こばやし皮ふケアクリニック 美容ブログ

お知らせ、美容外来の予定、日常のスキンケアについてなど。

紫外線ケアの方法について

2017-08-09 11:30:40 | スキンケア
今日の日差しも殺人的ですね

紫外線の害やケアの方法についてはしつこく書いたり話したりしているのですが、
最近、飲む日焼け止めについての問い合わせが多いので、もう一度書いておきますね

特に多い質問が、
飲む日焼け止めって効くんですか?
と、
日焼け止めを塗りたくないので飲む日焼け止めを飲むのでもいいですか?

の2つです。

飲む日焼け止めに関しては以前書いたこちらの記事をご参照ください。

紫外線ケアの原則は、
遠い方から防いでいく。
と考えてください

具体的に優先順位の高い防御方法は、

紫外線の強い時間帯(注1)を避ける→日陰を通る(注2)→日傘・帽子・サンバイザー・サングラス(注3)・上着(注4)などで避ける→日焼け止めを塗る→飲む日焼け止め

です。

夜の外出ではもちろんケアはいりませんし、
日差しが強い時に外出する時は、以下の全てをするのがいいですが、日焼け止めを塗れないのであれば、日傘や帽子で防御する方が、飲む日焼け止めを飲むよりは優先になります。

とは言え、夏だし、スポーツなどをする人は特に、いくら頑張っても防ぎきれないのが紫外線です。
その場合は内服もしっかりしていただいた方がいいですし、
また、美容医療の力を使っていくのも有効です。

私の外来では、その人のライフスタイルに寄り添ったケアや施術を提案していきたいと思ってやっていますので、
遠慮なくご相談ください


注1:一番強いのは10時〜14時です
注2:建物などの陰です。曇の日でも紫外線は降り注いでますので、晴れの日と同じケアをしてください
注3:紫外線カット効果のあるものを選んでください。紫外線カット効果がなく、色が暗いサングラスは瞳孔を開いてしまうのでより紫外線が入りやすくなるという説もあります。
注4:暑いので熱中症には注意してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年8月の美容外来予定 | トップ | 2017年9月の美容外来予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スキンケア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL