こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「妹ぱらだいす!3」 体験版 あらすじ・感想

2017年11月24日 00時00分00秒 | MOONSTONE系

2018年1月26日発売予定、MOONSTONEcherry最新作「妹ぱらだいす!3」の体験版をプレイしてみました(*'∇')

伊東ライフ先生が月石を退社されたので、もう続編は無いものと思っていた妹ぱらの最新作です。絵師は替わっていますが、特に気にするほどでもないかなって思います。

妹ぱらだいす!3 概要
5人の妹たちとひたすらイチャイチャするお話です(爆)
このシリーズ、歴代の妹たちが親になっていると思われるので、三作目ともなると相当血が濃くなってるんではないかと思われる・・・w

妹ぱらだいす!3 キャラクター紹介
七瀬祐一(名前のみ変更可)
本作の主人公。七瀬家の長男。5人の妹を愛するエッチで変態なシスコンお兄ちゃん。
いつも妹の桜ちゃんに起こしてもらい、桜ちゃんの手料理を食べられる羨ましいヤツ(爆)

七瀬桜

七瀬家五姉妹の長女。不在がちの親の代わりに家事を任されているため、料理はお手の物。お兄ちゃんのお世話をするのが大好きな母性たっぷりの妹で、皆のお母さん役。
エッチに対する恥じらいはあるが、“お兄ちゃん大好き”という気持ちが全てを上回るため、時々すごく大胆な行動をすることがある。
祐一のことは「お兄ちゃん」と呼ぶ。妹+お兄ちゃん呼び+家庭的+世話焼き好き+ピンク髪ロング+巨乳+甘々花澤さくらボイスと完璧な妹である(*´Д`*)b

七瀬理香

七瀬家五姉妹の次女。真面目な性格でしっかり者。打てば響くので兄や妹のざくらからイジられやすい。胸が小さいことを気にしている。ツンデレ気味で兄の事が大好きなのに素直になりきれない。
祐一のことは「兄さん」と呼ぶ。次女は前作、前々作と巨乳枠だったのに何故ちっぱいにしたヽ(`Д´)ノ!?

七瀬ざくろ

七瀬家五姉妹の三女。一見すると大人しそうに見えるが、少々変わり者で非常識な行動をすることが多く、小悪魔系で祐一はよく振り回されている。妹の陽春ほど分かりやすいわけではないが、搦め手で兄に好意を伝えてくる。
兄のエロ本の隠し場所を全て知っていて兄の性癖を理解している。既に官能小説家としてデビューしている立派な作家さんでもある。トマトが嫌いでよく日向に押し付けている。
祐一のことは「兄さま」と呼ぶ。

七瀬陽春

七瀬家五姉妹の四女。元気一杯で七瀬家のムードメーカー。悪戯好きで生活習慣は少しだらしない。ことある毎に兄を誘惑してきて、姉妹の中では1番ストレートに兄に気持ちをぶつけてくる。
運動するのが好きでテニス部に所属し活躍中。他に漫画、ゲーム、昼寝が大好き。良く食べ良く寝る健康優良児。普段はあまり女の子らしい素振を見せないが、女の子扱いされると照れるという可愛い一面がある。
ボクっ子で祐一のことは「おにぃ」と呼ぶ。

七瀬日向

七瀬家の末っ子。庇護欲を搔き立てる頑張り屋さんで姉妹の中では1番ピュアな性格。兄だけに限らず、姉たちからも可愛がられている。
桜の手伝いをしていることが多いが、ドジっ子なのでミスが多い。身体が小さくて幼く見えるため祐一に子ども扱いされることが多く、お兄ちゃんに女の子として見てもらいたい日向はそれが少し不満に思っている。でも、お兄ちゃんに撫でられるのは好き。
自分のことを「ひな」と言い、祐一のことは「お兄ちゃん」と呼ぶ。

妹ぱらだいす!3 体験版 あらすじ
朝、妹たちと仲良くしている夢を見ていた七瀬祐一は、長女の桜に起こされます。その後、朝の支度がある桜に陽春を起こしてほしいと頼まれたため、祐一は四女の陽春の部屋に向かいます。陽春は少しだらしない恰好で寝ていましたが、祐一がしばらく観察していると、起きていた陽春は祐一に抱きつき、祐一は陽春の胸に押し潰されて気絶してしまうのでした。
陽春を起こした後、顔を洗おうと洗面所に行くと、そこには次女の理香がいました。祐一は反応が素直な理香をからかうと、理香は怒りますが、祐一が使ったタオルを渡されるとその匂いを嗅いで嬉しいと呟き、祐一に何が嬉しいんだと聞かれると、恥ずかしさから祐一から離れて自分の部屋へと戻ってしまいます。理香の気持ちに何も気付いていない祐一は、理香の行動を不思議に思いつつリビングに行くと、そこには桜のお手伝いをしている日向がいました。
桜は用事があって席を外していて、日向は一所懸命に頑張ってお手伝いをしようとしていましたが、ドジっ子の日向は少し失敗をしてしまいます。しかし、すぐに気を取り直して上手に出来るところを祐一に見せると、祐一は頭を撫でて褒めてあげますが、日向も撫でてあげたいと言って祐一の頭を撫で、祐一が毎日でもしてほしいと半ば冗談で言うと、日向はあっさり良いよと答えるのでした。
その後、まだ会っていない三女のざくろの部屋へ様子を見に行った祐一ですが、ざくろに散々振り回された後、ざくろと一緒にリビングへと戻り、兄妹揃って桜が作り日向が手伝った朝食を食べます。朝食を食べた後、日向が転んで牛乳を被ってしまったため、日向をお風呂に行かせ、着替えは桜に頼み、祐一は掃除をしますが、日向がお風呂から戻ってくると、お兄ちゃんから牛乳の匂いがすると言われたため、祐一もお風呂のシャワーで匂いを落とそうとお風呂場に入ると、そこにはシャワーを浴びている桜の姿がありました。祐一はしばらく桜に見惚れてしまい、桜も満更ではない様子でしたが、さすがにこのままでは身体を洗えないため、祐一は風呂場を追い出されるのでした。
その後も妹たちと色々あって祐一は妹たちのことを妹としてではなく女の子として見ていることに気付き、自分の気持ちに素直になって、夏休みの間に妹たちとの関係をもっと深めようと心に誓うのでした。

妹ぱらだいす!3 体験版 感想
絵師は替わったけど、内容的には今までの作品と同じですね。個性的な5人の可愛い妹たちとイチャイチャできるお話です。今まで通り、基本的にエッチメインになると思われるので、シリアスはほぼないから安心だと思います。絵もそんなに違和感ないですし。妹好きなシスコンお兄ちゃんにオススメw
妹は5人ですが、自分は1作目からずっと長女が1番好きなんですよね~。ピンク髪ロングで家庭的で世話焼き好きな妹。最高です。1作目は普通乳でしたが2作目からは巨乳になったので非常に嬉しいですw 今回の桜ちゃんは声が花澤さくらさんですし、過去最高の妹になったと思います!花澤さくらさんの声のお蔭で母性溢れる妹って雰囲気になって非常に良いです。この声で「お兄ちゃん」は破壊力抜群ですw
あとはおっぱいが大きい四女の陽春ちゃんかな。おっぱいは重要ですが、こういう元気な妹も好きですね。呼び方は「おにい」ですが、リアル妹からもそんな風に呼ばれているという点はポイント高いです(爆) まぁでもやはり四女はおっぱいが素晴らしい。あとはおっぱいがいっぱい揺れるアニメーションがあることを期待しますw
妹的な感じで言えば、桜ちゃんよりも日向ちゃんかな。この子は貧乳だけど妹だから問題なしです!気弱な感じで守ってあげたくなる妹も好きw 頭を撫でて愛でてあげたい(*´Д`*)b
Hシーンはそれぞれ1回ずつ見られますが、個人的にはやはり桜ちゃんと陽春ちゃんが要チェックです。桜ちゃんの初体験は正常位のアニメーション付で文句なしでした。陽春ちゃんは騎乗位で最初は素股だったのが残念ですが、それでもおっぱいは見せてたので満足。あとはアニメーションHでおっぱいが揺れることを期待していますw そのアニメーションに関しては過去2作品と比べると流石に進歩してて滑らかになってましたね。若干尺が短いのは気になりましたが、その分1回のエッチで2度するので、それでバランス取ってる感じかな。桜ちゃんと陽春ちゃんに関してはおっぱいいっぱい見せてくれることに期待。他の子も見せてくれると嬉しいですけど、特に巨乳枠はちゃんとおっぱい見せてほしいです。
そういえば、断面図が移動できて、尚且つ、断面図だけアニメーションで動くんですね。今までのエロゲは断面図がおっぱいを隠したりして邪魔だったから消してることが多かったけど、移動できるのならONにしたままでもいいかな?って思います。どうせなら全てのHCGをアニメーションにしてほしいですけどねw
まぁそんな感じで。全体的には今まで通りで良かったですが、今作で残念な点と言えば、巨乳枠が1人減ったことですかね。2では3人に増えたのに。まぁそれでも巨乳枠が次女1人だけだった1よりもマシか。でも今まで巨乳枠だった次女が貧乳枠になったのは非常に残念。まぁ巨乳2人+普通乳1人+貧乳2人でバランスは取れてるんですけどw
ともあれ、桜ちゃんがとても気に入ったので、発売日を楽しみにしていますわ(*'∇')b

「妹ぱらだいす!3」の公式サイトはこちらから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms21/

コメント

「妹ぱらだいす!3」 店舗特典情報

2017年10月01日 12時00分00秒 | MOONSTONE系

2018年1月26日発売予定MOONSTONEcherry最新作「妹ぱらだいす!3」の店舗特典情報が公開されています(*'∇')

※ソフマップは他にもう1点企画中の特典有り。

桜ちゃん派の私にとっては、ソフマップしかない!!w

まぁでも、店舗特典が特定のキャラに偏らず、全員分揃っているのは良いですね、やはり。他のエロゲもそうしてほしいものです。

ともあれ、アニメーションがどう変わったのかとか色々確認したいので、早く体験版公開されないかなぁ~(*'∇')

「妹ぱらだいす!3」の公式サイトはこちらから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms21/

コメント

気になる新作タイトル2017年その11:「妹ぱらだいす!3」

2017年09月08日 12時00分00秒 | MOONSTONE系

気になる新作タイトルのコーナー!

今回はMOONSTONEcherry最新作「妹ぱらだいす!3」です。

妹ぱらシリーズとしては何年かぶりの新作です。

伊東ライフ先生が月石を退社されたので、もう続編は出ないものだと思っていましたが、キャラクター原案という形での参加で、原画は他の方が担当されるみたいですね。

パッと見、あんまり違和感なかったけどw

見た感じではやはり前作の子供たちっていう設定かな?3世代近親相姦って相当血が濃すぎててかなり危険だと思うのですが・・・w 特に長女は祖父母まで全部同じになりますからね・・・w
キャラ設定は前作までのものをそのまま受け継いでいるので、性格は母親たちに似ています。これは前作も似たような感じですね。
もちろん、今回もアニメーションはあるみたいです。もう少し綺麗な画質になってると嬉しいかな。2までのアニメーションはちょっと荒かったので、改善していることを期待したいです。

尚、5人の妹の名前ですが、上の画像で左から七瀬陽春(CV:水瀬ゆき)、七瀬理香(CV:結城ほのか)、七瀬桜(CV:花澤さくら)、七瀬日向(CV:赤井リア)、七瀬ざくろ(CV:みたかりん)です。

自分は1からずっと長女のピンク髪の系譜が好きなんですが、今作も同じく長女のさくらちゃんが好きですね~。1作目こそ普通乳だったものの、2作目からは巨乳になって呼び方も「お兄ちゃん」になってくれたのが嬉しいです。ピンク髪の巨乳で「お兄ちゃん」呼び。しかも家庭的!最高です。っていうか、花澤さくらさんの声で「お兄ちゃん」って呼ばれたら悶え死ぬこと必至ですw 早くボイス聞きたいw

2作目から巨乳枠になった元気っ子な妹が2番目に好きかな。ロリ巨乳だし。1作目では貧乳枠だったんですけど、2作目で隔世遺伝が起こったのか巨乳枠になったんですよね。もしかしたら長女より大きいかも?パ○ズ○フェ○があることは確定っぽいので、Hシーンに期待。

ただ・・・ツンデレ枠が今回は貧乳になってしまったのが残念。1作目と2作目は巨乳だったのに・・・巨乳枠が3から2へ減ったのは非常に残念です・・・。

まぁとりあえず、5人の妹たちとエッチ多目なイチャイチャをしたい人にはオススメの作品ですなぁ。

「妹ぱらだいす!3」の発売は2018年1月26日。自分はもちろん桜ちゃんの店舗特典のところで買いますよw

「妹ぱらだいす!3」の公式サイトはこちらから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms21/

コメント (2)

「ユウワク スクランブル」 体験版 あらすじ・感想

2016年07月20日 00時05分53秒 | MOONSTONE系

2016年8月26日発売予定MOONSTONE Honey最新作「ユウワク スクランブル」の体験版をプレイしてみました。

ユウワクスクランブル 概要
母親が再婚したため、その再婚相手の家で暮らすことになり、10年ぶりに朝風市にやってきた主人公・星見陽人(名前変更可)が、再婚相手の連れ子の三姉妹との同居生活を始めるというラブコメです。
あとはまぁ、システム等はMOONSTONE系列共通のものと言えますが、今回スクショ機能とスナップモードという機能の2つが付きました。スナップモードは今現在喋ってるヒロインにだけスポットが当たるというものです。こんな感じに。

このように誰が喋ってるのかとか表情の変化とかをより分かり易くする機能とのことですが、OFFにすることも出来ます。それぐらいですかね。

ユウワクスクランブル 体験版 あらすじ
母親が再婚し、再婚相手の家で暮らすことになった陽人。しかし、母親が再婚相手と新婚旅行で世界一周に行くことになったため、いきなり再婚相手の連れ子と一緒に暮らすことに。
10年ぶりに朝風市にやってきた陽人はすっかり変わってしまった街並みを眺めていると、人にぶつけられて倒れそうになっていた1人の女の子を助けます。陽人はその女の子を見てどこか見覚えがありましたが、そんなことを言ったらナンパと間違われてしまうため、何も言わずその場を後にします。
その後、道に迷ってしまった陽人は近くにいた女の子に天原学園の場所を聞くと、その女の子が自分もそこの生徒なのでびっくりしてしまったと言います。
その女の子に学園までの道を教えてもらい、学園を軽く見学した後、次は街の中をしばらく散策することにしますが、途中でゲーセンを見つけたため寄り道することに。そこで格闘ゲームをプレイしていると乱入され苦戦したものの何とか勝利。どんな人が相手だと思って見ていると、その相手は可愛い女の子でした。
約束の時間になったため、今度住むことになった母親の再婚相手の家を訪ねた陽人。インターホンを押そうとすると、先ほど倒れそうになったところを助けた女の子に声をかけられます。その後、道案内してくれた子とゲーセンで対戦した子もやってきて、陽人が自己紹介すると3人とも驚くのでした。
家の中に案内された陽人。しかし、3人とも詳しい事情を父親から聞かされていなかったため、同世代の男の子と暮らすことに戸惑っていました。それでも親が決めたことだからと納得することにして、3人からも自己紹介されます。長女の明日香、次女の夕姫、三女の美空。3人が自己紹介をした後、明日香が陽人と昔一緒に遊んだことを思い出し、陽人も言われてようやく当時同世代の女の子たちと一緒に遊んでいたことを思い出すのでした。
新しい家族、新しい学園。すべての関係がリセットされてしまった陽人は、新しい環境に馴染めず悩んでいました。姉妹たちとの溝があることを感じていて一歩引いた態度を取っていた陽人のことが気になった明日香は、学園を案内するついでに遠慮しないで踏み込んで良いと背中を押します。その様子を見ていた夕姫と美空はその日の夜、明日香を問い詰めて2人で何を話していたかと聞きだし、陽人が悩んでいることを知った夕姫と美空も何とかしようとしますが、三姉妹とも自分が1番陽人の力になれると主張して譲らず、陽人と打ち解けるために個別に行動を開始するのでした。
その後、三姉妹が陽人のことを兄として呼ぶようになったり他にも紆余曲折あったものの、陽人の歓迎会を開いたことで、陽人と三姉妹の距離は一気に縮まり、すっかり打ち解けて「家族」になっていました。そんなある日、陽人がラブレターを貰ったことで、状況が一変します。放課後、結果が気になった三姉妹はラブレターの相手と会ってきた陽人にどう返事したかを聞き出します。ラブレターは勘違いで隣の席の人に渡すはずだったことが判明。ラブレターを貰ったときは人生初の彼女が出来るかもと張り切っていた陽人はショックを隠し切れず落ち込み1人にしてほしいと行って帰ってしまいます。
何はともあれ陽人が誰とも付き合わずに済んだことを内心喜んでいた三姉妹は、自分がイヤな女だと思いつつ、陽人のことが好きだという自分の気持ちに気付きます。それからというもの、1ヶ月後のクリスマスに向けて三姉妹による陽人争奪戦が始まるのでした。

ユウワクスクランブル 体験版 感想
妹となる三姉妹との同居生活を楽しめるので、妹ゲーとも言えるでしょうw なのでシスコンお兄ちゃんにはオススメかなw 三姉妹との会話だけでそれ以外は一切ないから無駄はありませんが、内容は至って普通というか、特に強調すべき点がないというのが正直なところ。妹との同居生活を存分にお楽しみ下さいって感じですね。だから1人でも気に入った妹がいるならやってみると良いかも。
ヒロインは3人いますが、自分の好みな子は発表時から1人だけでした。体験版が終わった後もそれは変わらず。やっぱり夕姫ちゃんがずば抜けて可愛いです!家庭的で大人しくてそれでいておっぱいが大きく主人公の呼び方が「お兄ちゃん」。これほど揃った妹を好きにならないわけがない!!ってことで、申し訳なかったけど、他の2人のことはほとんど目に入ってなかったです(爆) 夕姫ちゃん可愛い~(*´Д`*)b
・・・とまぁ、ヒロインが3人しかいないため、1人でも好きな子がいれば良いかなって思います。4人いたら2人くらい好きな属性は欲しいところですけど。Hシーンは相変わらず良い感じでしたし、その点は安心して良いと思います。
あとはスナップモードですが、エロゲ初心者向けってところでしょうか?慣れてると別段スポットを当てなくてもちゃんと見られますしねぇ~。より際立たせるという意味合いですけど、個人的には別に無くてもいいかなとw 逆にスクショ機能はありがたいですが、保存形式を選べるようにしてほしかったかな~。PNGだと重いw システム的なことって分からないけど、スクショ機能って大抵BMPかPNGですよね。JPEGじゃダメなん?w たしか千桃はJPEGだったような・・・。その点は改善してほしいかなぁ。
まぁそれぐらいですね。夕姫ちゃんが可愛かったのとHシーンは良さげなので・・・お金に余裕があれば買っておきたいところですね~。

「ユウワク スクランブル」の公式サイトはこちらから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms23/】 

コメント (3)

気になる新作タイトル:「ユウワク スクランブル」

2016年06月28日 20時15分33秒 | MOONSTONE系

気になる新作タイトルのコーナー!

今回はMOONSTONE Honeyの「ユウワク スクランブル」。

姉妹ブランドHoneyの2作目ですね。絵師は違いますが。

「ユウワク スクランブル」は、ある日母親が再婚して再婚相手の家で暮らすことになった主人公が、かつての幼馴染三姉妹と再会し、三姉妹による主人公争奪戦が始まるという恋愛ADV。
Hシーンは1人10回以上と多めです。まぁおっぱい成分は低めですけどねw 

ヒロインは三姉妹。

長女:星見明日香
 
好きなものを好きと言えない天邪鬼な長女。強気でハッキリとモノを言うタイプで少々面倒な性格をしているが基本的に良い人。
三姉妹のまとめ役で面倒見は良いが家事が苦手。 巨乳。

次女:星見夕姫

優しく困った人がいたら放っておけない性格の次女。穏かで滅多に怒ることはないが、怒ると怖い。
家事が苦手な明日香に代わって家事を担当している。身長の割にBが少ないけど、HCGで見るとおっぱいは普通よりちょっと大きいくらい?

三女:星見美空

気まぐれでイタズラ好きでトラブルメーカーな三女。明日香によく説教されてるけど、反省する様子はない。
小悪魔系で主人公のことをイジるのが好き。怒る明日香は苦手だが、優しい夕姫は好き。 貧乳。

ヒロインのおっぱい成分は少ないですが、夕姫ちゃんが1番好みかな。MOONSOTNEさんなので、Hシーンの良さは保証されてると思うので、夕姫ちゃんのHシーンに期待したいw

店舗特典だと、夕姫ちゃんのげっちゅ屋かメディオ!のどっちかかな。ドラマCDが付いてる分、げっちゅ屋かな?
まぁ買うかどうかは体験版をプレイしてからですかね~。

発売日は2016年8月26日。何気に8月は本数が多いんだよなぁ・・・w

「ユウワク スクランブル」の公式サイトはこちらから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms23/】 

コメント (2)

「サクラノモリ†ドリーマーズ」 体験版 第一弾 あらすじ・感想

2016年02月20日 19時09分16秒 | MOONSTONE系

2016年5月27日発売予定MOONSOTNE最新作「サクラノモリ†ドリーマーズ」の体験版の第一弾をプレイしてみました!

サクラノモリ†ドリーマーズ 概要
飛行機墜落事故で奇跡的に生還してから影のような幻覚を見るようになった主人公・吹上慎司が、次々と奇妙な事件に見舞われ、やがてその怪異へと深入りしていくことになるというお話。
今回の体験版は序章ということですが、ぶっちゃけると、体験版の内容は公式サイト等で紹介されている内容とだいぶかけ離れていますw 悪霊の存在は出ていますが、序章だと他のことにはほとんど触れていませんし、まどかと初音以外のヒロインも出てきません。

サクラノモリ†ドリーマーズ 体験版 第一弾 あらすじ
幼馴染の秋津まどかと山へサイクリングに行った後、公園まで散歩に出た慎司。そこで友人でホームレス(っぽいことをしている)八束秀典と会い、彼がバイトを始めたと言うので、一緒に付いていくことにします。秀典に連れて行かれた場所は探偵事務所でした。
秀典はそこの所長・五郎太忠雄に買い物を命令され(正確には買い物を頼まれたのに忘れて散歩してたため怒られた)事務所を出て行ったしまった為、初対面の所長と2人きりになった慎司。どうしていいか分からないでいると、秀典が帰ってきます。その後、自己紹介を済ませ、少し話をして帰るのでした。
翌日、入学式を迎える従妹の吹上初音と彼女の母親・美弥子、そして、まどかと4人で桜ヶ丘学園まで登校します。学園について初音たちと別れ、クラス分けを見て、慎司とまどかはまた同じクラスであることが分かったため、一緒に教室に向かいます。その後、1年のときから親しかった友人・鯖江も同じクラスであることが分かり、放課後は鯖江と一緒に遊びに行くことにします。
始業式の翌日、まどかや初音と登校途中、慎司は幻覚を見ます。心配するまどかでしたが、様子を見ようということになり、教室に入るといつも通り別れます。慎司が幻覚を見るようになったキッカケ・・・それは慎司が事故で両親を亡くしてからでした。500人以上の人が亡くなった飛行機事故。生存者は慎司と初音と美弥子の3人だけでした。慎司はそれから幻覚を見るようになったと周りには話していましたが、その事故の直前から幻覚を見ていました。
それからは特に何事もなく時間は流れ・・・ある日、体調が悪いと言ってサイクリングに行けなくなったまどかを心配した慎司ですが、まどかから病気ではないと言われ不思議に思います。その日の体育の時間、まどかは見学していましたが、その理由を鯖江に生理だろうと言われ、ようやく理解するのでした。
これまでまどかのことをただの幼馴染と思っていた慎司ですが、それからというもの、無意識のうちにまどかのことを異性として見ていくようになります。そんなある日、まどかと一緒に久しぶりのサイクリングに出たとき、慎司は初めてヒルクライムでまどかに勝利。まどかから男女の差があるからこれからは慎司には勝てないと言われ、慎司はまどかが女の子であることを意識するようになったのでした。
ある日の放課後、1人で下校中、再び幻覚を見た慎司。その直後、すれ違った女性が車にひき逃げされてしまいます。第一発見者として警察に事情聴取された慎司ですが、他人の死とは言えショックが抜けきらず、保護者として一緒に事情聴取を受けた美弥子との誰にも言わないようにという約束を破ってまどかに話してしまいます。翌日、ひき逃げの犯人が捕まったことをニュースで知りますが、そのニュースで急に人を轢きたくなったと妙なことを言っていることを不思議に思うのでした。そして、この日から少しずつ日常が崩れていくことになります。
まどかが再び生理になったためサイクリングが中止になったものの、ヒマだった慎司は1人で行くことにします。しかし、まどかがいなかったため山頂についてもやることがなかった慎司は思わず寝てしまい、帰りが遅くなってしまいました。すると、下山途中で何者かに追われ必死に逃げますが、新品に換えたはずのワイヤーが突然切れてしまい、自転車ごと崖から転落。慎司は奇跡的に助かったものの、落ちた先で女性の他殺体を見つけます。
警察から事情聴取を受けた翌日、美弥子と一緒に病院へ行ったものの、特に異状は見当たりませんでした。しかし、その帰り買い物に行くと言って別れた美弥子のことが急に心配になり、探しに行こうとすると、目の前に悪霊のようなものが現れます。今度は幻覚ではなくはっきりを見えたため、恐怖を感じた慎司は逃げようとしますが、身体が動きませんでした。そこへ美弥子がやってきますが、慎司がこっちへ来ないよう叫ぶと、悪霊は姿を消します。
悪霊を見たその日から慎司は周囲を気にするようになり、挙動不審な行動を取ってしまいます。自分以外に視られない悪霊のことを誰にも相談できず悩んでいた慎司ですが、探偵なら聞いてもらえるかもしれないと思い、忠雄の探偵事務所に向かいます。あいにく忠雄は不在でしたが、秀典はいたため、先に相談に乗ってもらうことにします。すると、その悪霊を見たいという秀典に言われて2人で街を出歩きます。すると、慎司が悪霊を発見したため追いかけますが、見失ってしまいます。悪霊がいなくなった辺りを見渡すと包丁を持った男性を見かけたため、嫌な予感がした2人はその場へ行くと中年女性の死体を発見。慎司は警察に通報しますが、慎司たちが目を離していた10分の間に死体も形跡も無くなっていたため、警察には悪戯だと思われてしまうのでした。
慎司はまどかに死体のことはボカしか事情を話し、悪霊の捜索に付き合ってもらうことにしますが、公園で発見した悪霊が近づいてきたため、逃げ出します。悪霊は危険だと感じた慎司は捜索は1日で止めることにします。しかし、その日の夜、まどかが悪霊を食べておかしくなるという悪夢を見てしまうのでした。悪夢を見た翌日まどかを観察しますが特に異状は見当たらなかったため、一安心するのでした。しかし、ある日、サイクリングの誘いを断ったまどかが東京に行ったお土産を持ってきます。そのことに急に不安に感じた慎司はどういうことか彼女に尋ねると、まどかは東京に引っ越すことになったと話します。まどかが遠くへ行ってしまいもう二度と会えなくなる・・・そこまで理解してようやく、慎司はまどかのことが好きなんだと気付くのでした。
まどかが引っ越すことにショックを隠し切れない慎司でしたが、鯖江からちょっと遠くなるだけで会おうと思えば会えると励まされ、ようやく普段通りの自分を取り戻し、まどかに引っ越す前に一緒にサイクリングに行こうと誘います。まどかは次の日曜日に引っ越すことが決まったため、その前日の土曜日に行くことにします。そして、いつものコースをサイクリングして、いつも行く沼に行き、慎司はまどかに告白します。まどかもまた同じ想いだったため、2人は恋人同士になります。その証拠としてキスをしますが、その後、少し1人になりたいから先に帰って良いとまどかに言われ、何故か不安に感じた慎司ですが、まどかと恋人になれたことで浮かれてしまい、彼女を置いて先に帰ってしまいます。しかし、このときのことが彼女との最後の会話になるとは慎司は思いもしませんでした。
その日の夜、まどかが帰ってこないという両親が家にやってきて、最後に一緒にいたであろう慎司はサイクリングに行ったことを話します。その後警察と一緒に捜索したところ、沼の底に沈んでいるまどかを発見するのでした。両親を亡くし今度は恋人のまどかが殺され、慎司は生きる気力を失くしていました。美弥子や初音を心配させたくないという理由でとりあえず学校には行くようになり、それからしばらくの月日が流れましたが、まどかと一緒に悪霊を捜索した公園で再びその姿を視ます。そのとき、あのとき悪霊が狙っていたのは、自分ではなくまどかだったことに気付き、慎司は悪霊に復讐することを決意します。
慎司は以前秀典がこの街にヒーローがいて悪者を成敗しているという話をしていたことを思い出し、秀典のもとへ向かいます。秀典はある人に教えてもらったと言いますが結局詳しいことは分かりませんでした。それからというもの、大量の悪霊が視えるようになった慎司はますますおかしくなっていきますが、それを見かねた初音が「悪霊なんていない」と話します。そう言われた放課後、慎司はまどかの形見であるロードを使ってまどかが殺害された場所に行くと、男の笑い声が聞こえます。辺りを見渡すとその男がいたため、追いかけた慎司。結局見失いますが、悪霊ではなく人間によって殺されたと確信した慎司は、未だ捕まらない犯人を見つけて殺すという“支え”を見つけるのでした。

サクラノモリ†ドリーマーズ 体験版 第一弾 感想
多分そうなんだろうなぁと思ってたけど、実際そうなると辛かったですなぁ(´Д`;)ヾ まどかが最期まで慎司が助けに来てくれるって信じてたところとかもう・・・。でも、公式サイト等で公開されているものを見ると、まどかはこの後もいるっぽいけど夢の中だけってことなのかぁ。まぁよく分からんが、とりあえず今回は第一弾ってことで導入部分だったせいか、大よそ公式サイトに書かれている内容とは違ってましたねw
第一弾の内容は日常生活の部分が多めで、主に慎司とまどかの会話がメインになっています。距離が近すぎるためにお互い異性として認識していなかったとか色々と幼馴染モノのお約束な展開になっていたのは良かったと思いますが・・・恋人同士になった直後にアレですよ(つд⊂) こういう展開になると分かっててもショックはありますね。キャラ紹介で主人公に最初から恋人がいるって時点で怪しいものw
そんなわけで、内容的にすごく暗い印象があって、鬱な展開も予想されるけど、バトルアクションとかあるみたいですし、ストーリー自体は面白そうとは感じました。ただ、日常生活が多めの序章ですら人間の惨殺死体とかCGで普通に出てくるし、公式サイトの雰囲気からして“分かる”と思うので、ダメな人はダメでしょう。好みがハッキリ分かれることは間違いないです。
ヒロインは2人しか出てこなかったので、評価しにくいのですが、初音ちゃんは可愛いですね!従妹だけど妹認定ですw まどかは幼馴染だけどまぁ普通かなw おっぱい小さ目なのが残念(爆) 第一弾では未登場ですが、閑宮真幌が1番好みですね~。・・・分かりやすいですね、自分の好みw
自分は買うかどうかまだ迷ってる段階で、体験版第二弾の公開を待とうと思います。しかしまぁ、前作「夏の色のノスタルジア」もやや暗い雰囲気はあったものの、それすらも可愛いと思えるほどに突き抜けた内容になってますね、今作はw MOONSTONEさんの作品は「Magical Marriage Lunatics!!」以降しか知らない自分にとって、こういう色のブランドだったのかぁ・・・って若干面食らってますw

「サクラノモリ†ドリーマーズ」の公式サイトはコチラから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms22/】 

コメント

「サクラノモリ†ドリーマーズ」 体験版公開

2016年02月19日 19時33分34秒 | MOONSTONE系

2016年5月27日発売予定MOONSTONE最新作「サクラノモリ†ドリーマーズ」の体験版が公開されました~(*'∇')

今回は第一弾ということみたいです。

自分は諸事情につき、まだ買うかどうか迷ってるんですが、とりあえず体験版だけでもやってみようかなと思います!

雰囲気は暗そうだし、最初から主人公に恋人がいるって時点で嫌な予感しかしないですがw

体験版(第一弾)のあらすじ・感想は【こちら】。

「サクラノモリ†ドリーマーズ」の公式サイトはコチラから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms22/】 

コメント

MOONSTONE最新作「サクラノモリ†ドリーマーズ」

2015年12月21日 19時50分12秒 | MOONSTONE系

MOONSTONEの新作が公開されましたね。タイトルは「サクラノモリ†ドリーマーズ」。

純愛系が多かったMOONSTONE作品ですが、今回は異形の怪物“悪霊(ボダッハ)”に立ち向かう少年少女たちの戦いを描く学園アクションスリラーADVと異色のバトルものとなっています。
前作の「夏の色のノスタルジア」もホラーチックな印象でしたが、今回は更に別物になってますねw ともあれ、頭脳系バトルとなるらしいので、アクション系のストーリーが好きな人には良いかもしれません。

ヒロインは5人。特殊な力はないものの幼馴染にして恋人の秋津まどか、悪霊を討つ力を持った少女・桐遠暮羽、夢と現実を繋ぐ力を持つ先輩・閑宮真幌、暮羽と同じく悪霊を討つ力を持っているものの暮羽と決別した少女・衿坂美冬、主人公のことを慕っている従妹にして妹の吹上初音の5人です。
幼馴染が既に主人公と恋人同士っていうのが気になる点ではありますが(ものすごい嫌な予感がするw)、とりあえず、先輩の真幌と妹の初音ちゃんが好みかなぁって思います。
・・・ほんわか系の巨乳先輩と、可愛い妹・・・うん、自分の好みは非常に分かりやすいですね(爆) 

雰囲気はだいぶ変わってますが、新境地ってことで気になるので、自分はやってみようかなぁって思います。やまかぜ嵐氏の描くキャラは好きですし!

「サクラノモリ†ドリーマーズ」は2016年5月27日発売予定です!

「サクラノモリ†ドリーマーズ」の公式サイトはコチラから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms22/

コメント

「お嬢様と秘密の乙女」 あらすじ・感想その4 白雪ゆみな編、感想まとめ

2015年07月02日 00時18分18秒 | MOONSTONE系

最後は白雪ゆみなでした~。

ゆみなは悠利を慕う1年生。見た目が幼いことから、一部の熱狂的なマニアに絶大な人気があり、興味ないことは関心を示さない紗夜が覚えているくらい1年生の中でも特に有名です。
いつもオロオロして自分に自信がない様子で、見ているとなんか守ってあげたくなっちゃう系の女の子。ただ、慕っている悠利のことに関しては積極的な行動力を見せることがあり、そのたびに悠利を驚かせます。
個人的に後輩っていうより妹って感じがしたかなぁ~。「お姉さま」って呼んでいたせいもあるけど。庇護欲をかきたてられるから余計にそう思うw
エンゲージに対しては“憧れ”ですかね。ただ、自分に自信がないので、申し込まれることも自分から申し込むこともないだろうと思っているようです。

白雪ゆみな編 あらすじ
ゆみなにエンゲージを申し込んだ悠利。しかし、ゆみなからは返事を保留して買い物に一緒に来てほしいと頼まれます。2人で買い物デートをした後、ゆみなから改めて申し込まれ、2人はエンゲージを済ませます。
エンゲージしてからずっと悠利にベッタリになったゆみなですが、悩みを抱えていました。それは男性恐怖症・・・ではなく、自分の胸が小さいこと、でしたw どうやったら胸が大きくなるのかという相談に、悠利は遙花たちに聞いてみると答え、遙花と藍璃に聞きますが、2人は自然とそうなったらしく意識はしていないと言われてしまいますw
その後、紗夜から「好きな人に触ってもらえば大きくなる」と聞いたゆみなは、ひとまず自分のサイズにあったブラを買うというのを口実に、悠利に自分の胸のサイズを測らせますw そこで悠利に胸を触られてイッてしまったゆみなですが、めげずに悠利の部屋に行き、再び胸を触ってもらいますが・・・そこで悠利の股間についている“モノ”に気付きます。
最初は驚いたゆみなでしたが、それ以上に悠利のことをもっと知りたいと言ったため、2人は最後までしてしまいます。結ばれた2人はますます仲良くなり、ゆみなも成長して以前のようにオロオロする素振はなくなりましたが、ゆみなにはもう1つ大きな悩み・・・男性恐怖症がありました。
悠利と一緒にデートに出かけて克服しようとしますが、改善している様子は見られるもののまだ完全ではなかったため、悠利は自分が女装を解いて悠里としてゆみなとデートすることにします。そして、最後に乗った観覧車の中でこれからも男性恐怖症を治すために自分に自信をつけて努力していくとゆみなは誓うのでした。
エピローグでは男性恐怖症を克服したゆみなとの結婚式の様子が描かれています。どうやって克服したのかは不明w

白雪ゆみな編 感想
・・・うん?男性恐怖症が治る前に終わった?遊園地デートのときは悠里だから大丈夫って話だったような気がしたけど・・・。しかもエピローグで既に克服しちゃってる!?w ずいぶん飛んだなぁ・・・w
あと、他のルートで“さくらんぼが怖い”とか言ってなかったっけ?結局あれはなんだったんだろうw そもそも男性恐怖症になった理由が分からんし、なんか気になるところが何も解消されないまま終わったような・・・w
悠利の女性が苦手っていうのは共通ルートでほぼ解消されてしまったようなものだし、ゆみな編では男性恐怖症についてもっと深くやるのかなって思ったら、中途半端なところで終わってて残念だったな。
とりあえず、ゆみな編に関しては、悠利がゆみなに色々イタズラしちゃうっていう他のヒロインとは真逆のことをしていくだけのお話ですw ゆみなのオドオドも少しずつ無くなっていき、どんどん積極的になって、エロに開花するのはまぁそれはそれで良かったとは思うけど、やはり最初のオロオロしてるときが1番可愛かったなぁ・・・w
Hシーンは10回。貧乳っ子なので興味なかったけど、案外おっぱいは見せてくれたような気がするw トイレのおしっこ見学とか皆と会話してるときに携帯を挟んでバイブで感じちゃうとかそっち方面が良かったと思うw
一般CGだと、唐突すぎた感はあるけど、エピローグの花嫁姿かな。経過はまったく知らんけど、あの母親に認められるほどになったんだから、ゆみなも努力したんでしょうw

お嬢様と秘密の乙女 感想まとめ
可愛い男の娘がお嬢様学校に転校するという、エロゲではもはやジャンル化したくらいに定番となったお話ですが、こういう作品はあまり外れは少ないように思えますね。主人公が可愛いからそれだけで楽しめるっていうのもあるけど、バレるかもしれない恋愛とは違うドキドキ感があるのも良いのかもw
この作品でもそうなんですけど・・・一緒に風呂入ったり、やはり「これ普通バレるだろ」っていうシチュエーションが多かった気がするw あと、Hシーンも紗夜編の映画館Hとかも普通バレるようなことをしてるのにスルーされるとか、色々ツッコミ所は満載ですねw
シナリオ的には遙花編が1番良かった。・・・というより、1番まともだった気がする。藍璃編もイチャラブ多目なので悪くはないかな。Hばかりしてたっていう印象しかないけどw ゆみな編は悠利のお願いを何でも聞いちゃうゆみなが可愛かったけどシナリオが中途半端だったのが残念かな~。紗夜編は論外です(爆) まぁ基本的にHシーンがメインになってるので、深い話はなくイチャラブしてるだけって感じですね。紗夜編を除いては!
他には、主人公やヒロインが1人で悩むシーンが多かったので、アドバイスをしてくれる教師や同じ学生のサブキャラが欲しかったなって思いました。サブキャラが1~2人いるだけでも話の繋がりが出来るのに色々もったいないなって思った。まぁメインヒロインが代役してくれれば良かっただけの話ですけど、遙花編の紗夜以外はそういうのあまりなかったような気がする。特に紗夜には必要だったような。延々とあんなの見せつけられるのはちょっと勘弁してほしかった。話が進まないのにHだけしていくという・・・。
まぁでも、お嬢様学校に通うというシチェーション自体を楽しめるので、めっちゃ面白い!っていうほどじゃないけど、興味があるならやってみてもハズレはないと思いますね~。シナリオも短めなのでお手軽に出来ますし。ちょっと堅い印象はありますけどね。真面目な主人公の性格も影響しているかもしれませんが。
あとは・・・そうですね、女装作品は主人公の声も入ってることが多いんですけど、この作品の主人公はボイス無しだったのが残念かな。次回作も作るならメインキャラはフルボイスにしてもらえると嬉しいかも。
Hシーンは悪くなかったです。ぃぇ、自分はHCGに拘りがあったので普通って感じですけど、拘りさえなければエロエロで良かったと思います。藍璃編が1番エロくて良かったかなw 遙花編は微妙に悠利の手が邪魔だったのが残念。とりあえず、遙花&藍璃のパ○ズ○フェ○が見られたので満足でしたw
ヒロインは、遙花が1番好きかな。藍璃も良いですけど。素の遙花が子どもっぽくて可愛らしくて気に入りました。語尾に「だもん」って付けるのと「れありぃ?」と「すーぱーぱにっく」が気に入ったwww あと、「ぷー」って拗ねるところw

他のヒロインのあらすじ・感想はコチラ↓
姫小路遙花編】【神水守藍璃編西園寺紗夜編

「お嬢様と秘密の乙女」の公式サイトはコチラから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms20/

さてさて・・・お次も2015年6月発売タイトルになります~。

コメント

「お嬢様と秘密の乙女」 あらすじ・感想その3 西園寺紗夜編

2015年07月01日 19時18分08秒 | MOONSTONE系

3周目は西園寺紗夜でした~。

紗夜は3年生で成績は学年トップ。いつも“ローズガーデン”で1人お茶を飲んでおり、授業中もそこにいることが多いようです。詳細は不明ですが、全国でも1桁という頭の良さからか、授業には出ても出なくてもどっちでも良いという特別な存在のようですね。また、彼女の許可で付き添う人も授業に出なくても良いというほど。
クールで落ち着いていますが掴みどころのない性格で、悠利はいつも振り回されています。何でも出来てしまう彼女にとって熱中できるものがありませんでしたが、頭の回転が早く反応が面白い悠利に興味を持つようになり、悠利のことを特別視するようになります。学院内でも有名な遙花&藍璃&ゆみなの3人についても特別視してるようですが、1番は悠利ですね。
エンゲージに関しては“興味が無い”ですね。そこに面白さがあればいいけど、今まで彼女の興味を引くようなことはなかったようです。悠利が絡むと別ですけどw

西園寺紗夜編 あらすじ
紗夜にエンゲージを申し込んだ悠利。エンゲージに興味ないと言っていた紗夜からの返事は保留でした。
それからエンゲージの答えを待つ悠利でしたが、放課後、紗夜にプールに誘われます。ひとしきり泳いだ後、紗夜からマッサージをしてほしいと言われたため、言われた通りにしていると・・・紗夜の色っぽい声に興奮してしまった悠利は股間を気にするあまり、紗夜に疑われてしまいます。
紗夜に男であることがバレたかもしれない・・・と紗夜を避けようとしますが、紗夜に捕まってしまい、再びプールに連れていかれ、ついに男であることがバレてしまいます。紗夜は黙っていると言われますが・・・。
紗夜はこれまで何に対しても興味は持てませんでしたが、悠利だけは別でした。いつも何かしら驚かせてくれる悠利・・・最初は興味本位だった彼女は、次第に悠利を意識していくようになります。それと同時に悠利が女装して学院に来ている理由を聞いて、いつかは離れるときが確実に来ることが分かってしまったため、それ以上の関係になることを恐れるようになります。
紗夜の様子がおかしいことに気付いた悠利。しかし、聞き出そうとするとHの誘惑を受け流される日々が続きます。エンゲージもだいぶ日にちが経ってから渡すことは出来たものの、曖昧な関係は続いていました。
このままではいけないと思った悠利は、紗夜のためにマグノリアを去りちゃんと男になってから迎え入れようと決意し、紗夜に告げます。それからしばらく経って、本当は紗夜が卒業してから会おうと思っていた悠利でしたが、再びマグノリアに行き紗夜に会います。今度は悠利ではなく悠里として。そこで紗夜にプロポーズ。突然やってきた悠里に驚いた紗夜でしたが、いつも自分の想定外のことをする悠里に喜び、今度は逃げずにそのプロポーズを受け取るのでした。
エピローグでは、悠里と紗夜がシノハラで新規ブランドを立ち上げようとしている姿が描かれています。紗夜は悠里と一緒にいるためにデザイナーの道に進んだようです。

西園寺紗夜編 感想
最初に言っておくと、シナリオは微妙。理由は、悠利は割と早い段階から紗夜の異変に気付いていたにも関わらず、聞き出そうとする→紗夜の誘惑に負けて聞きそびれるを延々と繰り返すだけなので。あと、エンゲージのこともずっと放置してたし。男の悠里になってちゃんと話をしようとしたときも同じでした。つまり、悠利がとことんヘタレになるシナリオなのです。見ていてイラッとした。
紗夜についても、一緒に居たい離れたくない、でも悠利には悠利の目標があるのだからいつか離れるときがくる、そうなったときこれ以上の気持ちになったら別れが辛くなる、でも一緒にいたい・・・っていうのを延々とループしていましたね。彼女にとって1番問題だったのはちゃんと相談できる相手がいなかった点かな。1人で悩み続けた結果あそこまで抉れた感じ。悠利の方はせっかく遙花や藍璃という相談相手がいたけど、いざ紗夜に話そうとすると誘惑に負けちゃうので相談の意味なかったし。
そんなわけで、ずーっと曖昧な関係が続くだけなので、あんまり面白くなかったなぁ。最後の最後にようやくですもんね。
Hシーンは10回。紗夜から誘うパターンしかありません。巨乳ですけど、自分はMじゃないんでHシーンも微妙でした。ぃぇ、これでちゃんと恋人になってイチャラブするなら良いけど、毎回ちゃんと話をしようとする悠利を強引に誘惑してHしちゃうという感じで、2人の間にはずっと“しこり”がある状態でしてましたからね。イチャラブってる感じがしなかった。何より、巨乳なのにパ○ズ○フェ○がない。なんやこれ、最悪やんw
そんなわけで、一般CGはエピローグかな~。ちゃんと婚約者として一緒に仕事している様子が描かれていますし、もうコレしかないかなとw

さて、お次で最後になります、白雪ゆみなです~。

他のヒロインのあらすじ・感想はコチラ↓
姫小路遙花編】【神水守藍璃編】【白雪ゆみな編

「お嬢様と秘密の乙女」の公式サイトはコチラから↓
http://www.moon-stone.jp/product/ms20/

コメント