Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

オマーン戦プレビュー

2016-11-05 21:37:58 | ワールドサッカー
頭は完全に最終予選のサウジ戦でしたが、日本代表はその前に、親善試合のオマーン戦(カシマスタジアム)があります。この時期の親善試合では、なかなか他大陸のチームは呼びにくく、2次予選で敗退したオマーンを呼ぶのは仕方ない選択でしょう。もちろん、サウジと同じ中東のチームを呼びたかったハリル監督の意図もあると思います。

オマーンは日本とはよく当たる相手で、記憶にあるだけでも1997年1次予選、2004年1次予選、2008年3次予選、2012年最終予選の記憶があります。その中では、最近の2度が印象的です。2008年のときは、相手が日本を恐れて引きすぎていたので容易に攻略できました。カメルーン代表監督も務めたルグエン監督を呼んでいた2012年のときは、監督が求める高度なサッカーを選手が消化できていませんでした。

今回の2次予選では、イラン、トルクメニスタン、グアム、インドと同じ組に入り、2位ながら勝ち点14で、2位の中の上位4チームに入れずに敗退しました。石油を産出する国なので、投資はできる国ですが、国土が小さいこともあってなかなか結果を出せないでいます。

もっとも、日本とアウェイで対戦したときは、このオマーン相手に何度も引き分けて苦しんでいます。もちろん、予選で敗退して次のカタールW杯に向けてチームの再構築を行っているオマーンの立場を考えると、若手主体はもちろんですが、まだ完成していないチームが日本にやってくる可能性はあると言わざるを得ません。

日本としては、勝ってサウジ戦に勢いをつけるためにこの試合を使いたいです。もちろん、初代表の井手口や、代表復帰の小林祐希などの若手に、代表戦の雰囲気を味わってもらうために途中から出場させるかもしれませんが、基本はコンディション次第ですが欧州組が軸となるメンバー構成になるでしょう。

サウジの、SBの裏が明確に弱点と見えた以上、サイドハーフにスピード型を置く4-2-3-1が理想です。大迫の招集で1トップも激戦区になり、この試合でアピール合戦になって欲しい、そう願います。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さいたま市秋の散歩 | トップ | J1リーグ2ndステージ優勝トロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。