Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

守り勝つ浦和(8/9甲府対浦和)

2017-08-10 22:52:55 | 浦和レッズ
今、ようやく昨日の甲府戦の映像をチェックしました。前半は浦和対甲府の試合では定番の、浦和がキープして甲府が5-3-2で引いて守るいつもの構図でした。前半の甲府は引くことを意識し過ぎて、2トップと3人の中盤の間が空いていました。そこを浦和が柏木を中心にして狙い、ミシャ時代にも得意にしていた中盤でキープするサッカーを見せました。

その展開に持ち込めば、柏木の先制点は必然と言えました。柏木のパスから、ラファエル・シルバが前線でキープして、戻したボールに反応した柏木が、ループシュートをサイドに突き刺したゴールで、浦和は欲しかった先制点を得ることに成功します。堀監督になって抜擢された、左アウトサイドの菊池大介も気合のこもったプレーを見せました。

しかし、後半は試合の様相が一変します。甲府の守備的布陣はいつもの狙いだと思っていましたが、吉田監督は「ビビるな」とどこかで前に行くことを意図するコメントでした。試合はその通りの展開になります。甲府は右サイドの関根のところを狙ってきました。この日は森脇のポジションがタッチライン際に開いていたので、関根からボールを奪うことができれば、関根と森脇をまとめて置き去りにできるという狙いでした。

この甲府の狙いに、浦和は苦しむことになります。ドゥドゥが独走してGK西川と1対1となる決定的なピンチもありましたが、西川が意地のファインセーブでしのぎます。それでも、この日の浦和はそれまでの連敗街道の浦和とは違っていました。ミシャ時代は無理に攻めることも目立ちましたが、この日の浦和はたとえ5バック気味に押し込まれても慌てず、きっちり真ん中のDFが競り勝ってクリアすることができていました。

遠藤や槙野、阿部勇樹がぎりぎりのところで体を張った結果、甲府の攻めを跳ね返した浦和は1-0と苦しみながらもこの試合をものにすることができました。チームは生き物で、ボールを支配するサッカーができないこともあります。そういうときの、状況を読んだゲームプランの修正が、ミシャ時代にはなかった堀監督の修正だったと思います。

また、前節チャンスを外したズラタンはベンチからも外し、ミスをした宇賀神もスタメンから外すなど、試合のパフォーマンスを見ての起用も好感が持てます。菊池大介がチャンスを与えられて躍動するように、また新しい力に出てきて欲しいという期待もできるでしょう。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さいたま市花めぐり(盛夏2) | トップ | 夏の桜環境センター2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浦和レッズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。