こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「恋するココロと魔法のコトバ」 公式サイト公開

2017年11月18日 12時00分00秒 | アミューズクラフト系

Hearts最新作「恋するココロと魔法のコトバ」の公式サイトが公開されました(*'∇')

キャラのビジュアルは予め公開されてましたが、ようやく詳細が判明しましたね。

お話としては、魔女の存在を知った主人公と魔女であるヒロイン達による部活日常系っぽい感じ。まほろばっぽい感じが気がしないでもない。

ヒロインは前作同様に4人。

主人公が召喚してしまった精霊の女の子、春ハル。(上の画像の中央のピンク髪の子)
主人公のクラスメイトで庭園部部長の一片風弥。(上の画像の左端の子)
新米魔女で後輩の双葉好奏。(上の画像の左から2番目の女の子)
天才魔女で後輩の星詠ましろ。(上の画像の右端の女の子)

今回は幼馴染も妹もいないのですね・・・。てっきり、好奏ちゃんあたりは妹だと思ってたんですけど・・・。
見た目的にはピンク髪の春ハル、おっぱい的には風弥、トータルでは好奏ちゃんかな~。

たぶん、店舗特典は好奏ちゃんを選ぶと思います。普通乳なのは鈴ちゃんと同じだし、なんとなく小都音ちゃんをベースに鈴ちゃんの世話焼き要素と家事スキルを加えた感じのような気がしないでもないですしw

まぁ私もたまにはおっぱい以外の要素で選ぶこともあるんですよヽ(´ー`)ノ

好奏ちゃんが妹だったら完璧だったんですけどね(ぼそそ

とりあえず、今作もキャラが可愛いですし、その可愛さを活かしたシナリオにしてほしいですね。シリアス控えめでお願いしたいものです。

「恋するココロと魔法のコトバ」の発売日は2018年5月25日。予約開始は2017年12月22日です!

「恋するココロと魔法のコトバ」の公式サイトはこちらから↓

Hearts『恋するココロと魔法のコトバ』応援中!

好奏ちゃん可愛い。妹にしたいですが、それはもう無理なので、「先輩」って呼ばれたい(*´Д`*)b

コメント (7)

Hearts 5th Project ディザーサイト公開

2017年11月11日 12時00分00秒 | アミューズクラフト系

Hearts最新作のディザーサイトが公開されています(*'∇')

今作もメイン絵師は白もち桜先生みたいですね!SDもロロログに引き続き、ぺろ先生のようです。

メインヒロインも1人だけ公開されていました。

「春ハル」っていう名前で、魔女みたいです。今回は季節が春で魔女に関するお話になるそうです。

タイトルの略称は「恋コロ」っぽいんですが、正式名称まで分かりません。恋色ココロログ?(爆)

ともあれ、楽しみが増えましたなぁ~(*'∇')

Hearts最新作の公式サイト公開は2017年11月17日(金)です!

Hearts 5th Projectのディザーサイトはこちらから↓
http://hearts.amuse-c.jp/koikoro/index.html

コメント (4)

「ナツイロココロログ」 臣苗鈴(SD版)マグネットステッカー

2017年09月29日 00時00分00秒 | アミューズクラフト系

Hearts「ナツイロココロログ」より臣苗鈴ちゃんのSD版マグネットステッカーを買いました!

SDでも鈴ちゃんは可愛い(*´Д`*)b
もうほんと、この子が妹だったら私の人生ははぴはぴはっぴーですなぅ(*´Д`*)
朝は鈴ちゃんに叱られながら起こされて、夜は鈴ちゃんに甘えられるという幸せなお兄ちゃん人生を歩みたかったでござるよ(´ー`)
鈴ちゃんは可愛い(*´Д`*)b

「ナツイロココロログ」のあらすじ・感想はこちら↓
臣苗鈴編】【七国小都音編】【名城綺新編】【常磐久遠編】【梅宮香奈恵編】【HappySummer

「ナツイロココロログ」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
電気外祭り2015冬グッズ】【Character1 2016グッズ】【ロロログカフェタペストリー
発売記念タペストリー&臣苗鈴マグカップ】【臣苗鈴×リン抱き枕カバー(添い寝CD付)
応援バナーキャンペーン当選:白もち桜先生直筆サイン入りポスター
2016夏イベントグッズ】【コンプリートサウンドトラック】【七国小都音&ライ抱き枕カバー
臣苗鈴マグネットステッカー【臣苗鈴もふもふブランケット&手帳型スマホケース&モバイルバッテリー
臣苗鈴フルカラーTシャツ夏ver&アクリルモバイルスタンド】【臣苗鈴浴衣抱き枕カバー&フルカラータオル

「ナツイロココロログ~Happy Summer~」の公式サイトはこちらから↓ 

Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!

我はロロログのFD第2弾を希望する!!もっと鈴ちゃんが見たいですぞ!!!

コメント

「ナツイロココロログ」 臣苗鈴浴衣抱き枕カバー&フルカラータオル

2017年08月24日 00時00分00秒 | アミューズクラフト系

Hearts「ナツイロココロログ」より臣苗鈴ちゃんの浴衣抱き枕カバーとフルカラータオルを買いました(*´Д`*)b

先ずは、抱き枕カバー!

この夏のイベントでTOP3に入るくらい欲しかったグッズがこちらになります!鈴ちゃんの浴衣姿はとってもよく似合ってて可愛いのです(*´Д`*)
あとは制服姿とか私服姿とか和風ウェイトレス姿とか全てのバージョンで抱き枕カバー化してもらいたいものですなぁ~。全部買うんでw
鈴ちゃんは私の可愛い妹です!!(*´Д`*)b

続いては、フルカラータオルです~。

鈴ちゃんとリンちゃん、両方ですね。しっかり者と甘えんぼ、どっちも可愛い妹なのです!
ちなみに、こちらは通販ではすぐに売り切れた物ですね。本当はグッズセットも買うつもりだったんですけど、通販開始当時はアクセス数がかなり多かったせいか、次のページ進むのすら困難な状態だったので、1番欲しかった鈴ちゃんのグッズを確保することを優先して、グッズセットを諦めました。
まぁ恋愛ルセットのグッズセットも一緒に後で注文すれば良かっただけの話ですが、鈴ちゃんのグッズを確保して満足しちゃったので、今回は別途注文せずグッズセットを見送った次第です(爆)
何があっても、鈴ちゃんが最優先なのですよ!w

ところで、Heartsって次回作はどうするんですかね?私個人としてはもっと鈴ちゃんを見たいので、2度目の続編でもOKなんですけどw
私の妹、鈴ちゃん大好きー!(*´Д`*)b

「ナツイロココロログ」のあらすじ・感想はこちら↓
臣苗鈴編】【七国小都音編】【名城綺新編】【常磐久遠編】【梅宮香奈恵編】【HappySummer

「ナツイロココロログ」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
電気外祭り2015冬グッズ】【Character1 2016グッズ】【ロロログカフェタペストリー
発売記念タペストリー&臣苗鈴マグカップ】【臣苗鈴×リン抱き枕カバー(添い寝CD付)
応援バナーキャンペーン当選:白もち桜先生直筆サイン入りポスター
2016夏イベントグッズ】【コンプリートサウンドトラック】【七国小都音&ライ抱き枕カバー
臣苗鈴マグネットステッカー【臣苗鈴もふもふブランケット&手帳型スマホケース&モバイルバッテリー
臣苗鈴フルカラーTシャツ夏ver&アクリルモバイルスタンド

「ナツイロココロログ~Happy Summer~」の公式サイトはこちらから↓ 

Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!

鈴ちゃんに「お兄ちゃん」と呼ばれるだけで幸せになれますね(*´Д`*)b

ちなみに、本日8月24日は常磐久遠ちゃんの誕生日だったりします。

久遠ちゃん、誕生日おめでと!!(*´Д`*)b

コメント

「あなたに恋する恋愛ルセット」 米白粕先生直筆サイン入り鍵由楓花短冊ポスター

2017年07月08日 00時00分00秒 | アミューズクラフト系

ユニゾンシフト「あなたに恋する恋愛ルセット」の応援バナーキャンペーンに当選しました~(*'∇')

当たったのはこちら。

米白粕先生直筆サイン入り鍵由楓花短冊ポスターです~(*´Д`*)b
アミューズクラフトさんの作品だとこれで3回目かな・・・よく当たりますね。恋カケ、ロロログ、恋愛ルセット。ロロログHSだけ外れましたが、それ以外は当選していることになりますね!
次の期待作が発表されたらまた応援させていただきます(*'∇')ゞ

尚、サイン部分を拡大するとこんな感じ~。

SD楓花ちゃんと一緒にw ハートマークが可愛らしいのです!
恋愛ルセットはイチャラブ満載なので、イチャラブ好きにはオススメですぞ!

最後に。アミューズクラフト(ユニゾンシフト)様、米白粕先生先生、ありがとうございました!

「あなたに恋する恋愛ルセット」のあらすじ・感想はこちら↓
橘ののか編】【鍵由楓花編】【白咲美絵瑠編】【大園柚姫編

「あなたに恋する恋愛ルセット」の公式サイトはこちらから↓ 

ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!

評判が良ければFD化もありえるのだろうか?個人的にはもっと見たいなって思ってたので、FD化をお願いしたいですね~。

コメント

「あなたに恋する恋愛ルセット」 あらすじ・感想その4 大園柚姫編、感想まとめ

2017年05月30日 00時00分30秒 | アミューズクラフト系

最後は大園柚姫でした~。

大園柚姫 キャラクター紹介
国際教養科1年A組。学生会に所属しており、何事にも真面目で一生懸命で成績優秀。そのため学生会会長からの信頼も厚く、学園集会では1年生ながら司会進行を任された。とても目立つ容姿をしており1年生の中でも特に有名人で異性だけじゃなく同性にも人気がある。家はお金持ちだが、本人に「お嬢様」という自覚があまりない。加えて、家柄に関係なく自分の足で歩いていると自負してるため、「お嬢様」と呼ばれることを嫌う。
向上心が高いため、お菓子作りの経験こそないが、製菓コースを選んだ理由に専門授業の説明会のときに食べたかりんのお菓子に興味が出て、新しいことに挑戦してみたいと思ったと話している。お菓子作りではダークマターを精製してばかりだが、紅茶を淹れるのは得意。
周りから見たイメージと実際に一緒にいるときの彼女のイメージはまったく違うことが多く、近寄りがたい雰囲気があるかと思いきや実際は気さくで話しやすく、何でも出来る天才タイプかと思いきや実際は失敗して経験を積み重ねることで自信をつけていく秀才タイプだったりする。

大園柚姫編 あらすじ
学園祭が終わった後、地域新聞に取り上げられた製菓コースのお菓子の家は高く評価され、その中心的存在だったののかはかりんの勧めもあって、製菓大会へ出場を決意します。残った4人は2人1組のペアにわかれ、初心者同士として春馬と柚姫がペアとなりました。何を作るかは話し合って決めることになりましたが、実際に実物を見て決めようということになり、休日2人は色んなお店を回って調査することにします。しかし、2人ともスイーツを食べることに夢中になってしまい、調査のことをすっかり忘れてしまっていました。そこで、ちゃんとレポートできるようにと新しく出来たお店に入りますが、そこはカップル専用のコンセプトカフェで、強制的に手を繋ぐことになったり、「あーん」をした写真を撮らされたり、2人はもうスイーツを楽しむどころの雰囲気ではなくなってしまうのでした。
春馬は学園祭より前から何度か柚姫の作ったお菓子の試食をしていましたが、その日も柚姫に試食してほしいと頼まれ、いつもの中庭のベンチで柚姫の作ったスイーツを試食します。今回柚姫が作ったのは、ののかでも時々失敗するという難易度の高いシュークリームで、彼女はそれを見事に成功させていました。試食が終わると、春馬はシュークリームが作れるならもう初心者とは言えない、だからこの試食会も終わりかなと言うと、柚姫が泣きそうな顔になったため、自分が致命的な失言をしたのではないかと慌てます。すると、柚姫は春馬と一緒にいたい、試食はそれだけじゃなくて、普段あまり会えないから話す機会を作るためだったと伝えます。それはもう告白しているようなもので、そのことに言ってから気付いた柚姫は、ごめんなさいと謝って忘れてほしいとその場を去ろうとしますが、このまま別れたらまともに話せなくなると思った春馬は彼女を引き止め、俺も同じ気持ちだと伝えます。そして、お互いに好きと伝えあい、2人は恋人同士になったのでした。
しかし、恋人同士になっても、学生会の仕事などで忙しく選択授業のとき以外はほとんど会えず、夜にメールや電話で会話するという日々が続きます。そんなある日、かりんからあるお金持ちのホームパーティ用のお菓子を作ることになったから手伝ってほしいと言われ、徹夜作業して手伝い、翌日それを屋敷まで運びますが、その豪邸に柚姫がいたため驚きます。そう、そこの豪邸は柚姫の家でした。かりんは柚姫の父親に挨拶に行き、春馬は徹夜で疲れていたため柚姫の部屋で休むことにしますが、そこで今回の経緯について話します。かりんは世界的に有名な洋菓子店に勤めてましたが、ある日突然辞めてしまいました。理由は不明ですが、かりんの実績を知っている柚姫の父親がかりんに依頼したということでした。2人でかりんの話をしていると、かりんが挨拶を終えて柚姫の部屋に来た為、春馬はこれから柚姫はパーティに出るだろうからかりんと一緒に帰ろうとすると、柚姫は寂しそうな顔をします。それを見たかりんが春馬の腹にワンパン入れて悶絶させ、腹痛ということにして、引き続き柚姫の部屋で休むことにしました。そして、2人は良い雰囲気になり、キスをしますが、その先に進もうとしたとき、執事が柚姫を迎えに来た為、春馬は今度こそ帰ることにしたのでした。
それからしばらく経ったある日のこと、柚姫の希望で春馬の部屋に彼女を連れていくことになりますが、そこで2人は初体験を済ませます。柚姫と結ばれ幸せではありましたが、そんなとき、柚姫が来年の4月から交換留学生として海外に行くことが決まってしまい、断りきれなかった柚姫は沈んだ顔でそのことを春馬に報告します。しかし、春馬から寂しいけど応援すると言われ、かりんたちからも激励されると、柚姫はようやく元気を取り戻すのでした。
次の選択授業でかりんから新しい課題を出された春馬たち。次の課題は“チャレンジ”でした。今の自分たちの実力よりも上の物を作るということで、柚姫はザッハトルテが作りたいと言います。ののかでも失敗することが多い難易度の高いケーキでしたが、それでもやりたいという柚姫の意見が通り、2人はザッハトルテに挑戦することとなり、休日に実際にお店を回ってザッハトルテの食べ歩きをして調査します。そして、学園で作ってみますが、なかなか思うようにはいかず失敗を繰り返して成功には至っていませんでした。柚姫の留学を控えた今、失敗したままの思い出にするわけにはいかないと思った春馬は、シャルールの洸に実際に作っているところを見せてほしいとお願いします。洸は聖の説得もあり、講師を引き受け、シャルールの定休日に学園にやってきて臨時講師をしてくれました。洸の作業工程を全て録画し、それを何度も見返して練習を重ねた結果、課題期日の最終日にようやく成功します。その味は2人がこうしようと決めた理想の味でした。そして、かりんや美絵瑠からも美味しいと言ってもらえ、2人のザッハトルテは合格点を貰えたのでした。
後日、2人はザッハトルテを成功させた祝勝会を春馬の部屋で細やかに開きますが、そこで春馬は少し早いクリスマスプレゼントを柚姫に渡します。その中身は、柚姫の誕生石であるアメジストのネックレス。これを自分の代わりに持って行ってほしい・・・そう伝えるとと、今までずっと強がっていた柚姫は、本当は春馬と離れ離れになるのは寂しかったと涙を流します。春馬は自分も寂しいから我慢なんてしなくていい、うんと泣いて行けばいいじゃないかと伝えると、柚姫は今日だけだからと言って子どものように泣きじゃくり、春馬はそんな彼女を泣き止むまでじっと抱きしめるのでした。

大園柚姫編 感想
柚姫ちゃんは可愛いですなぁ。普段のしっかりした柚姫ちゃんも良いけど、やっぱり涙目になってオロオロしたり、甘えんぼになったりする柚姫ちゃんが最高です。特に涙目になってるときの表情が大好きですwww
ただ、シナリオは・・・伏線もなく突然出てきた海外留学の話って必要あったのか?物語の起伏を付けるためなのか、それとも向上心を忘れず何事も挑戦する柚姫ちゃんってところを見せたかったのか・・・いずれにせよ、そんなのはザッハトルテの部分だけで十分だったし、折角イチャラブしてたところにそんな話が急に出てきたので、後半は心からイチャラブを楽しむことが出来なかったなぁ。それまではイチャラブっぷりが非常に良かっただけに惜しいシナリオでした。ワガハイのアーシェ編を思い出したわ。これもある意味ではシリアスだと思うんですが・・・?まぁ柚姫ちゃんの学科を考えたらそういう話もあるんだろうけど・・・なんか納得いかなかったです。普通に“難しいザッハトルテを作ることに成功した!やったー!”で終わりにすれば良かったのにね。海外留学の話は完全に蛇足でした。そんな話を盛り込むくらいならもっとイチャラブを増やしてほしかったわ(´_ゝ`)
Hシーンは5回(内おまけH1回)。楓花ちゃんと同じくらいの巨乳ってことで期待してたんですけど、まさか期待外れに終わった楓花ちゃんよりも更に期待外れだとは思わなかったでござる。本番Hは全部で6回ありますが、その中でおっぱいをちゃんと見せた本番Hはたったの2回。他はほとんどおっぱい見せずと、巨乳っ子である意味がほとんどありませんでした。なんだこれ・・・期待外れにもほどがあるぞ。最初はだいしゅきホールドと対面座位でおっぱい見せず、あとはバックが2回あって2回ともお尻から見せるバックのためおっぱい見せずとガッカリ感がハンパなかった・・・。パ○ズ○フェ○と騎乗位と全裸正常位のおっぱい見せた3つのCGはとても良かっただけに、他がまったくおっぱい見せないというのは非常に残念でした。せめてバック2回のうち1回を正面から見せるか真下から見せるアングルにしてほしかった。巨乳っ子なんだから、尻よりおっぱいだろ。なんで尻が優先なんだよ。結局ののかちゃんが1番良かったのか・・・orz あと、4回目の全裸正常位はCG的には文句なかったけど、途中で画面を背景に切り替える意味あったのか?なんでああいうことすんの?CGを表示したままで良くない?凝った演出にしようとしたのかもしれないけど、HシーンでいきなりCGから背景にするのはマイナス効果でしかないよ・・・。Hシーンが何のためにあるか考えれば分かるでしょ。ちなみに、おまけHも同様の演出があります。意味不明。そんなわけで、柚姫ちゃんのHシーンは不満だらけだったなぁ・・・。
一般シーンだと、何度か見られる中庭のベンチでの試食シーンかな。試食を口実にして春馬と一緒にいたかったという柚姫ちゃんの想いが切なくて良かったですわ。それに関連して告白シーンですね。できれば甘えてるときのCGも欲しかったかなぁ~。まぁでも柚姫ちゃんは可愛いので柚姫ちゃん自身は大変気に入りました。やっぱり金髪巨乳は最高だぜ(*´Д`*)b

あなたに恋する恋愛ルセット 感想まとめ
イチャラブ特化というコンセプトは柚姫編と楓花編で「ん?」って思う部分はあったものの、概ねコンセプト通りだったかなとは思います。この2人の「ん?」と思った部分についてはそれぞれの感想で書いたのでそっちを参考にしてください(爆) 特に柚姫編のはコンセプト通りにするなら完全に不要な要素だと思いました。
まぁ若干真面目な話はあるものの、殆どがイチャラブ成分なので、これならイチャラブゲー好きにはオススメできます。甘々で胸やけしそうな恋愛をお楽しみくださいw ただ、スイーツの絵が大量に出てくるので、霧消にケーキが食べたくなることは間違いないのでそこは我慢して下さい(爆) スイーツテロ、恐るべしwww あと、お菓子の解説がちゃんとしてたり、TIPSでの用語解説は良かったと思います。参考になりましたw
キャラに関しては今年発売したエロゲの中でも上位に入るくらい可愛いですね。ヒロイン達の可愛さは文句なしでした。あまりに可愛くてニヨニヨが止まりませんw 特に、柚姫ちゃんとののかちゃんの2人が好きだなぁ~。やっぱり自分はプレイ後も最初に気に入った子からあまり変わることがないですね。癒し系のののかちゃんと甘えんぼの柚姫ちゃん、この2人は甲乙付け難いです。どっちも可愛くて気に入っております!
Hシーンに関しては期待外れで不満でした。あまりおっぱい見せず。ののかちゃんが辛うじて満足と言える程度で、期待していた柚姫ちゃんと楓花ちゃんが期待外れ。特に柚姫ちゃんは不満だったなぁ・・・折角巨乳っ子が3人もいたのに、殆どおっぱい見せないとか詐欺に近いでしょ。おっぱいに期待していた人はガッカリしちゃうことは間違いないです。どうしてこうなった・・・。
システム面では、やはりバックログのシーンジャンプがないのは不便かなと。あと、システムボイスはキャラ固定できるようにしてほしかった。それから、非常に細かいことですが、タイトル画面の「セーブから」っていう表現が見慣れないので、そこは「続きから」とかにしてほしかったかな。
そんなわけで、Hシーンと柚姫編の海外留学の話を除けば、共通ルートの日常感と個別ルートの甘々なイチャラブ生活が楽しめるので、そういう恋愛モノが好きな人にオススメ出来ると思います。Hシーンはおっぱいに拘りがない人なら問題ないですよ、たぶん。

さてさて、お次も2017年5月発売タイトルです~。

「あなたに恋する恋愛ルセット」のあらすじ・感想はこちら↓
橘ののか編】【鍵由楓花編】【白咲美絵瑠編】【大園柚姫編

「あなたに恋する恋愛ルセット」の公式サイトはこちらから↓

ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!

柚姫ちゃん自身は可愛くて良かったのに・・・シナリオとHシーンが残念でした・・・。

コメント (6)

「あなたに恋する恋愛ルセット」 あらすじ・感想その3 白咲美絵瑠編

2017年05月29日 00時00分30秒 | アミューズクラフト系

3人目は白咲美絵瑠でした~。

白咲美絵瑠 キャラクター紹介
国際教養科1年B組。学園長の娘で日本人とフランス人のハーフ。かりん先生とは親しい間柄。非常に面倒くさがりで天邪鬼な性格の上、やる気の欠片もない。製菓コースを選んだわけでないが、体験授業のとき他の授業を受けることなく調理室でずっと寝ていたのを発見され、そのままかりんによって製菓コースにされてしまった。
味覚が鋭く食べた物の味を覚えて目分量でも再現できるほどの天才パティシエで、やる気さえあれば世界で活躍できるほどの才能を持っているが、そのやる気のなさから現在は宝の持ち腐れとなってしまっている。座右の銘は「サボるためなら努力を惜しまない」。才能の塊のような女の子で、普通科目についても柚姫以上に成績優秀・・・どころか学年主席でテストもほぼ満点。お菓子作り以外の部分でも要領が良く、若干辛辣ではあるがアドバイスは的確であり、彼女の一言で問題が解決することも多い。
何かとサボリがちだが、そのことを両親に報告されることを嫌がるため、彼女がサボりそうになったときは、いつもかりんが両親の話を持ち出し、美絵瑠のやる気を出させている。美絵瑠本人は素直に認めないが、母親のことを大切に思っており、選択授業で母親が好きな物を作るときは授業をサボらないという家族想いな子。サボるときはどこにいるか不明だが、作っていたお菓子が完成すると、どこからともなく試食しに姿を現すため、製菓コースでは彼女を捕まえるときはお菓子を作ることにしている。

白咲美絵瑠編 あらすじ
学園祭でのお菓子の家が評価され、大きな製菓大会に出場することになったののか。他の4人はペアを組んでお菓子を作ることになり、春馬は美絵瑠とペアを組むことになりました。しかし、美絵瑠は面倒くさがって春馬に丸投げしてしまいます。翌日、学園長に声をかけられた春馬は、迷惑をかけるかもしれないけど宜しくお願いしますと言われ、自分も迷惑をかけないように頑張りたいと返します。しかし、春馬はそれだけではなく、最近は美絵瑠のことが気になっていたため、彼女とペアが組み得たことを内心で喜んでいました。しかし、美絵瑠のサボり癖は問題だからと学園長に相談しますが、学園長の結論は、やる気を出させるならお菓子を作るしかないと言われます。
美絵瑠にやる気を出させるため、皆に協力してもらってクッキーを作ります。クッキーが焼き上がるとすぐに美絵瑠が姿を現し、試食をしますが、厳しい意見を言って春馬の心を折り、再びどこかへ行ってしまいます。それでもめげずに次はガトーショコラを作ってみると、再び姿を現し辛辣な意見を言いますが、調理室から去ろうとすると、学園長がやってきて、笑顔のまま美絵瑠を抱えて調理室を出て行きます。春馬はすぐに追いかけますが、学園長は隣の準備室から出てきて、美絵瑠を返します。すると、目が死んでいる美絵瑠が姿を現し、怒られたと言って本気で泣き出し、課題やると言って反省するのでした。
しかし、春馬と美絵瑠では実力の差がありすぎることから、シャルールで聖も交えて相談した結果、春馬が作って美絵瑠がそれを批評し、美絵瑠に美味しいと言わせるという方向に決まりました。それから春馬はののか達に協力してもらいい、お菓子作りに励み、美絵瑠の厳しい批評を受けつつも少しずつ上達してきました。そして、そんなことが続いて1週間後、春馬はついに美絵瑠から「美味しい」という言葉を聞き喜びます。一方、美絵瑠の方は1週間ずっと春馬がののか達と一緒にお菓子作りをしているのを見て胸がモヤモヤしていました。春馬の作ったケーキを食べて思わず「美味しい」と言った日、モヤモヤを抱えたまま家に帰って来た美絵瑠ですが、父親が疲れた顔をして仕事から帰ってきたため、父親の為に何かできることはないか考えますが・・・。
翌日、いつもとは違い、寝てるわけじゃなくただ座ってボーッとしていた美絵瑠。春馬は心配して声をかけますが、上の空でした。そこへ学園長がやってきて事情・・・父親を心配しているというを勝手に話してしまいます。恥ずかしがる美絵瑠に対し、自分の旦那のことを話すリゼットは、皆に旦那と一緒に映っている1枚の写真を見せます。その写真は少し古い写真でしたが、そこには仲睦まじい2人の姿が映っていました、そして、その写真には2人以外にもお菓子がたくさん入ったバスケットも映っていました。その中にはシュケットと呼ばれるお菓子が入っていて、旦那の好きな物だとリゼットは説明します。その後、授業が始まりますが、美絵瑠は急にやる気を出して準備室に材料を取りにいったため、春馬は彼女を呼び止め、急にやる気になった理由を聞きます。美絵瑠は適当な理由を言って誤魔化そうとしましたが、先ほどの学園長の話を聞いていたことから、彼女がやる気になった理由もすぐ察しがつきました。それは、父親の為に好物のシュケットを作ってあげたいというものでした。美絵瑠がシュケットを作ろうとしていたことから、春馬はここ1週間練習していたシフォンケーキの予定を変更し、美絵瑠と一緒にシュケットを作ることに決めます。しかし、2人が作ろうとしていたのは普通のシュケットではなく、父親の思い出のシュケットを作ることだったため、、問題が1つありました。それはルセットがないことでした。そこで春馬は自分のスイーツの知識を総動員して学園長から借りた写真の分析を試みます。そうして作り上げたシュケットをラッピングして手紙を添えて、美絵瑠は父親にプレゼントします。すると、父親は大喜び。美絵瑠はそんな父親の様子を見て恥ずかしい気持ちがありつつも嬉しく思うのでした。
それから美絵瑠は少しだけやる気を出し、次の課題について春馬とシャルールで話し合います。しかし、なかなかテーマは決まらず、いつしか話題は美絵瑠の両親の話になりますが、美絵瑠はふといつか自分も両親のようになるのだろうかと呟き、それを聞いていた聖は、恋は気付けば始まっているものと言い、2人にお互いを意識させ冷やかします。2人ともお互いを意識してしまい、その日は結局課題は決まりませんでしたが、シャルールを出て分かれ道までやってくると、2人はなかなか離れようとせず、美絵瑠が春馬と離れるのが寂しくなったと言うと、春馬は意を決して美絵瑠に好きだと告白します。すると、美絵瑠はそれなら家まで送って行ってと言い、春馬が手を繋いで家まで送って行くと、美絵瑠は恥ずかしがってハッキリとは返事をしなかったものの、春馬と恋人同士になったこと自体は認めるのでした。
恋人同士になった2人は、周囲に温かく見守られ(?)、皆の勧めもあって課題を見つけるという名目で休日デートします。そこで、人気店の「和栗のモンブラン」を作ろうということになり、美絵瑠が味を覚えて2人でルセットを作ります。それをかりんに見せると、かりんはそのルセットの再現に驚きます。その「和栗のモンブラン」はかりんがそのお店で働いていたときに考案したもので、若干の違いはあれど、ほぼ同じ物が作れるルセットだったから。しかし、かりんに褒められた美絵瑠ですが、それで安心してしまい、再びやる気を失くして元通りになり、結局春馬1人でモンブランを作ることになってしまいます。その日の放課後、シャルールに寄った時、美絵瑠はそろそろ両親の結婚記念日が近く、2人のために何かしてあげたいから相談に乗ってほしいと春馬にお願いします。両親は毎年結婚記念日に一泊二日の旅行に行っていますが、今年は旅行から帰ってくる日が結婚記念日に当たることから、両親が帰ってくるまでに何か仕込んでおきたいと言います。春馬も快く相談に乗り、2人でどうするか話し合いますが、手作りのお菓子にしようということになり、美絵瑠は前日に春馬がウチに泊まって2人でお菓子を作って当日お祝いしようと提案します。春馬はそれならその前に両親に挨拶してちゃんと許可を貰いたいとその日の内に美絵瑠の家に行きますが、丁度リゼットが帰ってきたため、付き合っていることを報告。すると、自室で盗み聞きしていた父親も姿を現し、2人を驚かせます。しかし、春馬がきちんと挨拶をすると、2人とも交際を認めてくれたどころか、交際記念と銘打って夕飯を御馳走してもらうのでした。
それからリゼット達が旅行へ行き、春馬は美絵瑠の家に泊まり、2人で決めたフランスのお菓子、ガレット・デ・ロワを作ります。そして翌日、両親が帰ってくると、出迎えた2人は結婚記念日を祝って予め作っておいた夕飯を御馳走し、その後、もう1つお祝いがあると言って、ガレット・デ・ロワをプレゼントします。そのお菓子はリゼット達が結婚するキッカケとなったもので、2人はそれを見るなり当時のことを思い出します。その後、ガレット・デ・ロワを4つに切り分けますが、フェーブが当たったのは美絵瑠でした。そして、女王様となった彼女は願い事を言います。「ここにいる、みんなとの幸せな日々を」と。

白咲美絵瑠編 感想
なんというか、ののかちゃん達が2人のことを覗き見してた時のように、微笑ましい光景が延々と続いていた感じでしたw 天邪鬼だからなかなか素直にはならないけど、甘えんぼなところとか可愛かったですね。娘を見ているような感じだったなー。美絵瑠ちゃんの家族も理想的なほどに仲が良くて、見てるこっちも幸せな気分になりますね。ほほえま~(*'∇') ・・・かなり親バカなところがあるけどw
エピローグで2人がなった職業については上手く繋げたなーって感じですかね。春馬の観察眼と調査能力、美絵瑠ちゃんの味覚と再現能力、2人で1つってところがイイですね。あと、両親の写真と同じ構図で写真を手紙と一緒に送ってくるというのも良かったと思います。前半は製菓コースの子たちに生温かく見守られ、後半は美絵瑠ちゃんの温かい家族に迎えられてたので、美絵瑠編のシナリオはなかなか良かったなーと思います。ただ、告白シーンだけが・・・美絵瑠ちゃんの態度が少し曖昧だったのが残念かなって感じです。まぁでも大した問題ではないです。
Hシーンは5回(内オマケHが1回)。貧乳っ子なので興味はないのですが、お漏らしがあったのは良かったです。私にとって、ロリ貧乳っ子の1番の見せ場といったらお漏らしだと思うので・・・だって、おっぱい小さいからそういうところで楽しみを見出さないと!(爆) 出来れば最初からあれば良かったけど、2回分だけでもなかなか良い構図だったので満足です(爆) まぁ~この構図の本番Hを楓花ちゃんの方でやってほしかったなぁ~っていうのはありますが。特にお漏らしHですね。貧乳っ子よりも巨乳っ子でおっぱい見せてほしいなぁ・・・(´ー`)
一般シーンだと、延々と微笑ましかったので、どれが良いというよりかは全体的に良かったですが、ぬいぐるみを抱えたところと、ぬいぐるみに隠れた後にキスするあの一連の流れが1番良いかな。あとはパジャマ姿で甘えてきてピザを食べさせてもらってるシーン。娘がいたらこんな風に可愛がってあげたいと思いました(爆)

これでロリ巨乳だったら文句な(ry

さてさて、お次で最後になります、大園柚姫です~。

「あなたに恋する恋愛ルセット」のあらすじ・感想はこちら↓
橘ののか編】【鍵由楓花編】【白咲美絵瑠編】【大園柚姫編

「あなたに恋する恋愛ルセット」の公式サイトはこちらから↓

ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!

コメント

「あなたに恋する恋愛ルセット」 あらすじ・感想その2 鍵由楓花編

2017年05月28日 00時00分30秒 | アミューズクラフト系

2人目は鍵由楓花でした~。

鍵由楓花 キャラクター紹介
普通科1年B組。春馬とはクラスメイトだが今まで話す機会はなかったため、製菓コースに入って初めて会話をした。
実家は江戸時代から続く老舗の和菓子屋「かぎや」だが、洋菓子主体の製菓コースを選んだ理由は、専門授業の説明会で食べたかりんのお菓子の造形に惹かれたため、かりんに師事したいと思ったから。洋菓子作りに関してはののかや美絵瑠には一歩及ばないが、2人とは違い料理が得意で、いつも自分でお弁当を作ってきている。普通科目の成績も比較的良いが、理数系が大の苦手。
スタイルが良く、言葉遣いが上品で落ち着いた雰囲気を持つ大和撫子風のため男子の憧れの的だが、告白されても全て断っている。性格はマイペースでのんびりしており、人に説明するのが苦手で、説明するときはいつも抽象的な言葉になってしまう。
ののか同様に試食を食べてはカロリーと体重を気にしており、皆で試食を兼ねたお茶会をするときは、いつも2人で涙を流しながらお菓子を食べている。スイーツ全般が好きだが、特に駄菓子が大好き。
今まで将来の進路について、漠然と実家の店を継ぐことになるだろうと考えていましたが・・・。

鍵由楓花編 あらすじ
学園祭のお菓子の家が評価され、「ル・プルミエール・ドゥ・ラ・パティスリー」の主催側から製菓コースの生徒へ参加依頼がきたとかりんから言われ、実力的に妥当とされるののかと楓花が選ばれますが(美絵瑠はやる気なし)、ののかは引き受け楓花は断ってしまいます。その後、ののかは大会へ向けてかりんの指導を受けることになり、他の4人は2組にわかれて1つのお菓子を作ることに。近頃楓花のことを意識し始めていた春馬は、望み通りに彼女とペアを組むことに決まると内心大喜びします。
その後、春馬と楓花は何を作るか話し合いますが、まだ和菓子を作っていないことに気付き、和菓子を作ることに。しかし、今度は和菓子の何を作るかで悩み、最終的にカステラに決まります。カステラは「かぎや」の主力商品だから、ウチに来て食べてみませんかと楓花に誘われたため、放課後、楓花の案内で「かぎや」に行きます。そして、「かぎや」では職人たちから温かく迎えられ、カステラを食べた後、作っているとこを見学し、春馬はその技術力に感動するのでした。
翌日、2人は授業でカステラ作りを始め、お昼も一緒に食べますが、そのときふと楓花が大会出場を辞退した理由を聞くと、楓花は、お菓子作りは大好きだけど、これが自分のやりたいことだというほどの情熱はない、だからああいう大会には自分のような情熱を持たない半端者は出るべきではないと答えます。すると、楓花は断った当初は漠然とした考えで出るべきではないと断ったけど、春馬と話をしているうちに自分の気持ちが分かったからそのお礼がしたいと言い出します。春馬は大したことはしてないからと一度は断ったものの、楓花がそれでは自分の気が治まらないと言ったため、それならお弁当を作ってきてほしいと頼み、楓花はそれを聞いて喜んで作りますと笑顔を見せるのでした。
その後、完成したカステラを皆に食べてもらいますが、かりんや美絵瑠から色々と問題点を指摘され、春馬は自分の未熟さを反省し、もっと上達するためにまたお店を見学させてほしいと楓花にお願いします。翌日、ホームルームで進路調査票が配られたものの、春馬は具体的に何がしたいのか決まっていませんでした。ふと楓花の方を見た春馬は、和菓子屋の娘だけに将来のことは決まっているのだろうと思っていましたが・・・。
昼休み、楓花が約束通りにお弁当を作ってきたため、一緒に食べることに。そして、楓花の作った弁当を食べて絶賛してると、楓花から明日以降も作ってきましょうかと言われたため、春馬は無理しない程度にとお願いします。すると、楓花は明日からも作ってきますと言って昨日と同じく嬉しそうな顔をして笑顔を見せます。その後、春馬がまたお店を見学したいと言っていた件で、お店から了解をもらったことを話すと、楓花はこれからのことを考えているか春馬に聞きます。楓花は自分の進路が決まってないらしく、それを聞いた春馬はてっきり楓花はお店を継ぐものだと思っていたので驚きます。
楓花は経営面ではそれもあり得るかもしれないけど、職人としては難しいと言います。それは「かぎや」の職人は世襲制ではなく実力主義だから。今は一族経営になっていますが、それはしっかりとした実力が認められて成り立っているものでした。楓花はこのままだと何らかの形でお店に関わっていくことになるだろうし、お店や職人さんたちのことは好きだけど、それで良いのかと悩んでいるようでした。春馬はどうしてそう思うのか、好きなお店で働けるならそれでいいんじゃないかと聞きますが、楓花はそれだと流されているだけで自分で選んだ未来ではないような気がしないと堪えます。春馬はそんな楓花に、まだ何も思いついてないとは言ってたけど、自分なんかよりも真剣に将来を見据えているし、お店のことも考えていて凄い、自分も楓花ぐらいしっかり考えたいと言うと、楓花は驚いたような表情を浮かべた後、少し照れくさそうな顔をするのでした。
放課後、再び「かぎや」の厨房を見学した春馬。この日は楓花の祖父もいたため、挨拶を交わします。そして、かりんや美絵瑠に指摘されたことを踏まえ、職人たちの動きを1つ1つチェックした春馬は、次の選択授業まで毎日通いたいと楓花にお願いし、日々お菓子作りの勉強に励みます。そして、次の選択授業では1週間勉強してきたことを実践し、カステラを作り上げ、数日後に寝かせておいたカステラをかりんや美絵瑠に食べてもらい、合格点を貰います。その日の放課後、早速かぎやの職人たちにも食べてもらうと、職人も楓花の祖父も絶賛し、うちに修行に来るかと言われたため、春馬は驚いたものの、プロの人たちに認められたことを喜びます。そして、帰り際に「かぎや」で修行するのも良いかもしれないと楓花に言うと、楓花は喜びますが、その直後、春馬は無意識のうちに「かぎやに行けば楓花がいるから」と言ってしまい、楓花は驚きます。そして、春馬は一度言ってしまったことを撤回せず、その場で思い切って楓花に「好きです」告白します。すると、楓花もあなたのことが好きですと返事をし、2人は恋人同士になったのでした。
2人が付き合い始めた頃には期末テストも近くなってきたため、2人で一緒に勉強しようという話になりますが、2人きりになると勉強に集中できず、ついエッチをしてしまうため、シャルールで勉強することに。そうしてテスト勉強は順調に進められるようになりましたが、本格的にテストが近づくと選択授業でも課題が出されます。課題は今まで通りペアで組んで、チャレンジすること。春馬は初心者の自分では何でも挑戦になってしまうから、楓花が作ったことがないものにしようと提案し、老舗和菓子店の「かぎや」でも作り手が祖父しかいない金平糖に決まります。しかし、学園には金平糖を作る機材がないことから、かぎやにある厨房で作ることになりました。そして、楓花の祖父からも鍋の使用許可を貰い、2人は金平糖の作り方を祖父に教えてもらうことになったのでした。
それからも普通のテスト勉強と金平糖作りを一緒に頑張る2人。しかし、そろそろ進路調査票の提出日も近づいており、未だに楓花が悩んでる様子だったため、楓花が行きたいと言っていた駄菓子屋へ気分転換を兼ねて連れて行きます。すると、楓花は子どものように目を輝かせながら駄菓子を選び、大喜び。しかし、楓花は春馬が自分のためにここに連れて来ていたことに気付いており、駄菓子屋で買い物を済ませて外に出ると、春馬にお礼を言います。その後、かぎやで金平糖作りをしますが、楓花は進路を悩んでいる理由を話します。以前、春馬に自分の将来について話をしたとき、自分が「かぎや」を好きだからお店を継ぐことを考えていたことに気付けたと言いますが、今はそれを悩んでいました。それは、春馬を好きになったから。お店に関わろうとする自分と、春馬と一緒にいたいという自分が繋がらず、どっちを選ぶべきなのか悩んでいました。しかし、いつかどちらかを選ばなくてはいけない時が来るから不安に思ってると話します。春馬もそれは同じだと言い、楓花に1人で抱えないで自分に話して一緒に悩んで考えようと伝えます。すると、その話を聞いていた楓花の祖父が、人の幸せを望むならまずどうすれば自分が幸せになるかそれを考えなさいとアドバイス。2人は祖父のその言葉が今の自分たちのためにあるようなものだと感じ、胸に刻むことにしたのでした。
「かぎや」では毎年、年末になると一泊二日の慰安旅行に行くことになっていましたが、楓花は課題のこともあることから、今年は1人だけ残ることにします。しかし、楓花の祖父は孫を1人で残すのは不安だと言い、さりげなく春馬に視線を送り、その視線の意味に気付いた春馬は、許可が貰えるなら自分が楓花の家に泊まると提案。すると、その言葉を待っていたかのように祖父が春馬の提案に賛成したため、春馬は慰安旅行の間、楓花の家に泊まることになります。そして、夕方はお店で金平糖作りをし、夜は楓花の部屋でエッチをしたり、テレビを観ながらのんびり過ごしますが、そうしているうちに楓花の中で自分のしたいことが固まっていきます。そして、翌日、金平糖がついに完成し、旅行から帰ってきた祖父にも食べてもらい、アドバイスを貰った後、2人はお店を出ますが、その途中で楓花は自分の中で固まった気持ちを春馬に話します。私はあなたに寄り添って生きていたい、あなたを支えて、あなたに愛されて、普通で特別な日々をあなたと過ごしたい・・・あなたの隣で一緒に未来を歩ませてくれませんか?と。すると、春馬はその想いを受け止め、これから先、何があるか分からないけど、楓花が一緒にいてくれるならどんな道だって進んでいける、だから楓花と一緒に生きていきたいと返し、楓花の手を握ります。すると、楓花は手を握り返し、私もあなたの手を握ってこれからもずっと隣にいたいと言って微笑むのでした。

鍵由楓花編 感想
イチャラブ多目なのは良かったですが、なんか中途半端に終わったような気がする。将来について悩んでて若干真面目なお話だったんですけど、エンディングで一緒にいたいとお互いに伝えあっただけで、じゃあ一緒にいるためには具体的にどうすればいいか?までは言及せずに終わってしまっていましたから。結局エピローグで、主人公が「かぎや」で修行を始めて10年後に独立したってまとめられてましたけど、それだったらエンディングのときにそのことを話してほしかったなぁ~と思った次第です。イチャラブを減らして真面目に将来について触れていたのなら、それくらいはしてほしかったという要望なだけで、イチャラブ多目で良かったのは変わらないです、はい。そして、大人版楓花ちゃんがすごく色っぽくなってたので、大人版でHシーンが欲しかった(爆)
楓花ちゃんは大和撫子な印象を受けますが、それは恋人同士になってからも変わらず、主人公のために何かしてあげたいって気持ちがずっとあって、それがまぁ最後のあの結論に結び付いたんでしょうけど、献身的で尽くしてくれる感じがとても良かったですね~。THE・理想の嫁って感じですw 身体もむちむち感があっておっぱいを強調していたのは良かったのですが・・・。
で、問題のHシーンです。Hシーンは5回(内おまけHは1回)。一般シーンでおっぱいを強調してたんですが、やはりというかなんというか、一般シーンでおっぱいを強調しすぎた巨乳っ子はHCGが微妙という私の法則そのままに、あまりおっぱい見せなかったのが残念でした。本番Hでおっぱいを見せたのは初体験、3回目、おまけHの3回。そして、初体験~3回目までは前戯でおっぱい揉みますが、初体験の時は主人公の手が邪魔で右側のおっぱいが隠れてしまい、2回目も同じように主人公の手が邪魔で右の乳首が隠れてしまっている、3回目は主人公の手は邪魔してないけど、今度は服が半脱ぎになってて左のおっぱいが隠れてしまっていると、おっぱい揉むシーンが3回もありながら、全てでどちらか片方のおっぱいを隠すという意味不明なことをやらかしてくれました。1つくらいちゃんと両方のおっぱいを見せるCGがあってもいいじゃないか・・・。そして、4回目のHシーン、待望のパ○ズ○フェ○が!って思ってたら、画面拡大のせいでおっぱいが殆ど見えず(´д`) その後の本番Hは正面から見たバックでしたが、何故か左のおっぱいが画面からはみ出しておっぱい見えず。尚、初体験もおっぱいは見せているものの、主人公の身体が覆いかぶさって楓花ちゃんが脚をあげていて、右胸の乳首のところが若干脚と保護色っぽくなって見えにくいです。正常位なのに横から見せる必要はあったんだろうか?3回目のHはおっぱいは見せてますが、若干主人公の手が邪魔です。そして、CG的には唯一満足したおまけHの裸エプロンはCG的には満足したんですけど、何故か画面拡大する時間が長く、拡大するとおっぱいが見えないのに、フィニッシュも拡大したままだったので、おっぱい見えないまま終わってます。なんだろうね、ここまでHシーンでガッカリしたのは久しぶりですわ。惜しいCGが多すぎでした。
一般シーンの方ですが、HCGではあまり見せなかったくせに、おっぱいを強調したCGが多く、こちらは満足でした。おっぱい膝枕とか最高ですねw あとは、中庭でお弁当を食べるシーン、同じシーンが何度かありますけど、お弁当の中身が毎回ちゃんと変わっているのが良かったですねw こういう細かい部分への気配りは大変良いと思います!

さてさて、お次は白咲美絵瑠です~。

「あなたに恋する恋愛ルセット」のあらすじ・感想はこちら↓
橘ののか編】【鍵由楓花編】【白咲美絵瑠編】【大園柚姫編

「あなたに恋する恋愛ルセット」の公式サイトはこちらから↓ 

ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!

Hシーンには不満はありましたが、イチャラブは良かったです、はい。

コメント

「あなたに恋する恋愛ルセット」 あらすじ・感想その1 橘ののか編

2017年05月27日 00時00分30秒 | アミューズクラフト系

2017年5月発売タイトル第1弾は、ユニゾンシフトの「あなたに恋する恋愛ルセット」でした(*'∇')

体験版をプレイした感じでは甘々な雰囲気が出てて良いなぁ~と期待していました。

店舗特典はこちら。

4人の中でも特に好みだった、ののかちゃんと柚姫ちゃんのどっちにしようか迷っていましたが、ソフマップなら両方あるんじゃね?ってことで、ソフマップで買いました(爆)

あなたに恋する恋愛ルセット 概要・設定等
この作品は、創設されてまだ歴史が浅い私立六華星学園に入学した主人公・二宮春馬が専門授業に今年から新設された製菓コースを選び、同じコースを選んだヒロインたちと出会ってやがて恋に落ちるという恋愛物語。
主人公たちが通う私立六華星学園には「普通科」と「国際教養科」という2つの学科があり、それ以外に1つ「専門授業」という大きな特色がある。「専門授業」導入に当たっては専門棟という別棟が作られたが、この「専門授業」は週に1度、丸1日使ってそれぞれ希望したジャンルに特化した授業を行うというもの。履修期間は1年生の2学期から2年生の3学期までの1年半。この「専門授業」を履修すれば専門学校に負けず劣らずの知識・スキルが見に付くことでも知られ、講師もその道のスペシャリストばかりということもあり、この「専門授業」を目当てに年々入学者が増えている。主人公もその内の1人。
主人公たちが選らんだ製菓コースは新設されたばかりの専門授業。講師は学園長と付き合いが長いかりん先生。基本的にお菓子作りの実習をしつつ、お菓子の歴史などの座学も行い、かりん先生からの課題をこなしていくのが主な授業内容となっている。このコースを選んだのは、主人公の春馬の他に、橘ののか、大園柚姫、鍵由楓花、白咲美絵瑠の5人だけ。当初はもっと多くの生徒が希望していたが、講師のかりん先生が男の娘だと知って引いてしまい、この5人しか残らなかったという経緯がある。
攻略情報としては2回ある選択肢で誰のエピソードを見たいか選ぶだけの簡単なものです。又、TIPS機能があり作中で出てきた用語の解説が見られます(中にはネタ要素満載のものもありますがw)。

あなたに恋する恋愛ルセット 共通ルート あらすじ
夏休みが終わって2学期がスタート。この日は学園集会がありましたが、その後に1年生だけ専門授業の説明会が開かれました。スイーツ好きの二宮春馬は、今年から新設された製菓コースと決めていたため、この説明会には興味津々でした。しばらく説明会が続くと、いよいよ製菓コースの説明となり、製菓コースの講師・かりん先生が檀上に上がりますが、説明するだけじゃ芸がないからと作ってきたお菓子を1年生全員に配ります。そのお菓子はとても美味しく、製菓コースの説明についてはそれだけで十分なほどでした。そして、かりんは明日の体験授業に遊びに来てねとだけ言って説明を終えるのでした。
翌日、1日体験授業の日。春馬は友人たちと一緒に専門棟へと入りますが、その時、春馬は女の子とぶつかってしまいます。その後、製菓授業のある調理室に入ると、昨日のインパクトがあったのか、結構な人数が集まっていて8割方が女子でした。その中には昨日の学園集会で1年生ながらも司会進行をしていた大園柚姫や、クラスメイトの鍵由楓花、そして、先ほど入口でぶつかった橘ののかもいました。チャイムが鳴り授業が始まると、かりんが小さな女の子を連れて調理室に入ってきます。美絵瑠と呼ばれた女の子は最初は嫌がったものの、かりんに説得され、しぶしぶ授業を受けることにしました。その後、かりんが自己紹介をしますが、男の娘であることが発覚すると、春馬たち生徒は驚くのでした。
午前中は他にも色々と授業を見て回りましたが、春馬はやはり製菓コースにしようと、午後も製菓コースを受けることにしますが、かりんの正体を知ったせいか、朝とは打って変わって集まった生徒が激減し、ののか、柚姫、楓花、美絵瑠、春馬のみになっていました(美絵瑠に関してはそのまま調理室で寝てただけですが)。かりんは集まった生徒たちにそれぞれ自己紹介と製菓コースを選んだ理由を話してもらうことにし、それぞれ自己紹介します。そして、春馬は体験授業の翌日、専門コースを選択して申請書を提出するのでした。
そうして迎えた翌週の水曜日。この日は専門授業の初日でした。パティシエ服が配られ、さっそく実習に入ります。最初はクッキー作りで、経験者であるののか、楓花、美絵瑠の3人は自由に、未経験者の春馬と柚姫はかりんの用意したルセットを見ながら作ることになりました。柚姫は何もかも初めてだったことから、同じルセットで作る春馬に協力して一緒に作ろうと提案。春馬もそれを了承し、2人で作ることに。春馬はなんとか成功したものの、柚姫は失敗し、落ち込んでしまいます。午後は午前中に作ったお菓子を食べながら今後の授業の進め方や雑談で盛り上がり、専門授業初日は終わりますが、かりんからもっと親睦を深めるようにと言われたため、放課後全員で春馬オススメのお店に行くことにします。
春馬が選らんだ場所は入学したときに見つけた「カフェ・シャルール」という名のお店で、今では常連となっていました。お店に入ると顔見知りのウェイトレス・梶浦聖が出迎えますが、ののか達を通した後、春馬を引き留めモテ期が来たの?と冷やかします。その後、春馬オススメのタルトを注文し、皆で改めて自己紹介をして親睦を深めます。話している間にかりんも加わりますが、タルトが美味しかったため、パティシエに興味を持ったかりんが聖にお願いして兄の洸を紹介すると、かりんはイケメンな洸を見て急に態度を変え、ナンパします。一方、今日1日ずっとスイーツを食べていたことに気付きカロリーが気になったののかと楓花は泣きながらもタルトを食べるのでした。
それから1ヶ月が経過した頃、中間テストの期間が近づいてきたため、かりんから製菓コースでもテストをやると言われ、課題を出されます。それは「自分の好きな物を作る」というもの。お菓子作りに関して初心者の春馬と柚姫はののか達にアドバイスを受けることになり、逆に勉強が苦手なののかは柚姫から教えてもらうことになりました(春馬は両方ダメですが)。そして、皆で集まってそのことを相談したとき、春馬が課題に選んだガトーショコラについて、何故それを選んだのか皆が不思議に思ったため、春馬はその理由を話します。
春馬は小さかった頃、近所にあった小さなケーキ屋のケーキをいつか食べてみたいと思っていました。小さい子にとってケーキ1個分のお金でも大金だった上、買い物をしたこともなかった春馬でしたが、ある日親戚の人から親に内緒で臨時のお小遣いをもらいます。春馬はこのお金があればケーキが買えると思ってケーキ屋さんに行きますが、その日は買うことが出来ませんでした。何故ならお店の前に自分よりも大きな大型犬がいたから。しかし、諦めずに何度も挑戦して、ようやくお店に入ります。その時、初めて買った物がガトーショコラでしたが、これを選んだ理由は単純で元々チョコレートが好きだったから。その後、春馬は初めて買い物出来たことが嬉しくて、家に帰る前に公園でそのガトーショコラを食べてしまいます。それからというもの、春馬はお小遣いが貯まるとそのケーキ屋さんに行ってケーキを買うようにしていました。これがスイーツ男子誕生のキッカケだったのでした。
その後、春馬はそのお店の常連になりそのお店の近所にいた女の子とも親しくなりましたが、春馬は親の都合で引っ越してしまい、実際の距離はそれほどは離れてはいなかったものの、子どもにとっては遠かったため、そのお店に行くことは出来ませんでした。しかし、中学生になった頃、自転車に乗ってそのお店の場所に行ってみると、別の建物に変わってしまっていました。そんな話をしていると、ののかがおもむろに1枚のカードを取り出します。「Patisserie Petit Bonheur(パティスリー・プティ・ボヌール)」と書かれたそのカードを見た春馬はお店の名前を思い出しますが、そのお店がののかの両親がやっているケーキ屋だと聞いて驚き、更に春馬といつも一緒にいた女の子がののかだと知り、再び驚きます。ののか両親のお店は春馬が引っ越した後、通り1つズレた場所に移転していました。その為、春馬には見つけられなかったのです。美絵瑠はそれならののかのお店に行ってガトーショコラを食べてルセットを作ろうかと提案しますが、春馬は思い出の物だから自分がしっかり実力を付けてから挑戦したいと言って断り、まずは基本的なルセットで課題に臨むことにしたのでした。
それから春馬と柚姫はののか達のアドバイスを受けながら練習を重ね、テストは無事合格します。続いて中間テストがありましたが、こちらも柚姫を中心として勉強会を何度も開き、勉強が苦手なののかや春馬は無事テストもクリア。そして、テストが終わると今度は学園祭があるため、製菓コースでも何か出し物をやろうという話になり、皆で話し合った結果、美絵瑠が適当に言ったお菓子の家をコンセプトにしたカフェにすることになりますが、お菓子の家のデザインがなかなか決まらず何も出来ずに数日が過ぎてしまいます。そして、このままでは決まらないからと、学園長から宿泊を許可され、翌週の週末に学園でお泊り会をすることになりました。この頃には気になる子ができていた春馬は、淡い期待を寄せてお泊り会に参加。そして、美絵瑠が主導したおかげで何とかデザインも決まります。その日の夜、女子たちは保健室で寝ることになりましたが、そのとき恋バナになり、好きな人がいるかどうかの話で盛り上がり、春馬に好きな人がいるか気になりますが・・・。
学園祭の準備は順調に進み、いよいよ当日を迎えます。そして、学園祭が始まり、最初は客は来ませんでしたが、柚姫の宣伝が上手くいき、昼ごろになるとお店は大繁盛。皆で作ったお菓子の家のデザインプレートやかりんが作り上げたお菓子の森は大好評で、学園祭の終了よりも早く材料が無くなってしまい、お店を閉店することになりました。そして、片付けが終わると夜になっていて、皆でそのまま打ち上げをすることに。夜に花火が打ち上げられることから、かりんが普段は使えない屋上の鍵を借りてきたため、屋上に移動して、打ち上げパーティをしながら花火を堪能。こうして、製菓コース初の学園祭は大成功で終わるのでした。

・・・と、いうわけで、1人目は橘ののかちゃんでした(*´Д`*)b

ピンク髪の巨乳は大好きです!!しかも、ゆるふわ系!最高です!!

橘ののか キャラクター紹介
普通科1年B組。実家が洋菓子店を営んでおり、将来の夢はパティシエと公言している。製菓コースを選んだ理由はお菓子が大好きだから。お菓子は食べるのも作るのも大好きで普段からお菓子作りをしている。天才型の美絵瑠とは反対に努力して上達していったタイプ。しかし、一方で料理は全然上達しない。
いつも元気いっぱいでいつもニコニコ笑顔。感情表現も豊かでリアクションもいつも大げさ。その明るい雰囲気から製菓コースのムードメーカーとなっている。お菓子作りは大好きだが座学・・・というより勉強全般が苦手。
お店でパティシエをしている父親に憧れており、父親のことが今でも大好きで、ののかにお菓子作りを教えたのも父親。お菓子は好きだが、特に父親の作ったお菓子が大好き。
お菓子作りが好きで何度も作っては試食を繰り返しており、いつもカロリーと体重を気にしているが、スイーツが食べることも好きなのでなかなか止められず無限ループに陥っている。
彼女がパティシエを目指そうと思ったキッカケは、幼い頃、自分が初めて作ったカップケーキ(マフィン)を食べた男の子が「美味しい」と言って笑顔を見せてくれたからだったが・・・。

橘ののか編 あらすじ
学園祭で出したお菓子の家が市の関係者にも評価され、「ル・プルミエール・ドゥ・ラ・パティスリー」というパティシエを目指す若い人たちの登竜門となっている製菓大会への参加を薦められた春馬たち。しかし、製菓コースのメンバーの中でパティシエを目指しているのがののかしかいなかったため(美絵瑠は面倒になるからとパス)、ののかだけが参加することになります。
ののかの大会への参加が決まったところで、シャルールに集まって大会への対策を考えますが、ののかがコンテストに出るのは初めてだったことから、実際に大会に出た洸にアドバイスをしてもらいます。しかし、洸は無自覚な天才型のため、あまり良いアドバイスが出来ないからかりんに相談した方が良いと言われ、早速かりんに相談します。すると、賞を取ることよりも自分の好きなものを作って大会に挑戦することを楽しんだ方が良いとアドバイスされ、ののかは自分が1番好きなショートケーキを作ることに決めたのでした。
その後、春馬はののかの両親のお店のガトーショコラが食べたくなったため、ののかに連れてってもらうようにお願いしますが、緊張感を出していたからか、ののかに告白するものと勘違いされてしまい、美絵瑠たちからも冷やかされてしまいます。その後、美絵瑠たちは春馬とののかに要らぬ気を遣って2人きりにしますが、2人とも先ほどの勘違いが尾を引いて少々話しづらい雰囲気になってしまいます。それでも、ののかの家の近くまで来ると見覚えのある光景に春馬もいつもの雰囲気に戻ります。そして、ののかの両親のお店「パティスリー・プティ・ボヌール」に着くと春馬は感動しののかの母親に挨拶した後、ガトーショコラを注文します。
ガトーショコラを受け取った後、ののかの部屋で落ち着いて食べることになりますが、思い出の方が美化されすぎていたらと思うと怖くなってしまいます。しかし、ののかに期待は裏切らないと言われ、意を決して食べてみると、自分がずっと求めていた味がそこにあり、泣きそうなくらいに感動します。ガトーショコラを食べ、ののかにお礼を言って帰った春馬ですが、彼女の部屋にあがったことを思い出し、ののかともっと仲良くなればあの部屋に遊びに行く機会も増えるだろうかと思い、次第にそれが“ののかともっと仲良くなるには、どうすればいいんだろう”というものに変わって行ったのでした。
それからというもの、皆に協力してもらい、ののかのショートケーキは完成し、かりんや美絵瑠にも高い評価をもらいます。そして、予選の日にののかはかりんと一緒にケーキを手提出しに行きますが、その帰りにかりんから春馬のことが好きかと聞かれて慌てます。そして、かりんに幸せは待ってるだけじゃやってこないと言われます。一方、春馬は頑張ったののかに自分の作ったケーキをプレゼントしようと案を考えていましたが、ののかと1日会っていないだけで寂しい気持ちになってしまい、ののかが帰って来たと楓花から聞くとすぐに会いに行き、声をかけます。しかし、声をかけてどうするかまでは考えていなかったため、咄嗟にまたガトーショコラを食べに行きたいと言い、放課後一緒に帰ることになりますが・・・。
ののかの家に向かう途中、最初はお互い意識してしまい多少ギクシャクしてしまいますが、スイーツの話をしているうちに今までの雰囲気に戻っていました。その後、春馬はののかのお店でガトーショコラを買いますが、この日はののかはお店の手伝いがあることから、その場で解散となり、春馬は駅へ向かいます。しかし、かりんからの恋愛指南を受けたののかは、このままじゃダメだと思って、春馬を追いかけ、自分の気持ちを伝えようとしますが、最初は言うことが出来ず、今まで大会のことで色々と手伝ってくれたことへの感謝の気持ちだけ伝えます。告白だと思って少し期待していた春馬は、伝えるのは今じゃないと思い、再びののかと別れて駅へと向かいますが、それを再びののかが呼び止め、今度は「あなたが好き」と告白に成功。春馬も自分の気持ちが抑えきれなくなり、彼女の元へ駆け寄り、自分も好きだと返事をします。こうして、2人は恋人同士になったのでした。
春馬は以前から大会へ向けて頑張っているののかのためにガトーショコラをプレゼントしようと密かに練習しており、予選の結果が出る前日にようやくガトーショコラを完成させます。翌日、ののかの大会の結果は出ますが、残念ながら予選突破はなりませんでした。しかし、ののかは自分が精一杯やったという結果に満足しており、落ち込んでいませんでした。放課後、春馬はののかを自分の家に誘い、残念会をやろうと言って、彼女を家に連れていきます。そして、春馬が自分で作ったガトーショコラをののかに出すと、ののかは本当ならお祝いのつもりで出すつもりだったのだろうと見抜きます。彼女は落選したこと自体はショックではなく、皆の気持ちに応えられなかったことを申し訳なく思っていました。だから、皆の前では落ち込んだ顔を見せずに笑顔を見せていました。自分が落ち込んだら皆も暗くなってしまうから・・・皆で楽しく笑っているほうが好きだから。それを聞いた春馬は、それならののかにはずっと笑っていてほしい、自分もただののかが頑張ってきたことに対して何か出来ないかと思ってガトーショコラを作っただけだからと伝えると、ののかはありがとうとお礼を言って笑顔を見せ、春馬が作ったガトーショコラを食べます。
大会に出てみて、自分のために作るよりも誰かのために作る方が良いと実感したののか。彼女が自分よりも誰かの為に作りたいと思うようになったのは、幼い頃に自分が作ったケーキを食べて笑顔を見せてくれた春馬のことがあったからでした。春馬はののかが言っている人が誰か分からず、その人がののかの初恋の相手と聞いて気になりますが、ののかから鏡を見ればその相手にすぐ会えると言われ、驚きます。そして、ののかは春馬が引っ越したのは寂しかったけど、それでもお菓子作りを続けてそのお蔭で再会できた、今こうして一緒にいられることが幸せと伝え、春馬もののかがいない生活は考えられないと言い、2人はキスをして結ばれるのでした。
初体験を済ませ、順調に交際が続いていたある日、かりんから2人にウェディングケーキを作ってほしいと依頼されます。かりんは学園長から知り合いの結婚式でお菓子の飾りつけをしてほしいと依頼されていましたが、その発注内容にウェディングケーキがないことに最近になって気付き、飾り付けの段取りで手一杯だから代わりにののかにウェディングケーキを作ってほしいということでした。ののかはそれを聞いて、1人じゃ不安だから春馬も一緒にやれるならという条件で引き受け、2人でウェディングケーキを作ることになりました。しかし、その結婚式が来週の土曜日ということを聞き、2人はあまりに期間が短いことから驚きます。ののかは時間がないことには驚いたものの、その日披露宴に出席した人たちにそのケーキを食べてもらえるという話を聞いて、自分の作ったケーキで皆を幸せにできると張り切ります。誰かのためにケーキを作って人を笑顔にする、それはののかが1番望んでいることだから。そして、2人でアイディアを出し合い、かりんからもアドバイスを受け、2人で作ったウェディングケーキは無事完成。そして、式場で新婦にそれを見せると、新婦は泣いて喜び、新婦の笑顔を見られた2人はいつか自分たちの結婚式のときもこうしたいと約束するのでした。
その後、2人はののかの部屋でお疲れ会と称してエッチをしますが、エッチした後、春馬は自分のやりたいことが見つかったと、これからのことを話します。今までお菓子が好きというだけだったけど、ののかと再会して恋をして、いつからかののかの夢を支えたいと思うようになった・・・これからもののかと一緒にいたい、だからさっきの約束を叶えて、幸せになれるルセットを2人で紡いでいきたいと伝えます。そして、将来の約束をした2人は、その約束の印にキスをします。そして、それから数年後。かりんのアシスタントとして働いた後、駅前に小さなお店をオープン2人は結婚して自分たちで作ったウェディングケーキで皆と幸せを分け合い、約束を叶えるのでした。

橘ののか編 感想
うむ、イチャラブオンリーというコンセプト通り、甘々なイチャラブ恋人生活が楽しめる内容でした。それだけじゃなく、パティシエになって自分の作ったケーキで人を笑顔にしたいというののかちゃんの夢、その夢を持つキッカケとなった春馬との出会いと再会、初めてコンテストに出場して改めて気付いた自分が本当にやりたいこと・・・ののかちゃんの夢とそれを実現するための努力もちゃんと描かれていて、内容はとても良かったと思います。恋人になる前のもどかしい感じも、再会系幼馴染ですし、幼馴染特有なものがあって良かったです。恋人になった後はメインシナリオ部分が若干アッサリしていたけど、ずっと2人きりでイチャラブしているので満足しました。
ののかちゃんは人を笑顔にする天才ですね。素直な彼女を見ているだけでも癒されるし、一緒にがんばろーって気にさせてくれる。感情表現が豊かなのでリアクションとか見てて飽きないですし、ちょっと危なっかしいところも支えてあげたいと思うし、お嫁さんにしたいヒロインですなぁ~。可愛かった(*´Д`*)b ところで、料理の腕は上がったのかしら・・・?w
Hシーンは5回。内クリア後に見られるおまけHシーンが1回。4回目のHで2連続本番があるので、本番Hは6回です。1回目の正常位、2回目の騎乗位はおっぱい見せて大変良かったです。4回目も最初のバックは若干左の乳首が隠れちゃってて残念でしたが、その後の正常位では再びちゃんと見せてくれたので、この3回については満足でした。最後のHシーンは片方のおっぱいが隠れてて残念だったなー、せっかくのウェディングHだったのに。問題は3回目の保健室H。対面座位なんですが何故CGを2枚用意した・・・?最初のCGのままで良かったじゃん。おっぱい見せてたじゃん!!何故挿入後は背中からのアングルになっちゃうの!?!?!?3回目だけはどうしても納得いかねぇ!!それから、2回目のHでフェ○はあるけど、パ○ズ○系がなかったのも残念。フェ○のときも片方おっぱい隠れてたし・・・。不満というわけじゃないけど、もうちょっとおっぱい見せてほしかったかなーって感じですわ。
一般シーンだと、やっぱり最後の結婚式かな。ののかちゃんのウェディングドレスが見られただけじゃなく、柚姫ちゃんが司会進行をしていたり、製菓コースの皆の相変わらずのやり取りも見られて楽しかったです。あとは恋人になってからの勉強会。最終的にHしちゃうけど、その前のののかちゃんが主人公の目線に気付いて上目遣いでこっちを見てる絵は大変よろしいと思います!ただ、主人公が座ってたらああいうアングルにはならないと思うけど、細かいことを気にしてはいけないw あとは、ののかちゃんが貧血で倒れた後、お姫様抱っこで保健室のベッドまで運んで、ののかちゃんが寝付けなくなっちゃうシーン。ののかちゃんがベッドの中で悶えているのが大変可愛くてニヨニヨしてましたw もう1つは告白シーンかな。主人公もうちょっとしっかりせいとは思ったものの、ののかちゃんの健気な告白っぷりに心を打たれました。最初は感謝の気持ちしか言えなくて、それじゃダメだって思ってすぐに告白し直すという2段攻勢が良かったです。
パ○ズ○系が見られなかったのは残念だけど、可愛いののかちゃんがいっぱい見られて全体的には満足でした(*´Д`*)b

さてさて、お次は鍵由楓花です~。

「あなたに恋する恋愛ルセット」のあらすじ・感想はこちら↓
橘ののか編】【鍵由楓花編】【白咲美絵瑠編】【大園柚姫編

「あなたに恋する恋愛ルセット」の公式サイトはこちらから↓

ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!

ののかちゃん可愛かったよー、癒されました(*´Д`*)b

コメント

「ナツイロココロログ」 臣苗鈴フルカラーTシャツ夏ver&アクリルモバイルスタンド

2017年05月15日 00時00分30秒 | アミューズクラフト系

「ナツイロココロログ」、Character1 2017グッズを買いました(*'∇')

まぁ毎回、我が妹の鈴ちゃんばかりで申し訳ないですが、そこはもう鈴ちゃんが大好きなので仕方ないですね(*´Д`*)b

1点目はこちら。

鈴ちゃん&リンちゃんのフルカラーTシャツ夏verです~。鈴ちゃんの水着姿ですわ!(*´Д`*)b
表面はリンちゃんがメインですが、後ろは鈴ちゃんですね。しっかり者の鈴ちゃんも、甘えんぼなリンちゃんもどっちも大好きな妹です!(*´Д`*)b
鈴ちゃんは可愛いぞ!(*´Д`*)b

2点目はこちら。

アクリルモバイルスタンドです~。
鈴ちゃんは結構制服姿がよく似合ってるよなぁって思うけど、どの服でも可愛いので、最早どれでもいいです(爆)
鈴ちゃんは可愛いぞ!!(*´Д`*)b

今回は以上~。

ロロログHSの後は秋編とか冬編とか春編とか続くんですかね(爆)
鈴ちゃんをずっと愛でていたいので、また続編を出してほしいです!w

鈴ちゃんは可愛い(*´Д`*)b

「ナツイロココロログ」のあらすじ・感想はこちら↓
臣苗鈴編】【七国小都音編】【名城綺新編】【常磐久遠編】【梅宮香奈恵編】【HappySummer

「ナツイロココロログ」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
電気外祭り2015冬グッズ】【Character1 2016グッズ】【ロロログカフェタペストリー
発売記念タペストリー&臣苗鈴マグカップ】【臣苗鈴×リン抱き枕カバー(添い寝CD付)
応援バナーキャンペーン当選:白もち桜先生直筆サイン入りポスター
2016夏イベントグッズ】【コンプリートサウンドトラック】【七国小都音&ライ抱き枕カバー
臣苗鈴マグネットステッカー【臣苗鈴もふもふブランケット&手帳型スマホケース&モバイルバッテリー

「ナツイロココロログ~Happy Summer~」の公式サイトはこちらから↓ 

Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!

鈴ちゃんの単独グッズならばいつでもお待ちしておりますぞ!今度はアレかな、おっぱいマウスパッドとかかなw

鈴ちゃんは可愛い(*´Д`*)b

コメント