Kobby loves 埼玉&レッズ

埼玉と浦和レッズを愛する管理者のブログです。

堀監督の改革の手(8/5浦和対大宮)

2017-08-05 23:33:36 | 浦和レッズ
埼玉スタジアムから帰ってきました。結果は2-2の引き分けです。先制点も取り、リードする展開ながら2度も追いつかれ、勝ち点3は目前で逃げていきました。この試合を大きく左右したのは、宇賀神のありえないようなDFラインでのパスミスでしたが、それについては明日以降のマニアック分析に回し、今日は堀監督がどういうアプローチで浦和を立て直そうとしたかを中心に書きます。

堀監督は、スタメンの選考を見ると3-6-1でほぼミシャ体制の形を引き継いでいます。しかし、選手の動き方はミシャ時代とは微妙に異なっていました。ミシャ時代は、攻撃のときは4-1-5のように前に5人を上げ、相手の最終ラインに大きな圧力をかけるスタイルでした。はまったときの威力は大きかったですが、シュートでもクロスでも終われなかった場合にカウンターを食らいやすいデメリットもありました。

そのため、堀監督のやり方は、4-1-5は可能な限り少なくして、普通の3-6-1の時間を長くするというアプローチで来ました。阿部勇樹と柏木陽介は最終ラインにあまり入らず、ストッパーの森脇や宇賀神はできるだけ上がらないことにして、最終ラインにとにかく3枚を残すという約束事だったようです。

ミシャ時代は、4-1-5でサイドの槙野、森脇が極端に高い位置を取ることがあったので、最悪中央の守備が遠藤、阿部の2バックにアンカーの柏木だけということもありました。カウンターを食ったら3人では守り切れないので、両ストッパーにあまり上がらせないことで、最終ラインの人数を最低3枚とする、「普通の3-6-1」への移行でした。

大宮は前から取りに来ていました。浦和の最終ラインの連係に難ありとみていたのでしょう。危ない場面は多かったですが、ぎりぎりのところで阿部勇樹や遠藤が「回収」することでピンチを防ぐことはできていました。このまま、勝っていればその改革は成功ということになりましたが、宇賀神のミスという、戦術ではどうしようもないところで動いてしまったのは残念でした。

槙野が戻ったときにも同じスタイルを貫き通せるかなど、課題はありますが、少なくとも堀監督のメッセージは出たと思います。成功させるかどうか、選手たちが頑張ってできるようにしないと、チームが空中分解してしまうかもしれない、本当にぎりぎりのところです。





































ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敗者復活からの代表入り(中村... | トップ | 関根貴大、ドイツ2部インゴル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。