こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ

「枯れない世界と終わる花」 体験版 あらすじ・感想

2016年10月19日 00時10分52秒 | 美少女ゲーム(感想)

2016年11月25日発売発売予定SWEET&TEAデビュー作「枯れない世界と終わる花」の体験版をプレイしてみました(*'∇')

発売延期は残念ですが、好きな絵師さんですし、キャラも良いので(おっぱい的に)体験版次第では買おうかなーと思っていたタイトルです。
延期しなければ確実に買ったんですけどねw さて、体験版をプレイした結果については後ほど。

枯れない世界と終わる花 概要
ある目的のために花に囲まれた美しい街を訪れた主人公のショウとそのお供のレンは、喫茶店ファミーユで働く三姉妹と出会い、そこで昔果たされなかった約束と向かい合うというお話。
ファンタジーな世界観で、ハルたち三姉妹は人々の命を奪って生きながらえているという設定が存在するため、やや暗めは雰囲気があります。街並みや花畑など幻想的な背景も特徴ですね。

枯れない世界と終わる花 体験版 あらすじ
無計画なまま無一文で街へやってきたショウと少女はお腹も空いて困っていました。ショウは少女のことを「お前」と呼んでいましたが少女はそれが不満でした。少女にはまだ名前がなく、ショウに名前を付けてとお願いしてきます。ショウは少女を「レン」と名付けますが、名前の由来を聞いた少女は安直とむくれますが、ショウが付けてくれたんだしと言ってとりあえずはその名前で納得するのでした。
疲れたレンは抱っこしてと言ってショウに急に抱きついたため、ショウは花畑の上に倒れてしまいますが、そこへ1人の少女がやってきて声をかけます。心配した少女に大丈夫だと言うと、先ほどの会話を聞かれていたせいか、お腹空いてるならうちのお店に来ませんかと誘われます。持ち合わせがないショウは断ろうとしますが、少女はお代は要らないと言い、「ハル」と自己紹介をした後、2人を自分の店へと案内するのでした。
ハルのお店“ファミーユ”にやってきた2人は想像以上に立派な店内を見て驚き感動します。ショウはお代はないと再度確認しますが、ハルは試作品だから感想さえ教えてくれればそれで良いと答え、レンとの関係については妹ですか?と聞きます。ショウは妹でも娘でもなくただの旅仲間だと答え、出されたパンケーキを食べ終わるとお礼を言って席を立ちます。そして、パンケーキについて感想と助言を言って店を出るのでした。
お金を稼ぐために店番のバイトを始めた2人。すると早速お客がやってきます。噛み噛み口調で元気な客の少女ですが、レンは少女の着てる服を見て、ハルのお店の制服であることに気付きます。彼女はハルの妹らしく、ノリが良いせいかついつい漫才をしてしまいますが、真面目に仕事をして注文の品を渡してお代を受け取ると、少女は「ユキナ」と自己紹介をしてきます。ショウとレンも自己紹介をすると、ユキナはウチに来たら今度はあたしがお返しするからと言って立ち去って行きます。その後、レンの商才(?)が発揮され、商品は売り切れたものの、日銭では宿に泊まることもできず野宿することになり、レンはせめて屋根があるところが良いとダダをこねたため、ショウはひとまず明日には対策を考えると言ってレンを眠らせるのでした。
翌朝、ハルを頼ってファミーユを訪れた2人。お店は開店前だったものの開いていたことから無断で突入を敢行。すると、ハルはいなかったものの、ソファには1人の少女が座って本を夢中になって読んでいました。ハルともユキナとも違う美人系の女の子は、ショウとレンの声に気付きこちらを向きます。戸惑う少女に対し、ショウは自己紹介して、彼女の名前を聞き出します。少女の名前は「コトセ」。訳が分からないコトセが立ち上がろうとすると持っていた紅茶のカップが零れてしまい、ますます場が混乱してしまうのでした。
その後、お腹すいたというレンのために朝食を用意してくれたコトセ。しばらく話をしているとユキナがお店にやってきます。レンが3人の関係について聞くと、コトセとハルとユキで三姉妹だとコトセは答え、ユキナが言うには別々に暮らしているようでした。そして、開店時間になりましたが、朝に弱いハルは寝坊で遅刻が確定。店長なのに遅刻率90%を達成してしまうのでした。
その後、昨日と同じパン屋で働くことになった2人は、店長代理のユウと漫才をしていると、そこへ寝ぼけたハルが通りかかります。その時間、既にお昼。寝坊というレベルを超えており、しかも寝ながら歩いていました。ショウが声をかけて起こしてもなかなか意識を覚まさないほどでしたが、何とか起こすと挨拶してきます。ユウはハルの姿を見ると話しかけ、明日からパンを焼けるようになったと嬉しそうに報告。ハルはそれを聞いて明日は絶対に早起きして食べに来ると言いますが、ショウは先程の様子から彼女の早起き宣言については半信半疑でした。その後、ハルの冷たい反応にショックを受けながらも必死にハルのお店に雇ってもらおうと食い下がったショウですが、強引に話を逸らされ、この街に来た目的は果たせたか聞かれます。ショウはこの街に住んでたヤツと前にした約束があって、まだ会ってないけど約束を果たすために遠くからやってきたと話します。すると、ハルはどこか物悲しそうにショウを見返し、初めてショウさんの本当の言葉を聞いた気がしますと言って困ったように微笑むのでした。
夜、寝床を確保できなかったショウは再び川辺で野宿することに。当然レンは不満を漏らしますが、それを打ち切るようにショウは草むらの上に横たわると、ハルがショウの顔を覗き込んできます。そして、再びファミーユに案内すると、ショウのスキルを確認した上で住み込みでここで働くことを提案。ショウも宿と飯が確保できるならとここで働くことに決め、野宿を嫌がっていたレンは大喜び。しかし、ハルがどうしてここまでしてくれるのか疑問に思っていたショウは彼女にどうしてこんなに親切にしてくれるのかと聞きだします。すると、ハルはわたしにも叶ったら良いなという約束があったと話します。その約束はもう叶わないと付け加えて。だからせめてショウさんの約束を応援したい・・・それが彼女がショウたちに親切にする理由でした。ショウは自分が果たせなかった約束を他人に重ねても意味ないだろと言いますが、ハルはそれが分かっててもそうしたかったと答え、彼女の言葉から強い意志が伝わってきたため、ショウもひとまずそれで納得することにしたのでした。
翌日。ショウはファミーユの従業員として働きますが、あまりの繁盛に根をあげそうになります。お昼すぎになるとお店の方が落ち着いたため、ハルの買い物にレンと一緒に付き添うことにしますが、その帰り道にユウが普段とは違う様子でハルに話しかけてきますが・・・。
夜、コトセと一緒に風呂に入っていたレンが泣きそうな顔をして部屋に戻って来ます。レンはもう時間がない、ごめんなさいと謝ります。ショウはレンが悪いわけじゃないと励ましますが、レンはわたしのせいだと言い張ります。しかし、元気がないのはそれだけではなく、何かを感じ取っていました。レンがユウちゃんだと思うと言ったため、ショウは立ち上がり外へ出てとある場所へと向かいます。そこは廃墟となった教会でした。ショウは教会の裏手にある大きな扉を開けて奥の部屋に行くと、そこには1人の“人間だったもの”が椅子の上に座って眠っていました。ショウはその女性に謝り、代わりに約束を果たすからと自分の決意を話し、別れの言葉を言ってその部屋を出て行きます。
その後、青白い花びらが舞い散る道でハルが1人佇んでいました。ハルはショウの存在に気付くと「まだ“呼ばれて”いませんよ」と言い、振り向き微笑みます。ショウはハルに本当の目的を話します。俺はこの街に“天使”に会いに来たんだと。すると、ハルは“役目”のことを知っているんですねと言い、天使に会ったらどうするんですかとショウに問います。ショウが答えようとすると、ユウがやってきてハルに声をかけます。近づいて来たユウをハルが膝を突いて優しく抱きしめると、ハルの背中に光り輝く翼が出現し、2人を包み込みます。そして、ユウがハルに感謝の言葉を伝え、もっと生きてたかったと泣き出すと彼女の姿は溶けて消えて行き、ハルの手の中には小さな白い花が一輪残されていたのでした。
ユウだった花を花畑に植えたハルは振り返り、再びショウに問います。天使に会えたらどうするんですか?と。人の命を奪ってこの世界と一緒に生きながらえている、いつかあなたの命もわたしがもらうのかもしれない、ショウさんは許せないですよね・・・そう言うハルに対し、ショウは声にならない声で許すよと答え、彼女たちを哀しませる世界に向けて宣言します。俺は絶対に許さない、だからこの世界の終りを願う、それが自分が戻って来た理由だと。

枯れない世界と終わる花 体験版 感想
ぶっちゃけると体験版の部分は雰囲気と日常パートを楽しむっていう感じかな。世界観についてほぼ説明なしなので、なんとなーくファンタジー世界で花に囲まれた街でハルたちのお店は人気があるんだなーというのを感じ取れれば充分って感じです。要するに体験版を見ただけでは良いかどうかがよく分からないっていうのが正直なところですね。キャラや世界観は良いと思いますが内容は分からん。
分かることと言えば、ハル、コトセ、ユキナの3人は天使のような羽根を持っていて、人々の命を奪って生きながらえていること、その命は白い花になること、街を囲っている花はハルたちが奪った命の数だけあること、三姉妹とレンには何らかの関係があって、ショウはこの世界を終わらせるために戻ってきたこと・・・これくらいですね。まぁそれだけ分かれば体験版としては良いのかもしれないけど・・・よく分からない部分が多すぎて、その上何の説明もなしなので、もう体験版部分は三姉妹やレンと漫才している部分を楽しむと割り切れば良い思います(爆)
まぁでも、日常パートを見た限りではヒロイン3人とも文句無しに可愛いですね(レンについてはノーコメントw)。ゆるふわな雰囲気がありつつもショウのボケに対してクールな対応をする次女・ハル、分かりやすいツンデレな態度の長女・コトセ、元気一杯で大雑把で小悪魔なところがある三女・ユキナ、天真爛漫でちょっと甘えんぼでお店のマスコット的存在・レン。4人ともショウとの会話は面白いし、これがイチャラブゲーだったら良いなぁと思うのですが、恐らくシナリオゲーでしょうw
何よりおっぱいですね。おっぱい。特にハルのおっぱいはすごく好みな形をしているし、1番好みな容姿で性格も好みなので、早くハルのHシーンが見たい(爆)
システム面は悪くないかな。最低限の機能は揃っていますし、バックログのシーンジャンプもありましたから、特に不自由もありませんでした。キャラが後ろ向いたり花びらが舞ってたり細かい演出があったのは好印象です。ユキナやレンは表情も豊かですしね。話の内容がよく分からなかったということ以外は悪くない印象でした。まぁ話の本筋については製品版で確認してくださいってところでしょう。決して悪い内容ではなく、むしろ日常パートのキャラの掛け合いはテンポが良くて楽しく良い感じだったし、本筋も気になる内容だったので、自分は買って確認しようかなと思った次第です。
まぁ、予約するなら間違いなくげっちゅ屋ですけどねー。あのハルの脱ぎ脱ぎおっぱいは反則です!w ミドルプライスなのでメロンブックスも抑えようかなとも思ってたりw あとは再延期するかどうかが気になるかな。延期しなければ10月の本命タイトルになったんですけどね。

「枯れない世界と終わる花」の公式サイトはこちらから↓ 

枯れない世界と終わる花

ハルのおっぱい見たい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

『PCゲーム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« Hulotte最新作「神頼みしすぎ... | トップ | メロンブックスグッズ その2... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさにシナリオゲーですよね (通りすがりのエロゲーマー)
2016-10-19 00:59:55
少なくともイチャラブという雰囲気ではないですよね。
まだ明確に分からないですけど、多分、「命」とか「生きる意味」とかっていう精神性の高いシナリオになるでしょうし。

あとは体験版では描かれない部分でどう展開するかでしょうか。ガッカリな展開はなさそうですけど、良い意味で、先が読めないですよね。世界の終わりを願う、っていうのも具体的に何をどうするのか、よくわからないですし。

ここまで分からないのも久しぶりですわww
イチャラブゲーではないことは確かですねw (こばと)
2016-10-19 01:01:48
日常パートは面白いし、ヒロインも可愛いけど、明らかにシナリオゲーですよね。

体験版で触れた限りでは、まったく内容が分からないままだったので、正直戸惑ってますw

まぁおっぱい率高めなんで、私は買いますけどねw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む