Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

ケルンでの大迫勇也

2016-12-07 16:42:36 | ワールドサッカー
大迫勇也選手の、ブンデスリーガ1部ケルンでのプレーぶりをビデオ観戦しました。私が見た、アウェイのホッヘンハイム戦は0-4という惨敗に終わりましたが、この試合を見るだけでもなぜ大迫勇也がケルンという、名門チームでFWとして起用されているか、その一端がわかりました。

大迫勇也は、今季の得点は2点と、それほど取っていません。しかし、2節から現在に至るまでスタメンを外されていない信頼を勝ち得ています。それは、ケルンというチームの点の取り方に理由があります。ケルンは、大迫とフランス人ストライカーのモデストの2トップで戦うことが多く、モデストが12得点でリーグ2位と結果を残しています。

大迫は、そのモデストの生かし方を非常によく理解しているという強みがあります。モデストはスピード型で、多少アバウトなパスでも追いかけてくれますが、大迫がトップ下気味の位置でボールを受けて、ワンクッションを入れてからモデストのスピードを使うと、より決定機に近づきます。

サウジアラビア戦での大迫の活躍も、まさにその形で、大迫の持っている足元のテクニックでサウジDFが取りにくい位置にボールを置いてから、ウイングの久保と原口を走らせていました。ハリルホジッチ監督が、ケルンでの大迫と似た役割を、代表でも課したことが機能した大きな理由でした。

また、大迫がケルンで出番を得ている理由には、MFができるというものもあります。この試合では、けが人が出ている間に、右サイドハーフやボランチに入ることもありました。それだけ、大迫の足元のテクニックと、ボールが落ち着くという特徴が、監督に評価されているのでしょう。点はそれほど取っていなくても、やり方次第で認められる方法はあることを、示した例でしょう。

もちろん、MFで起用される理由は、パスが正確というのもあります。サイドに流れてクロスを上げるのも得意ですし、長いボールもある程度正確です。この能力は、代表でもどこかで役に立つかもしれず、緊急時には大迫がいるという安心感?もあるかもしれません。
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢島慎也、浦和復帰 | トップ | 2ラインの守備に手こずる(12/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。