こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ

「珊海王の円環」 体験版 攻略・感想

2016年02月25日 00時06分49秒 | エウシュリー

2016年4月28日発売予定エウシュリー最新作「珊海王の円環」の体験版をプレイしてみました!

珊海王の円環 概要
かつて海を支配した珊海王の遺した6つの円環を集めると、珊海王が再び現れ願いを聞き入れるという伝説を追い求め、6つの海賊団がそれぞれ持つ円環の奪い合いをするという戦略SLGです。
今作は6人の主人公がいて、それぞれシナリオの方向性(=エッチの方向性w)や難易度が変わります。まぁロマサガ1みたいなものですねw
体験版では本編には直接関係ない(と思われる)アナスタシアが主人公のチュートリアルと、主人公の1人であるアリツ・グラナドスの序盤を攻略することが出来ます。尚、チュートリアルにはボイスが入ってますが、アリツ編はボイスなしです。まぁ体験版仕様ですしねw

珊海王の円環 システム
【マップ】
自軍を強化しながら領域が設定されたマップ上を移動していき、敵軍とぶつかったら戦闘になるというSLGです。画面はこんな感じ。

それぞれのユニットには行動力が設定されており、その分だけのマスを移動できます。ただし、戦闘を行うと行動力が余ってても強制的にそのターンは行動終了となります。
上の画面で数字の書かれたいかりのマークが船の移動可能な場所で数字はそこに行くまでに消費される行動力です。尚、青は自軍、赤が敵軍、黄色が中立軍になります。船の横にある吹き出し部分は現在の自軍の支配力を表したゲージになり(画面右下にも支配力は表示されてますが)、支配力が減ると水色が減っていき赤色が増えていきます。これがゼロ(真っ赤)になるとその軍の船は大破して敗北となります。
旗は制圧できるエリアを示しており、制圧エリアが増えればそれだけ自軍の保有資源が増えることになります。資源が増えるのはターン開始時になりますが、資源は自軍のHPを回復させたり新しい兵を雇ったり船を教化したり砲撃戦を仕掛けたり様々なときに使うため、これを如何に敵軍より多く集められるかが攻略の鍵となります。
上の画面で牛のマークが出ていると思いますが、これは収穫できる資源のことで(牛か家畜の意味)、通常の制圧エリアから収穫できるものより多く収穫できるので積極的に収穫を狙った方が良いです。
【軍団】
最大6部隊で1軍団を作り敵軍と戦うことになります。編成は自由です。船から出撃するときはこんな画面が表示されます。

右側が現在のその軍団の編成になります。左側は新規雇用または予備戦力となり、予備戦力は入れ替えが可能、新規雇用は条件さえ満たせてれば予備戦力として自軍に入れることが出来ます。
部隊には3種類あり、1人部隊、3人部隊、9人部隊があり、1人部隊は人数は1番少ないものの能力が高く、3人部隊はバランス型、9人部隊は質より量となっており、それぞれ相性があります。
戦闘では1人に当たり3人までしか攻撃出来ないルールがあるため、1人部隊は1人1人の能力が低い9人部隊に強く、3人部隊は3人ルールにより最大限の強さで戦えるため1人部隊に強く、9人部隊は3人相手になら1度に全員を攻撃できるため3人部隊に強いと言った感じです。要はジャンケンの要領ですねw
あとはバランス型にするか特化型にするかはその状況によるでしょう。船を襲撃するときは連戦になるため、なるべくバランス型が良いのは間違いないですが。
【戦闘】 
基本的にオートバトルです。プレイヤーが参加できるのは大まかな作戦指示や魔法を使うタイミングですね。ちょっとだけ介入も可能ですが、それよりかは作戦指示を変えたり魔法を使うタイミングを見計らってたほうが無難ですw
戦闘が始まるとこんな画面になります。

ここで基本陣形や作戦、使用する魔法を設定できます。基本陣形や作戦にも相性があるので、相手によって変えるのもありですが、体験版だとそこまでしなくても勝てます(爆)
戦闘画面はこんな感じ。

見た目は「半熟英雄」の大部隊版という感じですw 真ん中の魔法アイコンを選択すると右上に魔法タイプが表示されるので任意の場所・タイミングで発動させます。
魔法はすぐ使えるわけではなくチャージが必要です。1だけしか溜まらないものもあれば5回ゲージを溜められるものもあります。当然チャージ時間が長いほど魔法威力は増しますが相手に対応される時間を与えることにもなります。体験版では使える魔法が少ないためそこまで考える必要はありませんが、後半はその辺の駆け引きも重要になりそうですね。
作戦の指示変更も可能です。右側の吹き出しアイコンをクリックすると変更が可能です。砲撃戦など特殊なバトルは頻繁に変えていくことになりますね。
敵の部隊を全滅させるか退却させる、または砲撃戦など特殊な戦闘では勝利条件を満たせば勝利となります。

バトルに勝つと経験値が貰えてレベルが上がっていきますが、相手のレベルが高いほど貰える経験値が上がるタイプなので、いつまでも同じ相手にレベル上げは出来ない仕組みになっています。まぁ出来ないわけじゃないけど効率が悪いですねw
あとはリザルト画面で相手の資源から徴収したり支配力が増減したりします。戦闘を繰り返してどんどん相手の支配力を減らしてゼロにすることがこのゲームの主な目的となります。
尚、戦闘の種類は通常の軍団戦の他に、敵船に待機している全軍相手に1つの軍団だけで戦うことになる甲板戦と、大砲が加わり船同士の総力戦となる砲撃戦、マップに点在する遺跡で連戦する遺跡戦があります。遺跡戦は1軍団に勝つたびに続行するか退却するか選ぶことが出来ますが、甲板戦や砲撃戦はどちらかが勝利条件を満たすまで連戦が続きます。

珊海王の円環 体験版 攻略
チュートリアルモード「紫と黒」
アナスタシア勢力を操作してブラックアナスタシア勢力を撃破するマップ。ブラックアナスタシアとの直接対決を2回行うまでは言われた通りに進めるだけなので難しくはありません。これをクリアするとストーリーモードでブラックアナを財宝200で新規雇用できるようになります。
ストーリーモード「アリツ・グラナドス編」
主人公の1人・水の谷海賊団の見習い船員アリツ・グラナドスの勢力を操って、ソーニャとアニエスの勢力を撃破するマップ。どちらか片方を撃破すればクリアとなりますが、そのままもう片方の勢力と戦うことも出来ます。
ソーニャとアニエスではレベル設定が違い、ソーニャの方がレベルが低く設定されているため、先ずはソーニャから攻略します。・・・とは言っても、こちらの勢力もぶっちゃけ二軍のバルミロ以外は使い物にならないくらい弱いので、最初はレベル上げから始めます。
対ソーニャ軍勢とのバトルは、最初に魔法を1度だけ無効化する魔法を使う「環魔結界」を使います。ただ、ソーニャ側も速攻で攻撃魔法を使ってくるので間に合わないことが多いですw そのため、初回はスッパリ諦めて2回目が使われないよう予め使っておくと良いです。そうすれば2度目の魔法が発動する可能性があるのは甲板戦か砲撃戦のみになると思います。
【1ターン目】
最初に自分の部隊の補強を行います。家畜が少ないので三軍全ては無理だから、先ずは一軍と二軍に新規雇用でそれぞれ1人ずつ追加します。一軍はアマゾネス、二軍は弓兵でOKです。まぁこの辺は個人の好みになるでしょうw 自分は1人部隊2:3人部隊2:9人部隊2のバランス型にしました。バランス型は敵の軍団の編成が3人部隊の特化になると辛いんですけどねw
一軍(以降アリツ)は水の谷2の中立軍と戦闘→エリア制圧後「はじまりの遺跡Lv1」を攻略しつつそこでレベル上げ、二軍(以降バルミロ)は水の谷2→水の谷4→アルマ島2と制圧していきます。三軍は水の谷1→ミエリッキ池の順に制圧後、水の谷4に移動します。ここでターン終了。
ソーニャのターンになるとバルミロのところにソーニャが攻めてくるのでそれを撃退します。
【2ターン目以降~ソーニャ軍撃破まで】
あとはバルミロでソーニャを撃退しつつ制圧エリアを広げていき、アリツのレベルが5まで上がったらレベル上げも兼ねてソーニャ叩きをアリツに任せます。あとは支配力がゼロになるまで攻めてくるソーニャを撃退し続けます。その間、バルミロは収穫したりソーニャ以外の軍を撃退したりして、三軍は遺跡でレベル上げを続けます。尚、バルミロと三軍は1度船に戻って新規雇用で部隊数をマックスにしておきます。
ある程度こっちのレベルが上がって(Lv7以上)三軍全て部隊数がマックスになったら船に砲撃戦しかけて支配力を一気に削って大破させます。尚、砲撃戦をする前にある程度船体強化しておいた方が被害が少なくて済みます。それから作戦を「制圧」にすると砲撃を優先してくれるので、有利に戦えます。
【対アニエス軍】
ソーニャ軍を撃破したあとアニエス軍が攻めて来るまで1~2ターンは余裕があるのでその間に船をスタート地点まで戻します。ここから先、アリツとバルミロだけで戦います。三軍はアニエスが制圧したエリアを取り返しに行くだけにして、アニエスに攻撃を仕掛けられたら退却を繰り返しますw
アニエス軍は最初は一軍(以降アニエス)しか上陸してきません。アニエスは水の谷3か4あたりから上陸して東側のエリアを制圧していきますが、とりあえず放置します。アリツとバルミロは次のターンに上陸してくる二軍と三軍を叩いてレベル上げをします。弓兵や水兵はレベルが10になると進化して能力が上がるため、Lv10になったらすぐ進化させます。
二軍と三軍を叩いているうちにアニエスが戻ってくるため、次からはアニエスを撃退→二軍&三軍撃退を繰り返します。船を強化しつつアリツがLv13~14くらいになったら甲板戦や砲撃戦を仕掛けて一気に支配力を削って、あとはそれを繰り返していけば勝てます。
尚、アニエス軍は最初に必ず「環魔結界」を使ってくるのでソーニャから奪った攻撃魔法を使う機会がありません。あるとしたら戦闘が長引く甲板戦くらいでしょうか。あと回復魔法も使ってきます。ただ、回復魔法も1回だけで回復量もそれほどではありませんし、ソーニャのように攻撃魔法を使ってこないので、Lv10以上になればそんなに大変ではないかな。
まぁこんな感じですね。

珊海王の円環 体験版 感想
最初はよく分からなかったんですが、慣れてくると「ぁぁ、戦闘が半熟英雄っぽいな、これ」と思うようになったwww マップはリアルタイムじゃないけど。
戦闘はオートなので基本的には見てるだけですが、戦闘時間は短いのでそんなに暇と思うこともないかな。早送りも可能ですしw ただ、同じ軍と戦うと魔法を使うタイミングが決まってしまうところがちょっと惜しいかなって思います。敵AIが毎回タイミングを変えてくれればいいけど、毎回同じだからこちらも毎回同じ対応をするだけという・・・w あとレベル差があるとどうにもならないですね。編成が特化同士で相性が良ければ勝てる見込みはありますが、そうでないとどうにもならないまま敗北します。装備品で強化とかもないですし、相性とレベルが全てです。なのでこれまでの作品と違って戦闘の自由度が低い点が難点かなって思いますね~。慣れてくると途中から戦闘がワンパターンになってました。「半熟英雄」みたいにボタンをタイミング良く押すと有利になるとか、船を襲撃されたときのみ「おくのて」が使えるとかそういうのがあると良いんですけど・・・って、何故かさっきから半熟英雄ばかり言ってるな、自分w
なので、プレイヤーが行うのはもっぱらエリア制圧と船強化と資源回収がメインになります。ただ、制圧しても、そこに砦を築いて防衛するとかそういった要素もなく、敵軍が足を踏み入れただけで簡単に制圧されてしまいます。制圧にもある程度時間がかかるようにして(1~2ターン)、その間に自軍が駆けつけて倒せばOK、ターン経過か援軍が負ければ制圧されるみたいな感じになった方が面白いと思いますが・・・今更無理ですねw まぁエリア毎に軍団を置けば済む話ですが、そこまでの余裕はないでしょうw だから、重要なポイントに配置しとくとかそんな感じになるかなと思います。まぁぶっちゃけ取られたら取り返せば良いだけの話で、自分は三軍をエリア制圧用に使ってました。戦闘を仕掛けられたら即退却w あとは、資源が減ると完全に詰んでしまうので、マップ開始時のデータは残しておいた方が良いですね。やり直しが効かなくなると大変なことになりそう。敗北したら最初からやり直せるなら良いですけど・・・。
まぁでも、戦略SLGということで戦闘の長さを少し懸念してましたが、それも杞憂に終わってテンポ良くサクサク進むようですし、これなら6人も主人公がいることに納得です。それぞれ難易度も違って、部隊にももっと細かく種類や特性があるみたいですから、やり方も後半になるつれて増えて行くでしょうし、その辺期待したいと思います。ブラッシュアップされた製品版が楽しみです(*'∇')

「珊海王の円環」の公式サイトはコチラから↓ 

「珊海王の円環」応援中!

見た目で選ぶならアニエスですが、ソーニャも悪くなかったですねw

『PCゲーム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ALIA's CARNIVAL! Wパッケ... | トップ | 「僕と恋するポンコツアクマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む