8トリソミーモザイクのわが子へ

8トリソミーモザイクの子育て日記

日本以外の国はどうなのだろう?

2017年05月20日 11時48分14秒 | 日記
少し前の話しですが、定期的に通っている療育センターの先生から面談に行った妻にこんなコメントがあったそうです。
「米国では、障害がある子は社会がフォローアップする仕組みが整っており、子の看護のためにたとえば奥さんが勤めを辞めることはありえない」

また聞きなので、多少不正確かもしれませんが、これを聞いて「そうだよな」と腑に落ちる部分がありました。
ちょうど私は仕事でカナダ、米国へ出張していたこともあり、仕事の領域が別分野ですが、日本より進んでいるな、と感じた部分が多々あり、
今回の先生のコメントから、障害のある子への社会の受け入れについても多分何かしら先進的な社会制度があるのであろう、と想像しました。

一度機会を見つけて日本と諸外国との障害を持つ子の社会制度について調べてみたいと思います。
多分自分の目で見るのが一番確かですぐにわかるとは思いますが。。。
そういえばカナダで車いすに乗った障害のある女性が両親と思われる方と一緒に横断歩道を渡るときにすれ違いましたが、
両親の表情がとてもすがすがしかったのが印象に残っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠足 | トップ | 何気ない普段の日常は貴重なもの »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。