Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

アジア最終予選他組動向5

2017-06-17 22:55:16 | ワールドサッカー

グループA
1イラン 20 6 2 0 8 0 +8
2韓国 13 4 1 3 11 10 +1
3ウズベキスタン 12 4 0 4 6 6 0
4シリア 9 2 3 3 4 5 -1
5カタール 7 2 1 5 6 10 -4
6中国 6 1 3 4 5 9 -4

現地時間2017年6月12日 21:15 イラン 2-0 ウズベキスタン Azadi Stadium

現地時間2017年6月13日 21:45 シリア 2-2 中国 Hang Jebat Stadium

現地時間2017年6月13日 22:00 カタール 3-2 韓国 Jassim Bin Hamad Stadium

イランが6勝2分け無敗の好成績でグループ1位を確定させました。今予選、イランは相手に1点も取られていない堅守が光っており、このウズベキスタン戦も無失点で勝利しました。イラン代表監督は、Rマドリードやポルトガル代表でも指揮を執ったベテラン、カルロス・ケイロスです。比較的短期間で監督を変えることの多いイランが、一人の監督にこれほど長く任せるのは珍しく、それだけチーム作りに信頼を得ている証明だと思います。

2位以下は一気に混戦になってきました。2位韓国は、アウェイのカタール戦でまさかの黒星を喫し、ドイツ人のウリ・シュティーリケ監督が解任される事態になりました。韓国の残りの相手はイラン、ウズベキスタンと苦しく、相当の土壇場に追い込まれています。新監督が誰になっても、相当のプレッシャーがかかるでしょう。

ウズベキスタンはイラン戦こそ敗れましたが、2位以内には大きなチャンスです。次戦のアウェイの中国戦に勝てば、韓国の結果次第ですが、韓国との直接対決をホームで迎えられる有利さが出るでしょう。まだ敗退が決定しているチームがないという大混戦の行方には、注目していきたいです。

グループB
1日本 17 5 2 1 15 6 +9
2サウジアラビア 16 5 1 2 15 8 +7
3オーストラリア 16 4 4 0 14 8 +6
4アラブ首長国連邦(UAE)10 3 1 4 8 11 -3
5イラク 5 1 2 5 8 11 -3
6タイ 2 0 2 6 4 20 -16

現地時間2017年6月8日 19:30 オーストラリア 3-2 サウジアラビア Adelaide Oval
 
現地時間2017年6月13日 19:00 タイ 1-1 アラブ首長国連邦(UAE) ラジャマンガラスタジアム
 
現地時間2017年6月13日 16:55 イラク 1-1 日本 PAS Stadium

この組は、4位UAEにわずかながらプレーオフの可能性も残っていますが、実質日本、サウジアラビア、豪州の3強に絞られました。日本にとっては豪州対サウジアラビアの直接対決が豪州の勝利に終わったことで、抜け出すチャンスでしたがイラクに引き分けてチャンスを逃しました。

日本にとっては残る相手が厳しいです。次戦はホームで豪州、最終戦はアウェイでサウジです。1勝1敗ならW杯出場を自力で決められる日本はまだ有利な立場にいますが、2分けでは3位転落の可能性も出るので、次戦の豪州戦で決めておかないと後が怖いです。3位になりプレーオフに回ると相手が韓国になる可能性もあるので、それだけは避けなければなりません。

この組の動向を左右するのは、次戦のUAE対サウジです。この試合は必ずしも順当にサウジの勝利に終わるとは限らない一戦で、このカードの結果次第では日本がたとえ豪州に引き分けても息を吹き返す可能性が出ます。もちろん勝って欲しいですが、何が起こるかわからないので、アンテナを高く張って動向を見定めておきたいです。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 力で持っていく本塁打(エルネ... | トップ | 梅雨のさいたま市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。