三代目バンタ

今までのミニシュナの中でも、一番の腕白小僧がこの三代目バンタ(通称コバン、コバスケ、その他)です。

五月二十五日の公園

2017-05-26 00:27:22 | 三代目バンタ
公園に上ると、向うの方にすごい勢いで走っている白い仔がいる。
当然、リードを持っている人も全力疾走。

で、近寄ってみると。。。。な、なんとノイちゃんでした。
普段は走らないノイちゃん、カラスを見ると必ず追いかけるそうだ。
「犬じゃないだろう疑惑」が、都市伝説(?)として広まっている昨今、貴重な「ノイちゃんも犬でした」と証明する場面に
出くわしました。



「コバ君のママ、今のは見なかったことにして。だって、そのへんのわんこと一緒にされたくないもん」



「ノイお姉ちゃま、おやつの時もわんこになるんじゃない?」
「しっ、ジルちゃん、そういうことを大声で言わないの」



ゴエちゃん、アンジュちゃんも来て、ベンチで一休み。



「今日は運動したから疲れたわ」
「へえ、ノイお姉ちゃま運動なんかするの?」



「あのね、あのね、運動じゃなくって、カラス追いかけたのよ!」
「黙ってなさいってば!」



「ふ~ん、そうなんだ。。。以外。。。」



「でもね、カラスって仕返しするらしいわよ」



「だから、カラスなんか追いかけてないってば。。。。あ~なんか疲れた、眠い。。。」



「ここにいると、だんだん眠くなるわよね~」と、お嬢様達。



「はーい皆さん、お待たせ~」と、ポプリちゃん登場。



「ボクも来たよ!わんわんわん!」と、コタロウ君。



「あ、テリー親分が来ました!」と、ポプゴン



走って迎えに行ったアンジュちゃん、おやつをゲット。



もんじろう君が来て、テリー父さんのバッグに直行。



どうやら、バッグが開いてたらしい。



遠くの方に小鉄君が見える。 ポプゴンの姿を見つけて、走る、走る。



「あのふたりは本当に仲がいいなあ。。。」と、コバスケ。



遅くなってからベッカム君が来た。



丘の上には運動部のふたり。



おっと、今日はふたりに混じって、コタロウ君もいる。



こういう色、形の縫いぐるみ、いるよね。



ゴエ姐御、コタロウ君が近寄っても、いやがらないで仲良くしている。
もしかして、タイプ? この間まではジロウ君がタイプかと思ったけど。



曇り空だけれど、サツキが綺麗。



今日も平和な公園でした。



「お兄ちゃん、よく寝てまつ」と、チビ太。




『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月二十四日の公園 | トップ | 五月二十六日の公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。