一と言っていいチャンスでした。代打栗山が三振、外崎は初球を打って三塁ゴロと、下位に回ったときの弱さはこの試合でも出てしまった印象です。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここで踏ん張れレッズ(阿部勇樹) | トップ | フィジカルの強さ(チリ対ポル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

他スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。