こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&ガールズシンフォニー&デレステがメインです。

「あなたをオトコにしてあげる!」 遠水紅雪Wスエードタペストリー

2016年05月26日 00時06分39秒 | チュアブルソフト

「あなたをオトコにしてあげる!」より遠水紅雪のタペストリーを買いました(*'∇')

紅雪は普段眼鏡してるので、こうやって眼鏡を外した姿は別人か!?って思ってしまうほどに変貌を遂げてます。
眼鏡取ったこの姿は結構好みだし、母性が強いのでバブみたい人にはオススメのヒロインですw 逆に甘えてくることもあるので、可愛いと思うこともありますし。
そして、何よりこのおっぱい!いやー、挟まれたときは最高でしたね(爆)

タペストリーがシリーズ化するなら、射月ちゃんもお願いしますぅ。だって、店舗特典で射月ちゃんだけタペストリーがないんですよ!?不遇すぎます。射月ちゃん好きとしては是非ともグッズ化をお願いしたいです(´Д`;)ヾ
宜しくお願いします(><)

「あなたをオトコにしてあげる!」のあらすじ・感想はこちら↓
双葉射月編】【遠水紅雪編】【鮎川こがね編】【秋海棠璃火編】 

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓

あなオトは面白いのでオススメですよ(*'∇')b

コメント

『私が好きなら「好き」って言って!』 ちっちゃなお姉さん“まやさん”がひたすら甘やかしてくれるCD

2016年05月25日 00時03分51秒 | チュアブルソフト

昨年10月に発売された『私が好きなら「好き」って言って!』の発売後人気投票で見事1位に輝いた小町まやさんのCDですwww

小柄だけどダダ甘で母性たっぷりなまや姉さん。
この人、攻略できないのにまるで攻略できるかのように振舞うあの可愛さと母性がたまらんわけですが、ルート追加ではなくドラマCD化ということになったようですね。
そんなわけで、ひたすらバブりたい人は必聴ですw 30分間、まやさんが甘やかしてくれますよ(*´Д`*)b

バイノーラル方式なんで、イヤホンやヘッドホンで聴くのがオススメですね~。まやさんの声が間近で囁いているように聴こえますし!
・・・自分、バイノーラルのCD聞いてると、特に右側で聞こえたときなんですけど、腰の辺りがくすぐったいというか、変な感じになるんですけど、同じ人はいますかね?w

とにかく。まやさんいいですなぁ~。笑ってても拗ねてても照れてても可愛いです!
ヒロイン昇格化してほしい!!!!!

『私が好きなら「好き」って言って!』のあらすじ・感想はこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/kobatozero/e/a1dd09a711f205a71191ce2ab762ddd0

『私が好きなら「好き」って言って!』のグッズ購入品はこちら↓
八高千穂抱き枕カバー】 

『私が好きなら「好き」って言って!』の公式サイトはコチラから↓

まやさんヒロイン昇格してFD化してほしいw

コメント

「あなたをオトコにしてあげる!」 あらすじ・感想その4 秋海棠璃火編、感想まとめ

2016年05月20日 00時12分05秒 | チュアブルソフト

4人目は秋海棠璃火でした~。

秋海棠璃火 キャラクター紹介
璃火は橙士郎と同級生。いつも談話室に来るわけじゃないので、水曜クラブの準部員みたいな感じです。もちろん水曜クラブのメンバーは仲間だと思っていますが。
父親が会社の社長なのでお嬢様。ただ、お金持ちになったのはここ数年のことで、幼い頃は貧乏でした。その為、お金持ちのお嬢様として相応しくなるよう学園でもお嬢様を演じてきましたが、橙士郎にだけは通用しなかったため、橙士郎に突っかかっていくうちに、次第に惹かれていくようになりました。ただ、本人はそのことを認めておらず、橙士郎に対してツンデレのような態度を取っています。他のメンバーよりもハッキリと好き好きオーラが出ているのでバレバレですがw
お嬢様だけあってマナーや身だしなみ等はしっかりしており、料理やピアノ、社交ダンスなど得意なものは多いですが、他の水曜クラブの女子と比べると傑出したものがありません。そのため、勝負事で負けたり結構素直な性格であるから騙されたりすることも多く、水曜クラブでは負け惜しみや捨て台詞を吐いて談話室から出て行くことが日常茶飯事ですw
彼女がカプコンに参加する理由は複数ありますが・・・。

秋海棠璃火 攻略情報
璃火に加勢してやる→先輩と一緒に食べる!→バッチリだ→ありがとな→ずっと恋人みたいな関係でいたい→ハテナボックスを出す→射月→射月→璃火→璃火→紅雪→紅雪→こがね→こがね→璃火→璃火
ぶっちゃけ前半の選択肢は意味あったのだろうかと・・・w

秋海棠璃火編 あらすじ
璃火がカプコンに出ると言い始めた理由は3つ。その1つは橙士郎が誰かと出場して優勝してしまいその子と永遠に結ばれることを防ぐためでした。そのとき見せた璃火の顔が忘れられず、橙士郎は彼女をパートナーに選びます。いつもは素直じゃない璃火もその日ばかりは素直になり、2人は恋人同士になるのでした。
恋人になって初デート。2人が商店街を歩いていると、見知らぬ男性がついていることに橙士郎が気付き、その男をまきます。その後、璃火に男の特徴を話すと、璃火のお見合いの相手・喜多條芳一だと聞かされます。喜多條は璃火ではなくその相手にストーカー行為をすると。そして、カプコンに参加した2つ目の理由がこのことでした。カプコンに出場して2人の仲が知れ渡れば体面を気にする父親はお見合い結婚させ辛くなると考えたからでした。
それからも喜多條のストーカー行為は続きます。そして、2回目のお見合いの日に璃火は恋人がいるからという理由で喜多條とのお見合いを断ります。しかし、重要な取引先相手の息子とのお見合いのため、父親はそれを簡単には受け入れず、誰のおかげで育ててもらったんだと言われてしまい、その通りなので璃火は反論できなくなりました。そして、自分のワガママを通したいなら1ヶ月で1000万用意しろと言われてしまいます。橙士郎はそれを聞いて一緒に考えると言いますが・・・。
とりあえずお金のことは置いといて、先ずはカプコンのことに集中しようという結論になった2人。しかし、璃火が父親と食事に出かけたとき、そこに喜多條が現れます、喜多條も璃火の父親もまだ諦めていなかったのです。さすがの璃火も頭にきて喜多條をひっぱたきますが・・・翌日、心配して電話した橙士郎は、彼女が喜多條にいストーカーされていると知り、合流することに。途中、SF研の高田天馬とそのパートナー・ペトラの力を借りて無事合流。合流した際、ペトラと激突した喜多條が気絶したため、その隙に逃げて璃火は橙士郎の家で一泊することにします。璃火は父親の大事な取引先の息子だから警察沙汰にはしたくないと言ったため、橙士郎と一緒にいることにしたのでした。
翌日、璃火は橙士郎のことをもっとよく知りたいからこれからしばらく一緒に住むと言い出します。その後、カプコン1回戦に必要な水着を買いに行き、その日の晩、橙士郎は璃火がオ○ニーをしているのを目撃。その翌日、璃火に誘われ2人は初体験を済ませます。初体験を済ませた翌日は2人して寝過ごしたため、水曜クラブの会合に遅刻してしまい、皆にからかわれてしまうのでした。
水曜クラブの集まりで璃火はストーカーの件を相談します。警察沙汰にはしたくないから1000万稼ぐ方法は何かないかと。するとストーカーの話を聞いて色々と事前策を考えていた射月がある提案をします。それはカプコンくじでした。一部の大人たちがしている賭け事で一応は公営ギャンブルになっているカプコン優勝者を決める賭け。これに賭ければ1000万を稼ぐことが出来ると。しかも、橙士郎&璃火ペアは認知度が低いせいもあってオッズが最下位だったため、自分たちに賭けて優勝すればカプコン優勝と1000万達成の両方が達成できるということで、一気に現実味が増します。しかし、カプコンくじは秘密にされているため、学生は賭けることは出来ず、又、1000万にするには元金として最低50万円必要でした。この2つの問題を射月の裏技と紅雪の財力でクリアします。
その翌日、雨が降ったため2人は射月たちから借りた特撮を観ていると、天馬がペトラを担いで橙士郎の家にやってきます。一緒に歩いていたら突然倒れたと。璃火は救急車を呼ぼうとしますが、天馬はサイバネティックフレーム・・・いわばロボットだから救急車は要らないと言います。璃火は最初それを信じませんでしたが、天馬が見せたペトラの身体の中を見たとき璃火は絶句。ペトラは璃火が取り返そうとしていた人間型ロボットの素体だったのです。ペトラは秋海棠エレクトロニクスで研究されていた人間型ロボットですが、人工知能の開発に頓挫し、素体は破棄されました。しかし、経緯は不明でしたがその素体が市場に流通します。それを天馬が買い素体を改造してボディを完成させ、彼の後輩で天才プログラマーの葛城曜子が人工知能をプログラムし、ペトラは完成しました。
その話を聞いた後、ハードに問題がないことを確認していた天馬は橙士郎にソフトに問題があったんじゃないかと言ったところ、天馬は橙士郎にスマホを借りて曜子に電話。再起動して無事ペトラは復旧するのでした。
そして迎えたカプコン一回戦。浮き島にあるフラッグを掴んでパートナーに告白する競技で、素直に言えない璃火にとっては不利な種目でした。加えて璃火は学園のプールでは泳げないということが発覚。しかし、2人は知恵を使ってなんとか璃火だけフラッグを掴むことに成功。そして、璃火は生まれて初めて告白します。
璃火は幼い頃は貧乏でしたが父親が一山当てて一気にお金持ちの仲間入りになりました。璃火は必死にお嬢様になろうと取り繕い、今の学園に入学したときも取り巻きを作ろうとし、周囲に人は集まりましたが、1人だけ璃火の誘いを断った人物がいました。それが橙士郎でした。璃火は自分に逆らった橙士郎と橙士郎が璃火よりも優先する水曜クラブを憎んで噛みついていましたが、次第に彼女自身の感情は変わっていきます。そして、橙士郎にある事を言われ彼女は恋に落ちます。「璃火は偽物じゃない、璃火は璃火のままで、もうホンモノなんだ」と。これまでお嬢さまを必死で演じてきた彼女ですが、橙士郎にそう言われた後は演じるのがだんだんと詰まらなくなっていきます。偽物を演じても結局周りに集まってくるのも偽物なんだと。けど、橙士郎だけはホンモノの私をみてくれる。だから橙士郎が欲しいと思ったのです。けど、橙士郎と結ばれて気付きました。橙士郎を好きだというのは自分のコンプレックスのためなんかじゃなく、なにものにも代えがたいもので橙士郎さえいてくれたら他に何もいらない、あなたの全てが欲しいのだと。璃火からの初めての告白。その告白はワガママたっぷりな言葉でしたが、橙士郎は当然のように受け止めるのでした。
2回戦のメイク勝負は裏技で勝ち抜き、準決勝はピアノ勝負となりましたが、翌日の月曜日、璃火が楽譜を取りに学園に行ったとき、喜多條に誘拐されてしまいます。射月たちの協力で喜多條がストーカーしていたことを警察に話しつつ、喜多條がストーカーであることを信じようとしない璃火の父親のいないところで事情聴取を出来る様に取り計らってもらい、操作を続けます。橙士郎は交際相手をストーカーするようなヤツだから自分が探しにいったら逆に刺激するかもしれないからと、璃火が救出できることを信じてカプコンに向けての練習を続けることにします。天馬たちカプコン参加者や商店街の人々に協力してもらい捜査を開始しますが、璃火が行方不明になってから3日が経ち、学園のグラウンドに楽譜が落ちていたこと、車が使われていないこと、食料調達の方法が不明であること、何故かラブホテルに100万円もするドレスが配達されたこと、それらの不自然な状況から射月はカプコンくじに参加している人の中で怪しい人物を割り出すことにし、こがねは100万円のドレスが配達されたというラブホテルを探すことにします。
その翌日、こがねはとあるラブホテルから何故かピアノの音がすることに気付き、そのピアノの曲が橙士郎が練習している曲であることが判明します。加えて射月が調べた結果、ラブホテルのオーナーが不動産に失敗したため、破産覚悟で大金を朔&蒼日ペアに賭けていたことが判明。喜多條とそのラブホテルのオーナーがグルであることは状況からも疑う余地はなく、橙士郎も我慢の限界にきて射月の制止を振り切って単身璃火を救出しに行きます。ピアノの音がする部屋に突入した橙士郎はピアノを弾いているドレス姿の璃火を発見。そこに喜多條も姿を現します。そして、璃火がずっと自分のためではなく橙士郎のためにドレスを着てピアノを弾いていたことを知ると暴れ出したため、橙士郎は喜多條を抑えますが、薬をやっているのかどれだけ痛みつけても倒れず、喜多條はホテルの外へと逃げ出します。しかし、捜査に協力してくれていた商店街の人たちが喜多條の行き先を阻み、最後は河川敷でペトラの一撃を喰らってダウン。ついに逮捕されることになったのでした。
璃火が無事救出されて迎えた準決勝。誘拐事件の悲劇のヒロインとして時の人となった璃火が喜多條追走劇のときに着ていたドレスを身に着けていたことで注目を浴び、他のペアに先制攻撃を仕掛けます。その後、天馬&ペトラのペアがプロ級の演奏をしたことで、朔&蒼日ペアは動揺を隠せず演奏を失敗。そして、最後に橙士郎&璃火ペアの出番となります。橙士郎は演奏の前に璃火を救出できたのは皆のお蔭だとお礼を言い、それから演奏を始めます。すると、続々と観客が増えていきます。紅雪は誘拐事件で離れ離れになった2人が~とロマンチックな理由で人が集まってきたのではないかと言いますが、射月は単に話題の2人だから来ただけと分析、そして、橙士郎のMCと増えた観客が投票権を持つ観客を後押しするという身もふたもない言い方で紅雪をガッカリさせるのでしたw
決勝戦に駒を進めたのはプロ級の演奏を披露した天馬&ペトラのペアと、観客の勝手な解釈により(射月談w)票を集めた橙士郎&璃火ペアに決定。そして、決勝戦の種目はシーソーフェンシングとなりました。その前に璃火の父親から電話がかかってきますが、今回のお見合いはなかったことにすると言ったものの、橙士郎との仲は認めない、また別のお見合い相手を紹介する、認めてもらいたければ1000万円用意しろと言ったため、璃火はパパ大嫌いと言って電話を切ってしまいます。
その後、相手に有利な種目となった決勝戦について、圧倒的な戦力を持つペトラへの対策は何かないか考えますが、そのときペトラがいつもある特撮の物真似ばかりしていることに気付き、今日は遊園地にその特撮ヒーローが来ていることを思い出し、2人はすぐ遊園地に向かい、急遽特訓してもらうことにします。そして、迎えた決勝戦。終始圧倒していた天馬&ペトラですが、橙士郎と璃火はペトラの技を見切っており(それでも相手の身体がロボットのためやっとですが)、ペトラの一瞬の隙を突いて見事勝利を収めます。こうして優勝した橙士郎と璃火ですが、主催者からのメッセージ・・・つまりは璃火の父親から祝福のメッセージと時価1000万円相当のダイヤモンドを受けとります。晶二曰く璃火の父親はツンデレであり、既に2人の仲を認めていたのです。橙士郎は面倒くさい性格だと思いましたが、璃火もソックリであることを思い出し、似た者親子だと納得。璃火は父親の真意を知り、昨日大嫌いと言ったことを謝り、父親に大好きと告げるのでした。

秋海棠璃火編 感想
ツンデレロリ巨乳最高ですなw 期待した通りのおっぱいヒロインで余は満足じゃwwwww Syorh先生の描くロリ巨乳は素晴らしい(*´Д`*)b 素直になれない璃火にニヨニヨしてましたw
シナリオ的にはお見合いをさせられた璃火が橙士郎との関係を認めてもらうためにカプコンの特訓を頑張り、少しずつ素直になっていくという感じ。しかし、橙士郎や璃火は頑張ってたのは確かなんですが、それ以上に活躍してたのは射月のような気がするw 他のシナリオよりも腹黒さがアップしてましたねwww 準決勝のピアノのシーンは紅雪のセリフだけ聞いて射月のセリフは聞くんじゃなかったって思いましたしwwwww 射月のドライな分析を聞いた紅雪の反応が良かったですw それから、ペトラの人工知能の秘密が分かったときはちょっとだけ感動しました。ペトラが人間っぽい理由を知っていながらも気付かないフリをした天馬はアッパレです。これこそカプコン!って感じでした。
あとは喜多條ですか。如何にもストーカーらしい性格でしたけど、ヤクをやっていた云々とかその辺は一切触れてなかったし(あれだけタフなのも不自然ですし)、結局その後どうなったか不明ですね。お金持ちの御曹司ですし、すぐ出所しそうな気がしますが、その後の璃火のアフターフォローは大丈夫なんだろうかとか余計なことを気にしてしまうw っていうか、変なエロゲやってたりすると、璃火誘拐=監禁NTRってすぐ思い至ってしまって不安になったのは私だけだろうかw そういう作品じゃないって分かってても、エロゲでこういう状況になったらそっちの可能性もあるじゃないか(爆) まぁある意味紳士な男で良かったですw
Hシーンは6回。本番Hは5回です。最初は璃火のオ○ニーのみ、3回目はパ○ズ○フェ○のみですが、4回目は2連続本番Hです。ロリ巨乳・・・しかも作中トップクラスの巨乳っ子ってことで期待していましたが、全部のHCGでおっぱい見せてくれます!水着Hはかろうじてって感じですが、それでもおっぱい見せてくれてることに変わりはない!いやーこの子はおっぱいに期待してただけに、HCGおっぱい見せ率100%は嬉しいですなぁ・・・「ナマイキイデレーション」の汐里ちゃんもそうだったし、やはりSyroh先生は分かってらっしゃるw 巨乳っ子はおっぱい見せることが義務なのだよ!w 1番良いのはやはり5回目の連続Hかなぁ~。1回目がお漏らしってのが良いですw パ○ズ○フェ○は「ヤキモチストリーム」のターニャの時と似たアングルでした。個人的には横ではなく縦にしてほしかったかな~って思ったけど、贅沢は言うまいw そんなわけで、Hシーンは非常に満足しました。ロリ巨乳万歳ヽ(´ー`)ノ
一般シーンだと1回戦のときの璃火からの告白シーンですね。これまでずっと「好き」ってちゃんと言えなかった璃火が、出会ってからこれまでのことを話して最後に「好き」って告白するのが良かったです。決して前かがみになってて水着の谷間が良かったとかそういうわけじゃないですよ(;;;;´Д`)w あとは下着選びのときかなぁ~。小柄な身体にあの圧倒的なおっぱい。素晴らしい。こがねよりおっぱい大きいみたいだしw それからやはり準決勝のピアノシーンですかね。射月の解説のせいで感動が薄れたような気がしましたがwww 

あなたをオトコにしてあげる! 感想まとめ
最初はちょっと頼りないところがあった主人公が特訓を通じて徐々に男らしくなっていくという内容ですが、1番ヘタレってたのはパートナーになってから初体験をするまでかな。ヘタレ主人公によくある彼女を大切にしたいという自分勝手なエゴで女の子を不安にさせるというヤツです。それを乗り越えると主人公は頼りになる存在になっていき、基本的にヒロインを救うお話になっています。童貞捨てるとここまで変わるのかって感じwww 個人的に主人公がヒロインを助けるという王道ストーリーは好きなのでシナリオは満足しました。シリアスな部分はあるけど、カプコンの競技が色々あって面白いですし、全体的には明るい印象ですし。イチャラブは個別ルートの長さから考えたらそこそこある方だとは思います。
ヒロインについては全員巨乳っ子ですし、可愛いので良いと思います。特に射月と璃火がお気に入り!プレイ前からこの2人だと思ってたけどプレイ後もそれは変わりませんでした。ただ、紅雪先輩もこがねちゃんもどっちも可愛かったのでそこは言っておきたいです。好みが射月と璃火だったというだけ。射月も璃火も素直じゃないところがあるので、ニヨニヨするシーンが多かったのが良かったのかもw 家庭的なシーンが圧倒的に多いお嫁さん系な射月が1番好きですが、その圧倒的な火力(おっぱい)を持つ璃火も同じくらい好きですw おっぱいおっぱい(爆)
Hシーンはどの子もおっぱい見せてくれるし、こがねは若干不満あったものの、それ以外はそんなに大きな不満はありませんでした。特に璃火のHCGは非常に満足しました。貧乳ばかりがおっぱいを見せて肝心の巨乳っ子がおっぱい見せないのがトレンドになりつつある悲しい現状のエロゲ業界に光が見えました(大げさw)。最近のエロゲのおっぱい見せないHCGに不満な方は璃火のHシーンはオススメですw ロリ巨乳最高!
システム的なところですが、前作の「好き好き」をより簡略化しちゃった感じで物足りない印象がありました。選択肢も最後の2つ以外は不要な気さえしたし。Hシーンにアニメーションが無くなってしまったのも残念でした。システム面で物足りない感じがしたのは「好き好き」からの製作期間が短すぎるからなのかどうかは分かりませんが・・・。あと、「つづき」を選ぶと最後にセーブしたところからロードされるのは何とかならないでしょうか?クイックセーブの方が最新のデータなのに、通常セーブの方が優先されちゃうので、起動してからクイックロードするのが面倒でした。「つづき」はオートセーブ、クイックセーブも含めて最新のファイルをロードするようにしてほしかったですね。ぁぁ、あとは紅雪編でも言ったけど眼鏡の処置について。Hシーンで1つだけ眼鏡してるHCGありますけど、外すかどうかの選択肢が欲しいです。眼鏡あるだけで萎えるので(爆)
まぁそんな感じで。シナリオの長さは普通ですが話を不用意に長引かせずサクサク進むし、カプコンの競技も色々な種目が出てきて面白かったので、ラブコメ好きにはオススメだと思います。×CATIONシリーズみたいなイチャラブゲーを期待されると困りますがw

さてさて、お次も2016年4月発売タイトルになります~。

「あなたをオトコにしてあげる!」のあらすじ・感想はこちら↓
双葉射月編】【遠水紅雪編】【鮎川こがね編】【秋海棠璃火編】 

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓

ロリ巨乳は良いなぁ~おっぱいおっぱい!

コメント (6)

「あなたをオトコにしてあげる!」 あらすじ・感想その3 鮎川こがね編

2016年05月19日 00時08分08秒 | チュアブルソフト

3人目は鮎川こがねでした~。

鮎川こがね キャラクター紹介
こがねは橙士郎の1つ年下の後輩。無邪気で純粋で天真爛漫な女の子。水曜クラブのメンバーには非常によく懐いており、射月や紅雪に可愛がられています。橙士郎にも懐いていますが、トーシロと呼び敬語は使ってません。
スポーツ特待で入学したため、運動神経は女子の中ではズバ抜けて高く、男子の中でも運動神経のある橙士郎ですら敵わないほど。水曜クラブ以外の部活には所属していませんが、スポーツ特待生で居続けるために色んな運動部の助っ人として大会に出場し結果を残しています。
ただ、学業の方はまったくダメで、1学期の中間テストは6教科で18点w でも、実際にはそんなに頭が悪いわけではなく、単に集中力が続かず勉強が長続きしないだけで、やる気になれば赤点を回避できるだけの学力はあります。ちなみに、特待生といっても入試はありましたが、マークシートだったため、全て鉛筆サイコロで決めて半分の50点を獲得するという驚異的な運の良さを持っています。 
料理は出来ないわけではありませんが、どちらかというと食べる専門。彼女は自分の運動神経を持ち余していて、これまで自分が夢中になれるものが何もありませんでしたが・・・。

鮎川こがね 攻略情報
璃火に加勢してやる→先輩と一緒に食べる!→バッチリだ→ありがとな→ずっと恋人みたいな関係でいたい→ハテナボックスを出す→射月→射月→璃火→璃火→紅雪→紅雪→こがね→こがね→こがね→こがね
やっぱり最後の2つ以外は同じですねw

鮎川こがね編 あらすじ
スポーツ特待生として入学したのにどのスポーツをやっても夢中になれないと悩むこがね。何がしたいのかわからなくなったからカプコンに打ち込むことで逃げようとしていたのかもと話すと、橙士郎は少なくとも何かに向かって頑張ってるこがねは逃げているわけじゃない、もう少ししたら見えてくるはずだと励まします。
翌日、こがねのことを考えることで彼女に対して遠慮することがなかった橙士郎はついにランニングでこがねを捕まえます。こがねは橙士郎が自分に勝てなかった理由は最初から諦めていたからだと話し、免許皆伝の印にキスをしようとしますが・・・橙士郎は意図的に指をこがねの唇に当てて止めるのでした。
そして、パートナーを決める日がやってきますが、誰にするか悩んで答えが出なかったため、気分転換に外に出てランニングを始めます。すると自然とこがねのことが思い浮かび、彼女に電話するとこがねもランニングをしていました。その後、近くにいたために合流。橙士郎は走ってきたこがねにこの前の免許皆伝の印を貰うと言ってキスをします。こうして、橙士郎のパートナーが決定するのでした。
パートナーになった翌日。橙士郎はどうやって皆に説明しようか悩んでいたところ、こがねがアッサリばらしたため、周知されることに。その後、璃火も来るものと思っていましたが・・・。
水曜クラブににも勉強会にも顔を見せなくなった璃火を心配するこがね。すると、紅雪が璃火と晶二を連れて橙士郎の家にやってきます。璃火がいうのはお見合いの相手に断りと入れていたと話し驚きます。しかし、これからも水曜クラブには来るといつもの素直じゃない態度を見せたことから一同は安心し、一緒に勉強するのでした。
期末テストも終わったところで、こがねが兼ねてから希望していたチームスポーツをするため、橙士郎は先ずソフトボール部に声をかけます。そして、練習試合をやるためにこがねは殆ど1年生で構成された二軍に入りますが、誰もこがねの並外れた能力についてくることが出来ず、チーム内の雰囲気は悪くなっていきます。それでも勝とうと頑張るこがねを応援した橙士郎は、2-4で二軍が負けた後キャプテンに彼女はチームプレーに向いてないと言われたとき、勝つため以外のチームプレーを重視するチームスポーツがあるなら確かに彼女は向いてないと反論し、どんな状況でも勝とうするこがねに誰一人声をかけようともせず、キャプテンも何もしようとしなかった、だからそちらもチームプレーに向いているとは思えない、単にこがねの面倒を見るのが嫌だったからではないかと指摘すると、キャプテンは自分にも非があることを認めて謝罪するのでした。
しかし、その後もこがねのスタンドプレーは続き、どのスポーツも詰まらないと断じてしまいます。そして、事故は起こります。サッカーの練習試合に出たとき、こがねが倒れて保健室に担ぎこまれたのです。それを聞いて慌てて保健室に向かった橙士郎。幸いこがねは意識を取り戻していたため、彼女から事情を聞くことにします。
こがねはまたいつものスタンドプレーをしていて、今度は相手からボールを奪うためにファウル覚悟でタックルしたものの、相手の方が体が大きく逆に当たり負けて転んでしまったと言います。それを聞いた橙士郎は我慢の限界に来て、俺も水曜クラブの皆もこがねに見学先に迷惑をかけたり怪我をさせるために送り出しているわけじゃないと怒ります。そして、チームスポーツをやるのが夢だというのは嘘だったのかと言うと、こがねはあたしだってウソはつけると反論します。
自分がやりたい部活を見つけると言ったとき、誰かが止めると思っていたけど、誰も引き止めてくれなかった、皆あたしのことが嫌いなんだ・・・そう言うこがねに、橙士郎はこがねには皆にはない才能があるし、それにいつまでも皆がいるわけじゃない、皆こがねより先に卒業してしまう、だからこがねが1人になっても大丈夫なように皆が考えてくれてるんだと話したものの、それは先のことまで考えられないこがねにとって理解できないものでした。橙士郎が何を言っても「分からない」「迷惑がかかる」と考えを放棄しているこがねに、今こがねは自分の人生がかかってる最初の大一番だから、こがねが望もうと望むまいと俺は地獄の底までついていく、俺を道連れにしてでも勝つ気がないなら俺のパートナーなんて止めてしまえと言います。すると、こがねは「ごめんね」と言って保健室を去って行きます。
こがねが去った後、こがねに謝りにきたというサッカー部の女子がやってきて、真実を話します。レギュラーだけど素人のこがねに勝てないからボールを持つ前に不意打ちでタックルするという反則行為をしたものの、逆に当たり負けして倒れそうになったとき彼女が助けてくれて、助けたこがねの方が自分を庇って頭を打ってしまったと。「あたしでも嘘はつける」・・・この言葉の真意を理解した橙士郎はこがねを追いかけます。
談話室に戻っていたこがね。彼女は橙士郎の言っていたことを真面目に考えていました。祖母から言われた「こがねのことを愛してくれるのは、自分のことを想って本気で叱ってくれる人」という言葉を覚えていて、橙士郎に叱られたことは嬉しいと感じていたのと同時にもう橙士郎に嫌われてしまったのだと落ち込んでいました。そして、橙士郎の姿を見ると、今度から自分のことも皆の気持ちも考えるから嫌いにならないでと泣きだします。橙士郎は泣き出した彼女を抱き締め、これからはお互い隠し事やごまかしはしないようにしようと約束。すると、こがねからキスの続きを教えてほしいと言われ・・・。
隠し事もごまかしもしないと誓ったこがねは迷惑をかけた部活に謝りに行きます。それで部活の方は一旦落ち着きますが、続けてカプコン予選が始まります。予選は一回戦が2人の運動能力を駆使して圧勝、2回戦は蒼日の罠にこがねがかかってしまったものの、それが逆に功を奏し朔&蒼日ペアを逆転し3位ながらも通過します。そして、準決勝前、こがねは自分の将来について水曜クラブのメンバーに相談し、先ずは橙士郎と一緒の大学に行けるようになりたいと話し、次にもう1度チームスポーツをやりたいと言います。かつて柚羽&葭人ペアに完敗して苦手意識を持ってしまったバスケでした。バスケにした理由は、色々と迷惑をかけた部活見学の中で唯一こがねの才能を認めてくれたからでした。
バスケ部の練習に参加したこがねはこれまでのように自分勝手なことをせず、チームの中に入って一生懸命練習していました。しかし、バスケ部の部長から、こがねの様子に違和感を感じていました。翌日、橙士郎はこがねに何か隠し事をしていないか問い詰めると、こがねは右足を怪我していることを話します。サッカー見学で転倒したときのものでした。このままでは悪化してしまい歩けなくなるかもしれないと医者に言われていたということで、準決勝以降はこがねの運動能力を抜きにして勝ち抜かなければならなくなりました。しかし、それでも橙士郎は諦めず射月と共に作戦を考えます。
準決勝の無人島水没クイズは、こがねのヤマ勘正解率の高さで先制攻撃して他のペアをけん制し、あとはこがねに付き添って体力強化された橙士郎が踏ん張るという体力勝負に持ち込み、最初の1問だけ正解して生き残るという離れ業をやってのけます。決勝戦は璃火&晶二ペアとの対戦となり、種目はウォーターサバイバル。こちらも射月と考えた作戦でこがねが狙撃役に回りなるべく動かなくて済むように考えましたが、晶二の意外な運動神経に少し作戦に狂いが生じます。すると、こがねが以前のようにスタンドプレーに走ろうとしていたため、それを橙士郎が止めます。そして、射月の考案した作戦が見事に的中し、橙士郎&こがねペアは優勝するのでした。
その後すぐ行われた表彰式。こがねは柚羽のマイクを奪い取り、璃火と晶二も連れて表彰台の1位の段に上がり、こう宣言します。「今回の優勝は、あたしたち、水曜クラブ一同だよ、我々の絆は永遠なのだ」と。

鮎川こがね編 感想
今が楽しい!っていうだけで今までやってきたこがねちゃんがそれだけじゃダメってことに気付いて少しずつ成長していくお話。こういう子犬系な後輩が頑張ってるとほっこりしますねぇ~。父親の気分になれますw
こがねちゃんは無邪気で純粋な子なので、射月や紅雪が可愛がっているのも分かります。なんていうか、尻尾ふって慕ってくる子犬のイメージがあって無条件で可愛がりたくなる子なんですよね。そして、ちょっと純粋すぎて危なっかしいところがあるので、放っておけない感じもありますし。庇護欲が働きますw
あとは、無人島水没クイズの攻略法がちょっとウケたwww クイズなのにハッタリと体力で勝負で決着付けるとかw さすがの柚羽と葭人も驚いてましたしね。あの瞬間に橙士郎は姉を越えたのでしょうw
Hシーンは5回(最初のは分割してると考える)。ただ、本番は3回しかありません。初体験とその翌日のHシーンは良かったですが、最後のは何て言っていいか微妙・・・いや、ぶっちゃけ微妙と言うべきでしょうか。バックなんですけど、お尻からの視点と正面からの視点の両方を交互に見せるんですよね。個人的には正面だけで良いんですけど、メインがお尻の方だったのでガッカリでした。正直言うと、おっぱい好きとお尻好きは相反する人種なので、その両方に良い顔しようとして中途半端になって失敗した感じ。おっぱいメインにするかお尻メインにするかキッチリ分けて欲しい。あと本番がない他の2回は論外。本番ないなら1つはパ○ズ○にしろよ・・・って言いたくなった。なので、こがねちゃんのHシーンは不満でしたね。ただまぁ、何も知らない女の子にHなことを教えていくという背徳感は良かったと思いますw
一般シーンは、こがねとパートナー解消危機になったときと無人島水没クイズですかね。あとはCGにはないけど、こがねちゃんの頭を撫でるシーンw パートナー解消のときはただただ自分の好きなことをしていただけのように思っていたこがねちゃんがどう思っていたかハッキリしてより愛おしくなりました。無人島水没クイズは笑ったのでw こがねちゃんの頭を撫でるシーンは何となくこがねちゃんに犬耳と尻尾が生えてたんじゃないかと予想w

さてさて、お次で最後になります、秋海棠璃火です~。

「あなたをオトコにしてあげる!」のあらすじ・感想はこちら↓
双葉射月編】【遠水紅雪編】【鮎川こがね編】【秋海棠璃火編】 

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓

身体は大き目な子だけど、つい頭をなでなでしてあげたくなりますねw

コメント

「あなたをオトコにしてあげる!」 あらすじ・感想その2 遠水紅雪編

2016年05月18日 00時08分21秒 | チュアブルソフト

2人目は遠水紅雪でした~。

遠水紅雪 キャラクター紹介
紅雪は橙士郎の1つ年上の先輩で水曜クラブの盟主。いつも女子力とはかけ離れただらしない格好をしていますが、眼鏡を取ってきちんとすると学園でもトップクラスの美少女に変身します。ただ、その姿を知る者はなく初めて見せたのは橙士郎です。頭は良く成績は学年トップ。記憶力が常人離れしており博識です。
料理は出来なくもないけど火を使うと何故か消防車騒ぎになるため控えていますw 尚、水曜クラブの部員たちの間では、彼女が落ち込むことからそのことを紅雪の前で話すことはタブーとされていますw ちなみに、みかんが大好き。
読書家でそれと同じくらい映画鑑賞も好きですが、ホラーが苦手。又、絵が得意という話は水曜クラブ全員知っていることですが、誰もその絵を見たことがありません。それには理由があり・・・。

遠水紅雪 攻略情報
璃火に加勢してやる→先輩と一緒に食べる!→バッチリだ→ありがとな→ずっと恋人みたいな関係でいたい→ハテナボックスを出す→射月→射月→璃火→璃火→紅雪→紅雪→こがね→こがね→紅雪→紅雪
まぁ最後の2回を紅雪に変えるだけですがw

遠水紅雪編 あらすじ
紅雪の指導の下、記憶のタグ付けの特訓をしていくうちに彼女に惹かれていった橙士郎。しかし、優等生の紅雪に自分は相応しくないと思い、7月7日の期日になってもパートナーを選んでいませんでした。そんな時、紅雪から電話がかかってきて、彼女が待っていると知り、彼女の存在は思ったより遠くないと感じ、紅雪が待つ談話室に向かいます。
談話室で紅雪は待っていました。なかなかストレートにモノが言えない彼女は電話するにもこがねの席に座って彼女の力を借りたと言います。いつもは頼れる先輩が見せる弱気な部分を見て、橙士郎は彼女に頼るばかりじゃなく支えるようになりたいと思い、紅雪にパートナーになってほしいとお願いするのでした。
紅雪と橙士郎、2人がペアになり、射月たちは2人のサポートに回ることに。紅雪は最初に2人の信頼関係を深めたいということでしたが、それも兼ねて皆で勉強会をしようと提案。週末の土曜日、橙士郎の家に集まって勉強会を開きます。そこで、こがねが集中できない様子だったため、紅雪は学校の先生の物真似大会をしようと提案し、先生の物真似をするついでに授業内容をこがねに覚えさせるのでした。
物真似大会で橙士郎が勝ったため、紅雪との2人きりの勉強会を希望。翌日の日曜日に橙士郎の部屋で勉強会を開きます。橙士郎が勉強をしていると隣にいる紅雪がスマホでネットを見ていたことから、パートナーになっても紅雪の態度がどこかよそよそしいと、その理由を聞きます。すると、紅雪は距離感が分からないからネットでそのことを検索していたと話します。そこで紅雪はインターネットの画像検索を使って英単語を覚える方法を教え、その後画像検索で勝負と言い出し、結果、再び橙士郎に負けてしまいます。
彼女は近所に友達がいないから小さい頃からこういう風にずっと独りで遊んでいたのに、何故射月たちを誘って水曜クラブを立ち上げたのだろうとそもそものキッカケを忘れていることに気付きます。橙士郎はその理由に、立ち上げたのはきっと寂しかったからで、それを忘れたんじゃなく、俺たちが忘れさせたんだと述べると、紅雪は笑い出し自分が寂しかったのだと気付くのでした。
期末テストが終了した最初の週末の土曜日。紅雪と会う約束したため、学園に向かった橙士郎。すると1人の女子生徒にインネンを付けられます。小南蒼日、橙士郎と同学年の理系クラスの女子で1つ上の女子の先輩と使っていることで有名な生徒でした。2人が口論していると、紅雪と蒼日のパートナー・日向朔が一緒にやってきます。その後、橙士郎も蒼日もお互い自分の先輩が天使だと言い張り、蒼日はカプコンで白黒つけようと橙士郎にライバル宣言するのでした。
その後も友達以上恋人未満のような距離感が続き橙士郎ももどかしく感じていましたが、その理由をテスト結果開示日に知ることになります。皆からもうキスはしたかと冷やかされた橙士郎と紅雪ですが、紅雪が告白されてないから競技上のパートナーに過ぎないと言ったため、橙士郎はパートナーになった日の自分の言葉を思い浮かべます。すると、自分の言葉の中に告白を意味するものが何もなかったことに気付き、射月たちは呆れるのでした。
告白しようと思ってもなかなか上手くいかず、紅雪は紅雪で毎日のように進路相談があると言って、橙士郎の誘いを断るため、橙士郎は避けられているのではないかと思ってしまいます。しかし、射月から本当に紅雪が進路について困ったことになっているという話を聞き、彼女の力になりたいと考えます。紅雪の進路相談が終わるまで彼女を待ち、一緒に帰ったとき、紅雪が自分の悩みをなかなか打ち明けなかったことから、恋人同士になれば痛みや苦しみも分かち合えると伝えます。すると、紅雪はもしも恋人になってしまったらこの苦しみも喜びに変わってしまう、それはまるで自分が自分でなくなってしまうみたいで少し怖いと言います。橙士郎はそんな彼女を抱き締めキスをし告白。2人は正式に恋人同士になったのでした。
翌日、紅雪の進路相談に乗るため、初めて彼女の部屋を訪れた橙士郎。そこで、紅雪から進路相談の前に映画を観ようと提案し、1本の映画を観ます。その映画はとても素晴らしいもので、橙士郎も夢中になって観ていましたが、紅雪はこの映画は内容は良いけど話題性がなかったため興行的には失敗だったと話します。その後、その映画監督は一部の根強いファンの要望に応えて続編を作ろうとしたものの、資金は集まらずやがて消えていきます。その経緯を知った紅雪は評価されないこともされることも怖いと話します。未来の選択肢は誰かの視線によって狭められ決定されていく、誰かと触れあう以上、評価は避けて通れないと言います。そこで橙士郎はあることに気が付きます。彼女が絵を描くことを知っておきながら1度も見たことがないことに。橙士郎もそのことに明確な答えが出せませんでしたが一緒に考えると言い、紅雪の持っている映画のコレクションを見ているとあることに気付きます。
ホラー映画を見せることで恐怖に対する耐性をつけられるのではないか・・・そう思い数日間、2人はホラー映画を観続けます。ホラーを観るたびにその恐怖に対する科学的な裏付けを説明する紅雪。そんなある日、再び進路相談に乗ってほしいとお願いします。彼女には5つしか年が離れていない叔母がいました。彼女は身体が弱かったものの、紅雪にとっては姉のようであり絵を教えた先生でもありした。しかし、日に日に弱っていく叔母の姿を見て、紅雪は幼い心に彼女の病気を治したいと思うようになり、医者になる夢を抱きます。しかし、叔母が亡くなる直前に、彼女から自分の夢を受け継いでほしいと頼まれます。美術教師になってほしいと。その日から紅雪の夢は真っ二つに割れてしまいます。叔母の命を奪った病を突き止め治療法を見つける医者になることと、彼女の夢を継いで美術教師になること。どちらも等しく大切であることからどっちを選べばいいか分からなくなった紅雪は、書物や物語の中に答えを探すようになり、やがて机上の空論が得意な自分が出来上がってしまったと話します。
まだ大人にもなってないのにここで人生が決まってしまうことが怖い・・・そう話す紅雪に対し、橙士郎は難しい問題としながらも、それだったら俺に委ねてしまえばいいと伝えます。つまり紅雪の未来を橙士郎が決めるというもの。1度他のものに重荷を預けて自然と分かるもの、選択は義務ではなく権利であると。そして、紅雪は大人になる時と相手を選ぶ権利があるのなら私を大人にしてほしいと橙士郎にお願いするのでした。
カプコン一回戦を間近に控えたある日、紅雪が女子メンバーによって化粧の修行をすることになったため、時間が空いた橙士郎は、ひとまず食材を買いにスーパーに出かけます。そこで同じく蒼日に用事があると言って断られた朔と出会い、彼女から蒼日との馴れ初めを聞きます。蒼日もかつては普通に男子と付き合っていました。しかし、交際して2ヶ月後、しつこく性行為を求められ、彼氏の顔面を引っぱたき全力でひっぱたいたことで破局を迎えます。蒼日はその日から恋愛に臆病になってしまい、部活をやめて一生恋をしないと思っていましたが、そんな彼女を見て朔は相談に乗り、「男の子と恋をする」ことと「一生恋なんてしない」という2つだけの選択肢でしか考えていなかった彼女に、朔は自らが選択肢になります。こうして、朔と蒼日の同性カップルが誕生したのです。紅雪の進路のことで未だ答えが見いだせない橙士郎にとって、朔の語ってくれた馴れ初めは大変貴重な話でした。
カプコン開催前日、紅雪から美大と医大のどちらかを受けるけど、美大の推薦入試に間に合うように美術展に応募しなければならないが、その締切がカプコン決勝戦の翌日であると話します。作品自体は間に合うだろうが中途半端なものでは評価されるはずもないと弱音を吐きます。すると橙士郎は朔から蒼日との馴れ初めの話を聞いて、預かっている未来の選択肢の権利を勝手にいじらせてもらったと謝ります。紅雪は2つだけでも迷っているのにこれ以上増やすのかと言いますが、それでも選ぶ日が楽しみになったと笑顔を見せるのでした。
そして、迎えたカプコン予選。プールに設置された浮島にあるフラッグを持って愛を叫ぶという競技で、2人はコンビプレイにより見事にフラッグをゲット。そして、橙士郎は紅雪に「あなたが選ばなかった夢を俺が代わりに叶える、1つの人生をあなたと二人で分かち合いたい」とプロポーズを叫びます。これが朔の「自分自身が選択肢になる」という言葉から橙士郎が導き出した答えでした。そして、紅雪はそんな橙士郎からのプロポーズを受け取るのでした。ただ、橙士郎が紅雪が叶えられない夢を自分が叶えることにしましたが、橙士郎に絵の才能がまったくないことが分かったため、紅雪は美大を受けることにし、継続して推薦入試に必要な美術展の絵を描くことにしますが・・・。
2回戦の料理対決はカレーで勝負し2位通過、準決勝の肝試しは紅雪の弱点を突いたものでしたが、橙士郎とホラー映画を見て多少は克服できていたこと、そして、事前のコース予想が見事的中したこと、他のペアがクマに襲われたのを助けたのもあって決勝に進出します。決勝にコマを進めたのは橙士郎&紅雪ペアと朔&蒼日ペアで決勝の内容は怪談でした。決勝戦は怪談話をして選ばれた100人の鼓動と連動し恐怖を感じた人の蝋燭が消えるというルールで、橙士郎から始めて1周した時点で残り3割の蝋燭が残っていました。あまり消してしまうと相手に有利になってしまうことから橙士郎はプレッシャーを感じてしまいますが、紅雪が2人で一緒にやろうと演技を交えて怪談を始めます。そして、紅雪の迫真の演技により残りの3割の蝋燭が全て消え、見事優勝。準決勝前に射月がリークした情報で紅雪がホラーが苦手だからと勝ち誇っていた蒼日は紅雪の堂々とした演技に驚いたものの、橙士郎と一緒ならどんな恐怖も乗り越えられるという彼女の言葉に潔く負けを認めるのでした。
翌日。学園のエントランスに飾られたカプコン優勝トロフィーを皆で見て水曜クラブの通常の活動をした後、橙士郎は紅雪と一緒に彼女の部屋に行きます。この日は美術展に応募する絵の締切日でしたが、彼女の部屋にあったカンバスは真っ白でした。最近カプコンで忙しかったから仕方ないとガッカリする橙士郎。紅雪はこのカンバスを燃やしてしまおうと言ってライターの火を近づけると、ある絵が炙り出されます。カンバスの上に描かれていたのは談話室で水曜クラブのみんなが円卓で楽しく額を寄せ合う姿でした。驚く橙士郎に紅雪は私の得意分野はあぶり出しだよとしてやったりの顔で言います。「敵には罠を、友にサプライズを!」・・・射月のお株を奪って得意顔になる紅雪に橙士郎は泣いて抱きつき、紅雪もそんな彼を抱きとめるのでした。

遠水紅雪編 感想
評価されること、評価されないことを恐れ、2つの進路に悩む紅雪を主人公が救うお話。射月編のときも思ったけど、こういう主人公がヒロインを救うお話は好きです。やはりエロゲはこの形が1番理想ですね。逆のヒロインが主人公を救う展開だとどうしても主人公がヘタレになってしまいますから。
紅雪は中性っぽい口調と普段の眼鏡+ジャージ姿という大よそ女子力が高そうに見えない雰囲気がありますが、眼鏡を取ると別人になりますね。まぁ中身はそう変わるものではないですが、見た目はすごい美人になるので、眼鏡効果は絶大でしたw まぁ自分は眼鏡さえ取ってくれればそれだけで良いんですけどw
射月みたいに家庭的な子が大好きな私ですが、苦手な料理でも頑張って作ってくれる紅雪のような健気な女の子も好きですなぁ~。料理で指を切って絆創膏してるのに「転んだ」とか嘘を吐くところとかもニヨニヨしてしまいますねw 恥ずかしがり屋で押しに弱いところも可愛いです。何より橙士郎の全てを受け入れる母性が最高ですw それだけじゃなく主人公に甘えるところも見せるので色々と反則でしたw
Hシーンは5回。本番Hも5回。2連続が1回あって、1回はパ○ズ○フェ○のみいです。服の上からでも分かる巨乳っ子なので期待してましたが、最後の浴衣お漏らしHと初体験は良かったです。ただ、裸ワイシャツのH、なんで眼鏡のあるなしの選択肢が出なかったんですかね。眼鏡のあるなしはおっぱい以上に重要なのに・・・折角おっぱい見せてたのにガッカリでした。図書室Hの本番はバックでお尻向けてたので論外。パ○ズ○フェ○はアングルはとても良かったです。ただ、思ったんだけど、射月と比べるとシーンの時間が短い気がします。パ○ズ○もフェ○を始めてすぐ終わっちゃうし・・・。初体験も1回で終わるし・・・射月は3回もしたのにw まぁおっぱい見せる率は4/5と高めでパ○ズ○フェ○もあったので(ただ1つは眼鏡付なので個人的には3回)、そこは良かったと思います。
一般シーンは1回戦のプロポーズと膝枕と縄跳び。プロポーズはようやく紅雪が悩みと苦しみから解放された瞬間がちゃんと一枚絵で見られたのが良かったです。橙士郎は大変でしょうがw 膝枕はやはり女の子にしてもらいたい男の願望の1つですからね!先輩の母性の強さが出てて良かったです。縄跳びのシーンは予想できた展開だけど、実際に見ると笑ってしまいますね・・・w 紅雪が飛んで揺れてるところを自分も見てみたいです!何が揺れてるかは秘密ですよ(爆) ぁ、このCG、途中で濡れ透けになって眼鏡取れるのが良かったです。やはり濡れ透けと眼鏡無しは良いですねw

さてさて、お次は鮎川こがねです~。

「あなたをオトコにしてあげる!」のあらすじ・感想はこちら↓
双葉射月編】【遠水紅雪編】【鮎川こがね編】【秋海棠璃火編】 

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓

やはり眼鏡っ子が眼鏡を取ったときの破壊力は凄いですねw まぁ1度眼鏡を取ったらそのままでいてほしいですが(爆)

コメント

「あなたをオトコにしてあげる!」 あらすじ・感想その1 双葉射月編

2016年05月17日 00時15分07秒 | チュアブルソフト

2016年4月発売タイトル第6弾は、チュアブルソフトの「あなたをオトコにしてあげる!」でした!

店舗特典はコチラ。

射月メインがなかったので璃火がメインのソフマップにしました。何故センターヒロインっぽい射月がメインの店舗がなかったんだろう・・・。

あなたをオトコにしてあげる! 概要
七ノ華学園に通う主人公・空木橙士郎と同じクラブに所属するヒロイン達が、学園で行われるイベント・カップルコンテストで優勝を目指すために特訓したりイチャラブしたりするというラブコメです。
七ノ華学園は文武両道を目指しており、エントランスのショーケースには大会で1位になった人の賞状やトロフィーが飾られていますが、優勝以外の成績では見向きもされません。
橙士郎は“水曜クラブ”という変わった同好会に所属しており、談話室の一角を間借りして活動しています。活動内容は毎度設定されたテーマについて話し合い、実際には行動に移されない綿密な計画を作り上げるというもの。要するに机上の空論と暇つぶしの部活動です。
水曜クラブは学園のショーケースに自分たちのトロフィーを飾るため毎年恒例のベストカップルコンテストに出場することになります。ベストカップルコンテストは通称カプコンと呼ばれており、カップルが様々な課題に挑戦して学園一のカップルを決めるというもの。しかも、お祭り好きという地域性もあってか、テレビ中継までされるほどの盛り上がりを見せる学園の一大イベントになっています。尚、カプコンの成り立ちに由来し、優勝したカップルは永遠の愛を約束されるというジンクスがあり、出場者が盛り上がる1番の要因になっています。
エントリーの受付は七夕の日、本選の開始が夏休みに入った七月の最後の週末、決勝戦が八月最初の週末に行われ、橙士郎は七夕までにパートナーを選ぶことになり、水曜クラブの活動方針もカプコンを目指す特訓に変わります。特訓では射月が作った“過去問くん”から出題されたお題に橙士郎とヒロイン1人が挑戦するというもの。
尚、ゲームを起動すると最初にパートナーを選択することになります。パートナーは4人。双葉射月、遠水紅雪、鮎川こがね、秋海棠璃火。選んだキャラがタイトル画面に登場します。BGMも変更されます。まぁ所謂システムボイス的なものですねw ちなみにタイトル画面上のヒロインを触るとヒロインが反応するのでいろいろ試してみると良いかもw 主におっぱいと下半身ですがwww

あなたをオトコにしてあげる! 共通ルート あらすじ
陸上競技の地区大会の応援のため陸上競技場まで幼馴染たちと来ていた橙士郎。知り合いの後輩・鮎川こがねが棒高跳び出ていたため、精一杯応援しますが、こがねは惜しくも優勝を逃して2位でした。翌日、こがねは県大会には出ないと宣言。
その後、談話室に向かった2人。そこには水曜クラブの盟主・遠水紅雪がいました。橙士郎は紅雪にこがねが県大会に出ないことを告げ口すると、紅雪は逆にそれならクラブに顔を出してくれるから嬉しいと言います。
こがねが学園のエントランスのショーケースに水曜クラブのスペースがないと不満を漏らしていると、射月が遅れて談話室にやってきて、テーマを発表します。『他のどんな部活にも負けないトロフィーを水曜クラブの名のもとにあのショーケースど真ん中に飾るには』。
なかなか良い案が出ずに頭を悩ませてると、璃火がやってきて、橙士郎にベストカップルコンテストでパートナーになれと言いますが、この大会で優勝すればトロフィーが貰えるという話を聞いた水曜クラブの面々はそれだと一斉に大声をあげるのでした。
これまでは机上の空論で終わらせてきた水曜クラブですが、紅雪が卒業したらいなくなるという事実に気付き、水曜クラブとして活動してきたという証拠を残すため、橙士郎の提案で今度はちゃんと実行に移そうと盛り上がります。紅雪は水曜クラブの“机上の空論”という活動内容を変えることは出来ないと反対しますが、璃火に顧問のいない自由さが良いと言いながら活動内容を変えないのは矛盾していると指摘。紅雪も最後には承諾し、正式にカプコンに参加することになったのでした。
カプコンに参加するのは誰か・・・水曜クラブのメンバーだけでカプコン対策が出来るという説明の意味を理解していなかった橙士郎は、射月たちには彼氏がいると思い込んでいましたが、射月たちのパートナーは自分になると知り驚きます。そして、橙士郎がパートナーを選ぶことになりますが・・・。
特訓を続ける中、ひょんなことから璃火と模擬戦を行うことになった橙士郎。パートナーはこがねになり、種目は2on2のストリートバスケになりました。試合当日、射月が遅刻して時間に来なかったものの、試合自体は可能だったため先に始めます。勝負は橙士郎&こがねペアが勝ったものの、スッキリしない試合となりました。そこに、遅れてやってきた射月が橙士郎の姉の柚羽とその恋人の葭人を連れてきます。2人は前年度のカプコン優勝カップルでした。橙士郎とこがねはその2人と勝負したものの、まったく歯が立たず完敗。橙士郎は葭人から自分に何が足りないか教えられ、自分の実力不足を悟るのでした。
姉たちから自分の力不足を指摘された橙士郎達は、週明けから個別の特訓を始めます。その中で射月たちとの仲も深まっていき、いよいよ7月7日のエントリー期限の日を迎えます。そこで橙士郎がパートナーに選んだのは・・・。

・・・と、いうわけで、1人目は双葉射月でした~。
やはり家庭的な幼馴染は強いですw 

双葉射月 キャラクター紹介
射月は橙士郎の幼馴染。明るい性格で社交的なため誰とでも分け隔てなく接することが出来、普段から丁寧な口調なこともあり表向きは優等生ですが、実際は腹黒策士で感情的になると子どもっぽい口調になります。偶然を装ってますが水曜クラブにカプコン出場をけしかけた張本人。
「敵には罠を、友にサプライズを!」がモットー。敵に対しては徹底して陥れようとしますが、味方に対しては最終的に役に立つことや嬉しいことしかしません。頭の回転が速く腹黒なため搦め手が得意な分、正攻法や王道には弱く、いつも橙士郎のストレートな言葉にドキドキさせられていますw
家事が得意で時々橙士郎には料理を作ってあげることがあり、お嫁さんスキルは高め。大事にしているものは手帳。その手帳にはあらゆる情報が書かれており、彼女の支えにもなっていますが、実はもう1つそれとは別に手帳を持っていて・・・。

双葉射月 攻略情報
璃火に加勢してやる→先輩と一緒に食べる!→バッチリだ→ありがとな→ずっと恋人みたいな関係でいたい→ハテナボックスを出す→射月→射月→璃火→璃火→紅雪→紅雪→こがね→こがね→射月→射月
ぶっちゃけると他のヒロインは最後の2つを変えるだけでOKですw 

双葉射月編 あらすじ
パートナーに射月を選んだ橙士郎ですが、メールの文面が思いつかなかったため、直接射月に話すことにします。橙士郎に呼び出された射月は優柔不断な橙士郎のことだからパートナーに何て言うか思い付かなかったのだろうと思っていましたが、橙士郎から射月をパートナーにしたいと言われ驚きます。そして、射月は橙士郎に「好き」と告白したものの、橙士郎からはその言葉が聞けなかったため、いつか言わせて見せると誓うのでした。
顔が広い射月と最近男らしくなってきた橙士郎の2人が恋人同士になったことは瞬く間に学園中に広まります。橙士郎たち水曜クラブはカプコン優勝へ向けて、先ずは期末テストの勉強を一緒にやろうと休日橙士郎の部屋に集まることに。
休日、橙士郎の家で勉強会をしていると、紅雪がカプコンの特訓についての今後の方針について話します。何よりも優先されるべくは出場カップルの相互理解とコンビネーションであり、そして、そのためには明日デートをするべきだと・・・射月の口真似で。射月は皆にからかわれるのが嫌で紅雪に代弁してもらったのでした。
遊園地でのデート。2人はしばらく初デートを楽しみしますが、昼食のとき射月が注文していた料理を取りに言っている間に、橙士郎は以前見たことのある双子の片割れの白土つぐみに声をかけられます。その後、射月が戻ってくると修羅場になりますが、つぐみがボロを出したため、今度は兄のつばめが現れ、つぐみに嫌がらせをします。見かねた射月はつばめに嫌がらせを止めさせようとすると、つばめは射月に勝負を持ちかけます。射月はつばめの勝負を軽くあしらい勝利。つばめは負け惜しみを言ってつぐみと一緒に去って行くのでした。
遊園地デートは少々邪魔が入ってしまったものの、また次くればいいと次回のデートを約束。その後テスト期間も終わり、週末を迎えます。橙士郎が起きて下の階に降りるとそこには射月ではなく姉の柚羽がいました。彼女から何故射月に手を出さないのか問われた橙士郎は射月を怖がらせたくないと弱気な発言をして柚羽に叱られてしまいます。その後、隠れていた射月と柚羽はカプコン初戦がプールということから2人で水着を買いに行ったことから、橙士郎は1人で街に出ます。
商店街で紅雪に会ったため、射月について相談した橙士郎。射月は時々自分を試すようなことをする・・・それは頭脳ゲームをしている感覚で、自分は真剣に付き合ってるつもりなのに、遊ばれている気がすると。すると紅雪は射月にとって頭脳ゲームは一番得意で真剣になれることであり、それはつまり橙士郎との関係を失敗したくないという気持ちのあらわれなんじゃないかと。そして、射月を金貨に例え裏表両方を見せるのだから片方しか見せない相手より信頼に足ることだとアドバイスします。
翌日、射月と2回目のデート。河川敷までやってきた2人は、仲良くなったキッカケと少し距離を置いて射月が今のような計算高い性格になった頃の話をします。お互いに意識してしまったが故のことでしたが、お互いのことを打ち明け良い雰囲気になってキスしようと思ったところ、紅雪たちが尾行していたことに気付きキスは中断。しかし、それは紅雪の計算あってのことでした。射月は近頃2種類の手帳を持っており、その内最近持つようになった手帳の方をこがねが奪取。紅雪の手に渡り最終的に橙士郎の手に渡ります。紅雪がその手帳に書いていることが昨日のアドバイスしたことの答えだと言ったため、橙士郎は射月から逃げて手帳の中身を読みます。
射月の手帳の中身は“橙士郎にカプコン出場を決意させそのパートナーに自分がなる計画”でした。事細かに書かれたその計画の最後にはエッチすることまで書かれていたのです。その一文に思わず橙士郎は足を止めます。射月は追いつき、橙士郎が手帳の中身を読んだことを知ると、「私のこと怒らないんですか?」と聞いてきます。てっきり手帳を読んだ自分が怒られると思っていた橙士郎は意外に思っていると、射月はその理由に“ずっと皆を騙していたから”と話します。水曜クラブのためと嘘を吐いて皆を巻き込んで橙士郎に選ばせるフリして最初から自分がパートナーに収まるつもりだったと。
橙士郎は騙されたわりには俺は幸せだったと話し、「好き」という気持ちは嘘だったのかと質問します。すると、射月は「好き」と告白したことは嘘じゃないと答えます。そして、手帳の内容から決して射月の計画通りに行っていなかったことが分かったため、例えカプコンに出なくても射月を選んでいたと話し、紅雪からの伝言「私は騙されたなんて思ってないよ。これからも一緒に頑張ろう」を伝えると、射月は泣き出します。橙士郎はそんな射月が予定していたキスの計画を聞き、射月の“計画”通りにキスをしてようやく自分の気持ちを告白します。「愛してるよ」と。
翌日、射月は水曜クラブのメンバーに騙していたことを謝罪。しかし、水曜クラブのメンバーは誰一人として気にしていませんでした。すると、紅雪が水曜クラブが立ち上がったときの話をします。当時はまだ橙士郎と射月が距離を置いていた頃で、射月は橙士郎と元に戻りたいと思っていました。キッカケはクラスの男子に告白されたときでした。射月はその男子を“運命の人ではない”と瞬時に感じとり断りますが、「放課後は部活で忙しい」と言って断ったことから、すぐ帰るわけにもいかず談話室で時間を潰していたところを紅雪に声をかけられ、水曜クラブに勧誘されます。ここで射月は水曜クラブを橙士郎と元の関係に戻るキッカケに出来ないかと考え、ハードルを作ります。橙士郎が水曜クラブに入らなかったら運命の人じゃないと。
しかし、橙士郎はアッサリと水曜クラブに入会します。射月は“元の関係に戻らなかったら運命の人じゃない”、“カプコンの出場に同意しなかったら運命の人じゃない”、“パートナーに選んでもらえなかったら運命の人じゃない”とハードルをどんどん上げていき、橙士郎はそれを全てクリアしてきました。だから射月は橙士郎を運命の人だと話すのでした。
その後、カプコンに向けて人気カップル上位3組の調査をします。上位3組のうち1組は白土兄妹でした。勝負はババ抜きでしたが、射月が一上がりになり橙士郎はビリだったものの、つばめの思い通りに行かなかったため、一応は橙士郎たちの勝利になります。そして、週末、射月の手帳に書いてあった通りに2人は結ばれます。その頃、白土兄妹はある男に声をかけられますが・・・。
翌日、射月の部屋のカーペットを洗濯しにコインランドリーに向かった2人。家に帰って来ると射月は手帳を2冊とも失くしていることに気付きます。その手帳は白土兄妹に接触していた男が持ち去っており、その男は白土兄妹に手帳を渡していました。射月はコインランドリーに行ってから落としたものだと思い、橙士郎と探したものの見つからず、ひとまず交番に届け出を提出。手帳がなければ何もできない射月は動揺を隠せず、橙士郎は励ましますが、そこへ白土兄妹が声をかけてきます。事情を知らないはずなのに「手帳を失くしたくらいで」と発言したつばめを不審に思う橙士郎。
水曜クラブのメンバーにも話し一緒に探したものの見つからず、射月は部屋に閉じこもって塞ぎこんでしまいます。橙士郎が心配して部屋に行くと、射月はカプコンが終わったら引っ越しことを話します。橙士郎に話さなかったのは悲しませたくなかったからで、橙士郎と恋人になりカプコンに出場しようとしたのはカプコンのジンクス“二人の絆は永遠になる”に縋るためでした。手帳がなければもう優勝は出来ないと嘆く射月に対し、橙士郎は一緒にお風呂に入ろうと言って、お風呂場に連れていきます。そこで射月が使ってた手帳とは違うけど、新しい手帳を買ってきたと、エッチすれば元気になると言って射月を励ますのでした。
少しは元気になったものの、未だ本調子には程遠い射月ですが、カプコン予選は待ってはくれず、ついに開始されてしまいます。腑抜けている射月に対し、橙士郎は手帳の中を俺になったのか、あれだけ慎重な射月が手帳のコピーを取らなかったのは何故かと問い、最後にまだ何か隠していることがあるだろうと聞きます。射月はこれまで橙士郎を運命の人かどうかを見極めるために少しずつハードルを上げていきましたが、パートナーに選ばれるだけじゃなく“カプコンで優勝できなかったら運命の人じゃない”ともう1つハードルを設けていました。そして、射月は運命を信じたくて手帳のバックアップをあえてとりませんでした。橙士郎が本当に運命の人なら私たちは絶対にカプコンに優勝できるからと。つまり、優勝するために必要な手帳を失くしたりしないと信じていたからでした。しかし、手帳を失くしてしまったことで、橙士郎は運命の人じゃなかったと射月は思い込んでしまっていたのです。
射月のその告白に橙士郎は怒ります。手帳を失くしたことで離れ離れにならずに済む唯一の方法が失われたなんて、結局俺のことなんか何も見ていない、見てるのは手帳の中にいるお前だけの空木橙士郎だと。そして、カプコンのジンクスなんか真っ赤な嘘に決まってると、この大会の存在意義すらも否定し、ジンクスも運命も関係なしにお前を好きになったと伝えます。お前に運命が必要なのかと。すると、射月もようやく手帳への執着を捨て、橙士郎本人を見ることにし、私も好きと応えるのでした。
璃火と昌二のサポートのお蔭もあって辛うじて1回戦を突破した橙士郎&射月ペア。1回戦で1番下の4位通過だったせいか不利な状況でしたが、射月が調子を取り戻したこともあり、何とか3位で2回戦も突破。1位通過は白土兄妹でした。しかし、アホなはずの白土兄妹(特に兄の方w)のあまり手際の良さに2人はある疑念を抱くことになります。白土兄妹は橙士郎たちが勝ち進んでいることに焦りを感じ、手帳を盗んだ人物をけしかけますが、そのことが却って自分たちが手帳を持っていることを知らせてしまうことになります。手帳を盗ったのは、以前特訓中に射月が浮気現場を押さえて、その後女子生徒に手を出そうとして退職となった河野先生でした。しかし、河野は自分の恨みつらみを言うどころか白土兄妹のことまで話し、手帳を返してほしかったら土下座して謝れと言います。しかし、射月は手帳はもう要らないと突き放すのでした。
そして準決勝のマジック対決。白土兄妹は射月の手帳に載っていたマジックを披露し1位で準決勝を突破。一方、橙士郎たちはカードマジックでした。その際、橙士郎たちにイチャモンをつけてきた河野が商店街の人たちに退場させられるというハプニングはあったものの無事2位通過。決勝戦は白土兄妹との対戦となり、種目はテキサスホールデム改。ポーカーの種目の1つで“改”と付いているのはペアとの意思疎通などのイカサマが可能になるからでした。橙士郎は射月の手帳を白土兄妹が持っていることを逆手にとった作戦を考えますが・・・。
決勝戦。序盤こそ手帳に書いてあったサインを逆手に取った作戦で上手くいきましたが、その後橙士郎のサインを読まれてしまい、次第に追い詰められてしまいます。しかし、それらも全て射月の作戦通りでした。勝ちを確信したつばめが大きく勝負に出たところで射月も仕掛け、あっさりと逆転。つばめは情けをかけてもらおうと射月の手帳を出したり交渉しますが、射月は“もう手帳は不要”とあっさりと却下。1つ1つのゲームで勝負していた白土兄妹では、決勝戦が始まったときから罠を仕掛けていた射月に敵うはずもありませんでした。こうして橙士郎たちは見事カプコンに優勝するのでした。
表彰台には水曜クラブのメンバーが集まり、そこで射月は皆に引っ越すことを話します。射月は橙士郎に新品の手帳を渡します。その手帳は橙士郎が射月にあげたものでした。射月はその手帳に「射月攻略計画」を書いてほしいとお願いします。今度は橙士郎が書いた手帳の中の私を倒してあなたを永遠の恋に落としてみせると。橙士郎はそんなことしなくてもとっくに落ちていると伝えるのでした。
翌日。射月が引っ越すことで寂しがる水曜クラブのメンバーたち。いつもの談話室で落ち込んでいると、射月が笑顔で談話室に駆け込んできます。「引っ越しがなくなった」と。射月が両親に橙士郎と離れたくないと話したところ、アッサリと同棲を認めたからでした。それはカプコンで優勝したことも影響していました。射月とこれからも一緒にいられることを知った橙士郎は射月を抱きかかえて大喜び。すると、橙士郎のポケットから「射月攻略計画」が書かれた手帳が落ち、計画が書かれたページが開かれます。そこにはこう書かれていました。「やっぱり俺には射月がいない世界は考えられない」と。

双葉射月編 感想
色々な情報が書かれている大切な手帳。これを支えに橙士郎との関係を進展させようとしていた射月が、手帳を失くしたことで自信を喪失したものの、橙士郎の告白で立ち上がり、手帳がなければ何も出来なかった自分を越えるというお話。
ある日を境に距離が出来てしまった橙士郎との関係を修復し恋人になろうと長い時間をかけて計画してきた射月の執念は凄いですねw 普段の腹黒くサバサバしたような態度の裏に秘められた想いが伝わってきて良かったです。まぁ本人隠せてたつもりだったかもしれないけど、バレバレなくらい割りと好き好きオーラ出てましたがw
ただ、手帳を失くした経緯はやや強引すぎたかなという気がしましたし、犯人が分かるのも相手側が勝手にボロを出しただけという感じだったので、その辺は描写がやや物足りない気はしましたが、手帳をどうするというものではなく、手帳を失くした射月がどうこれを乗り越えるかが主軸だったのでどうでもいいかなw 手帳を失くしても橙士郎との絆を信じるようになった射月は強く、決勝戦では手帳を駆使した白土兄妹をあっさり下したし、やはり本気の射月の腹黒さはパネェですw 決勝戦が始まったときから罠が仕掛けられてたとかwww
射月は普段の腹黒さはあるものの、ストレートな言葉に弱く、橙士郎の言葉にアッサリ撃沈されてしまうことが多くて、照れる姿が多く見られたのが良かったですね。そういうときの射月が可愛くて私は好きですw 彼女の行動は全て橙士郎LOVEに繋がっていると思えば、腹黒な言動も可愛く思えますw 家庭的でお嫁さんスキル高いですし、実際振り向いてもらおうと頑張ってて健気で可愛いですよね。是非ともアフターストーリーでラブラブ同棲生活が見たいw ただ、料理を作ってるシーンこそ多かったものの、エプロン姿は見せませんでしたね。家庭的な子ならCGでエプロン姿くらいは見せてほしかったなぁ・・・出来れば裸エプロンもw そこがなかったのが物足りなかったです。
Hシーンは4回。本番Hは5回です。2回目と3回目はお尻向けてたので論外。良かったのは初体験と最後のHですね。初体験の正常位がCG的には1番良かったですが、最後のHはバニーH→フェ○→制服騎乗位という流れでその3つで全ておっぱい見せてたので1番満足しました。不満はパ○ズ○フェ○がないことかな。そんなにおっぱい小さいわけじゃないのにねぇ。ぁぁ、最後のHは若干主人公の手が邪魔かなとは思いました。ともあれ、Hシーンではいつもの腹黒さがなく従順なところも良かったです。まぁ恋人になってからの射月は勝負事以外では以前のような腹黒さは鳴りを潜めて素直で可愛くなってましたけどねw
一般シーンではキスシーン、弁当シーン、バニーですかね。あと一回戦の告白シーンも良かったです。キスシーンは射月の秘められた想いが分かった直後で射月のことが愛おしくなりましたし、弁当シーンは定番だが王道の「あーん」があったし、バニーはおっぱいおっぱいだったし(笑)、射月のCGシーンはどれも良かったなぁ。出来れば一回戦の告白シーンにもCGが欲しかったですね。射月が立ち直る重要なシーンですし。何故なかったんだろう?

さてさて、お次は遠水紅雪です~。

「あなたをオトコにしてあげる!」のあらすじ・感想はこちら↓
双葉射月編】【遠水紅雪編】【鮎川こがね編】【秋海棠璃火編】 

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓

やっぱり腹黒さはあっても、家庭的な幼馴染は無敵ですねw

コメント

「あなたをオトコにしてあげる!」 クリアファイル

2016年04月19日 19時38分35秒 | チュアブルソフト

げっちゅ屋でPCゲームを買うと貰えるクリアファイルです~。

今回は「あなたをオトコにしてあげる!」でした。
前作の好き好きは少しシリアスな要素が多くてちょっと残念だったのですが、今回は体験版をやった感じそういうのもなさげ(多分)なので、今度こそイチャラブが楽しめるのかなと期待していますw まぁ少しはシリアスもあるんでしょうけど、前作のシリアスはひたすらに重かったから(^^;
自分は性格はちょっとアレでもお嫁さんスキルが高い幼馴染の射月ちゃんが好きなんですけど、ロリ巨乳な璃火も良いですよね。Syroh先生のロリ巨乳っ子は大好きですw
今回のクリアファイルの裏側のバニー射月ちゃんはお気に入りです(*´Д`*)b

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓

発売前に先行プレイ版をやっておきましょうかね。そうすれば早く続きが見られますし(*'∇')

コメント

「あなたをオトコにしてあげる!」 マスターアップ

2016年03月24日 19時39分43秒 | チュアブルソフト

2016年4月28日発売チュアブルソフト最新作「あなたをオトコにしてあげる!」がマスターアップしたそうです。

マスターアップおめでとうございます~(*'∇')

4月発売タイトルのマスターアップ報告は本日で合計2本になりました。4月は10本あるので、まだまだ先は長いですねw

あなオトは体験版をプレイした感じでは明るい雰囲気でしたし、ヒロインも可愛かったので、楽しみにしています!

体験版のあらすじ・感想は【こちら】。

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓
http://www.chuable.net/coup_con/index.html】 

コメント

「あなたをオトコにしてあげる!」 体験版

2016年03月12日 19時34分48秒 | チュアブルソフト

2016年4月28日発売予定チュアブルソフト最新作「あなたをオトコにしてあげる!」の体験版をプレイしてみました!

あなたをオトコにしてあげる! 概要
七ノ華学園に通う主人公・空木橙士郎と同じクラブに所属するヒロイン達が、学園で行われるイベント・カップルコンテストで優勝を目指すために特訓したりイチャラブしたりするというラブコメです。
七ノ華学園は文武両道を目指しており、エントランスのショーケースには大会で1位になった人の賞状やトロフィーが飾られていますが、優勝以外の成績では見向きもされません。
橙士郎は“水曜クラブ”という変わった同好会に所属しており、談話室の一角を間借りして活動しています。活動内容は毎度設定されたテーマについて話し合い、実際には行動に移されない綿密な計画を作り上げるというもの。要するに机上の空論と暇つぶしの部活動です。
水曜クラブは学園のショーケースに自分たちのトロフィーを飾るため毎年恒例のベストカップルコンテストに出場することになります。ベストカップルコンテストは通称カプコンと呼ばれており、カップルが様々な課題に挑戦して学園一のカップルを決めるというもの。しかも、お祭り好きという地域性もあってか、テレビ中継までされるほどの盛り上がりを見せる学園の一大イベントになっています。尚、カプコンの成り立ちに由来し、優勝したカップルは永遠の愛を約束されるというジンクスがあり、出場者が盛り上がる1番の要因になっています。
エントリーの受付は七夕の日、本選の開始が夏休みに入った七月の最後の週末、決勝戦が八月最初の週末に行われ、橙士郎は七夕までにパートナーを選ぶことになり、水曜クラブの活動方針もカプコンを目指す特訓に変わります。特訓では射月が作った“過去問くん”から出題されたお題に橙士郎とヒロイン1人が挑戦するというもの。
尚、ゲームを起動すると最初にパートナーを選択することになります。パートナーは4人。双葉射月、遠水紅雪、鮎川こがね、秋海棠璃火。選んだキャラがタイトル画面に登場します。BGMも変更されます。まぁ所謂システムボイス的なものですねw ちなみにタイトル画面上のヒロインを触るとヒロインが反応するのでいろいろ試してみると良いかもw 主におっぱいと下半身ですがwww

製品版のあらすじ・感想はこちら↓
双葉射月編】【遠水紅雪編】【鮎川こがね編】【秋海棠璃火編】 

あなたをオトコにしてあげる! 体験版 あらすじ
陸上競技の地区大会の応援のため陸上競技場まで幼馴染たちと来ていた橙士郎。知り合いの後輩・鮎川こがねが棒高跳び出ていたため、精一杯応援しますが、こがねは惜しくも優勝を逃して2位でした。翌日、こがねは県大会には出ないと宣言。
その後、談話室に向かった2人。そこには水曜クラブの盟主・遠水紅雪がいました。橙士郎は紅雪にこがねが県大会に出ないことを告げ口すると、紅雪は逆にそれならクラブに顔を出してくれるから嬉しいと言います。
こがねが学園のエントランスのショーケースに水曜クラブのスペースがないと不満を漏らしていると、射月が遅れて談話室にやってきて、テーマを発表します。『他のどんな部活にも負けないトロフィーを水曜クラブの名のもとにあのショーケースど真ん中に飾るには』。
なかなか良い案が出ずに頭を悩ませてると、璃火がやってきて、橙士郎にベストカップルコンテストでパートナーになれと言いますが、この大会で優勝すればトロフィーが貰えるという話を聞いた水曜クラブの面々はそれだと一斉に大声をあげるのでした。
これまでは机上の空論で終わらせてきた水曜クラブですが、紅雪が卒業したらいなくなるという事実に気付き、水曜クラブとして活動してきたという証拠を残すため、橙士郎の提案で今度はちゃんと実行に移そうと盛り上がります。紅雪は水曜クラブの“机上の空論”という活動内容を変えることは出来ないと反対しますが、璃火に顧問のいない自由さが良いと言いながら活動内容を変えないのは矛盾していると指摘。紅雪も最後には承諾し、正式にカプコンに参加することになったのでした。
カプコンに参加するのは誰か・・・水曜クラブのメンバーだけでカプコン対策が出来るという説明の意味を理解していなかった橙士郎は、射月たちには彼氏がいると思い込んでいましたが、射月たちのパートナーは自分になると知り驚きます。そして、橙士郎がパートナーを選ぶことになりますが・・・。
特訓を続ける中、ひょんなことから璃火と模擬戦を行うことになった橙士郎。パートナーはこがねになり、種目は2on2のストリートバスケになりました。試合当日、射月が遅刻して時間に来なかったものの、試合自体は可能だったため先に始めます。勝負は橙士郎&こがねペアが勝ったものの、スッキリしない試合となりました。そこに、遅れてやってきた射月が橙士郎の姉の柚羽とその恋人の葭人を連れてきます。2人は前年度のカプコン優勝カップルでした。橙士郎とこがねはその2人と勝負したものの、まったく歯が立たず完敗。橙士郎は葭人から自分に何が足りないか教えられ、自分の実力不足を悟るのでした。

あなたをオトコにしてあげる! 体験版 感想
ベストカップルを目指すためにヒロイン達と特訓していきその中で親しくなってくという内容で、終始明るい雰囲気で良かったと思います。好き好きみたいなシステムがあるのかと思いきや、何もないんですね、今回w
ヒロインは文句無しですなぁ~。全員おっぱいさんですし、Hシーンに期待したいですw 璃火のイジられ属性とかニヨニヨするし、こがねの寂しがり屋で甘えんぼなところが可愛かったし、先輩も眼鏡を取ると美人ってところがGOODで料理のことでイジられたときは可愛かったし・・・。射月は計算高い腹黒系だけど家庭的なところがあったり普段は丁寧語で話してるのにムキになると子どもっぽい言動になったり時々私のツボを突いてくるのが反則ですw 射月はもう見た目では1番好みだし幼馴染だし1番期待したいヒロインかなぁ~。あとはやはり璃火ですね。ロリ巨乳でツンデレで突っかかってくるくせに打たれ弱いところとか見ていて楽しい子でした。
Hシーンはそれぞれ1回ずつ見られますが、射月はおっぱい見たかったのにお尻向いてたので論外、こがねはオ○ニーだけなので何とも言えず、先輩はパ○ズ○フェ○で満足しました。そして璃火のが1番良かったなー、おっぱい見せた上に最後はお漏らし!良いですね、ロリ巨乳っ子のお漏らし(爆) この子がおっぱい見せた上でお漏らし路線に行くなら何も言うことはありません(←変態w  ところで今回はHアニメーションはないんですかねぇ?好き好きのアニメーションは良かったんですけど・・・。
とまぁ体験版の内容は結構楽しかったんですが、前作の好き好きがイチャラブ云々言う割には後半シリアスだっただけに、今回もどうなるか分からず不安なところはあるかな。まぁあっちは伏線が色々ある中でだったので、今作にはそういった要素もあまりないようですし、安心できるのかな?イチャラブ成分は多目にしてあまりシリアスにならなければいいなぁ。前作の好き好きの某お嬢様なんてクリア後は前半の日常パートが笑えなくなりましたもんね(^^;

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓
http://www.chuable.net/coup_con/index.html】 

コメント

「あなたをオトコにしてあげる!」 体験版公開

2016年03月11日 19時12分35秒 | チュアブルソフト

2016年4月28日発売予定チュアブルソフト最新作「あなたをオトコにしてあげる!」の体験版が公開されたようです!

まだ予約してないんですが、体験版を見てから店舗特典を決めようと思いましてw

まぁ射月のグッズがソフマップしかない上、メインが璃火なんでソフマップの可能性が高いんですがw

とりあえず、DLに時間かかってるからプレイするのは明日かなーw

体験版のあらすじ・感想は【こちら】。

「あなたをオトコにしてあげる!」の公式サイトはコチラから↓
http://www.chuable.net/coup_con/index.html】 

コメント