三代目バンタ

今までのミニシュナの中でも、一番の腕白小僧がこの三代目バンタ(通称コバン、コバスケ、その他)です。

四月十八日の公園

2017-04-18 22:36:20 | 三代目バンタ
昨日の暴風雨で、早めに咲いていた桜はほとんど散ってしまったけれど、この辺の桜はどうやら無事だった。
公園の山は、春爛漫。



少し早目に来たので、まだ誰もいないかなと思ったら横から「コバちゃん」とゴエパパの声がする。
東屋で休んでいたゴエちゃんと、もうひとり、ゴエちゃんのそっくりさんがいる。
ゴエちゃんが細胞分裂したのではありません。
ヨリトモ君というシーズーの男の子だそうです。



「あ、もんちゃん、今日は早かったね」
「昨日雨だったからさ、今日は早めに来たんだ」



広場のベンチにはテリー親分。
昨日は一日中体調が悪かったそうだが、今日は持ち直して公園まで上がって来られたそうだ。
15歳のテリー君、気分の良い日と、そうでない日がかわるがわる来る。



白組お嬢様達、ノイちゃんとジルちゃん。



ノイちゃんがこちらを向くと、ジルちゃんが下を向き。。。



ジルちゃんのお目目が見えると、今度はノイちゃんのお目目がみえない。



テリー父さんめがけてアクアちゃんが走ってきた。



そして、チョコちゃんも。



ぺちゃんこのお顔が愛らしい。



「コバお兄ちゃん、こんにちは!」
「おやつ、美味しかった?」



そこへ、チャイちゃんが来た。



「チャイちゃん、大丈夫だよ、ゴエ姐御コワくないから」
「ホントでしゅか?」



ポプリママがポプゴンに引っ張られて走って来た。
ポプゴン、お目当てのところで、ちゃんとお座り。 おりこうさんだね。



「あの~、私、チャイでつ」と、犬懐っこくジルちゃんに接近。



と、突然、コバの背中に。。。
顔が見えなくても、誰だかわかります、という方はこのブログの通。



小柄なパグさんが向こうから来た。
「あ、モモちゃんだ」と、近づくコバ。



モモちゃん、久し振り。 最初に会ったのは生後数か月の時だけれど、もう2歳くらいかな。



そこへ、ランちゃんが走ってきて、モモちゃんをクンクン。



元スケバン、空ちゃんも来た。 最近めっきり大人しくなったけれど。



女子会?



あ、ミシュカちゃんが来た。



「ミシュゴン、こんにちは!」と、コバ。
「コバお兄ちゃん!」



八重桜はまっさかり。



落ちていた花を、コバにつけてみました。



「プッ、コバお兄ちゃんったら」



「チェッ、女子供じゃあるまいし。。。早く取ってくれないかなあ。。。」



雨に洗われた若葉がいっそう鮮やか。



沈みゆく太陽も綺麗。
コバを連れてこの公園に来はじめて、はや九年弱。 
毎年同じ景色を見ているはずだけれど、年を取るごとに、自然の美しさに目を奪われる。



コバスケ、あきらめて、チビ太とマリちゃんの侵略を許しました。








『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四月十六日の公園 | トップ | 四月十九日の公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。