小さな幸せたくさん数えて感謝して

こばな✿の小さな暮らし
(エゴノキのお父さんと ちいさなお花と)

お庭のお父さんとの出逢い

2017年05月16日 | お庭のお花とエゴノキのお父さんと私と


いつ、どこだったのか ・・覚えていない


           (桜のお花が咲く頃 エゴノキが芽吹きます)

真っ白な可愛いお花が 鈴なりに咲き

衝撃的な出逢いだけが いつも思い出にありました。


                 (エゴノキのお花は 葉の中に包まれながら生まれてきます)

森の中に まるでスポットライトに照らされたような樹木の姿の

記憶だけが残っていました。

いったい 何の木だったのだろうって。


                   (下を向いて 咲く小さなお花は とても可愛いです)

私が大人になってから

「あぁ・・あの時の美しい情景は エゴノキだった」のだ! と知ることができて


                         (木にはお花がぎっしりと咲きます)

我が家の庭に

株立のエゴノキを むかえることが出来ました。



一緒に生活するようになって・・・30年の年月が流れました。

エゴのお父さんは、辛いことも 楽しいことも見ていてくれています。


          (甘い香りが5月の風に乗ってお部屋の中まで漂います)

今では 小さなお庭のお父さん

お花たちと私の生活は 四季をとおしてお父さんに守られ 彩られています。

 


爽やかな風薫る5月・・・酔うほどの甘い香りを 辺り一面に漂わせ 

可愛いお花を たくさん咲かせてくれています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ジャンル:
植物
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« なんてったって「小菊ちゃん」 | トップ |   
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お庭のおとうさん (しんしん)
2017-05-16 22:27:06
こばなさん、白い可愛い花の咲く木、、茨城では周りを見渡しても見当たらないので、ネットで検索しました。
今度、国立の筑波植物縁に行って見てきます、今頃花盛りなのですね、
こんな白い可愛い花が咲く大きい木が有ったら、見事でしょうね、、是非見たいです、
ありがとうございました、、
こばなさんへ (chiron)
2017-05-17 07:59:35
おはようございます。
優しい香りを届けて欲しいですね!
Re:しんしんさんへ (こばな✿)
2017-05-17 09:05:10
しんしんさん~おはようございます。
いつも感想をコメントしていただき 感謝しております ありがとうございます。
エゴノキはお花の種類がいくつかありそうです、
きっとそちらへ行かれると ピンクのお花のエゴノキにも出会えると思いますよ^^
Re:chironさんへ (こばな✿)
2017-05-17 09:07:56
chironさん、おはようございます。
エゴノキを見ていただいて コメントしていただき
嬉しいですありがとうございます。
窓を開けておくと お花の香りでお部屋が満たされます。
白いお花にふさわしい 透明な甘さのある良い香りです。そうですねお届けできたらいいな~と思いますよ(^^)
Unknown (花水木)
2017-05-17 14:37:49
何といったらよいのでしょう!
この清らかな白さには心が洗われますね。
こばなさんのようです。
純な空気と香りを届けてくださって、ありがとうございます。
Re:花水木さんへ (こばな✿)
2017-05-17 16:32:01
花水木さん~こんにちわぁ~
エゴノキのお父さん 見に来てくださってありがとうございます
( ´艸`)きゃ~そんな褒められちゃったら 恥ずかしいですぉ
エゴノキは確かに 清らかなお花でスズランを大きくしたように下を向いて咲きます。
初夏に爽やかな香りも辺り一面に漂い 通りすぎる人をその場に一瞬とどまらせ、
上を見上げていかれる時があります(。◔ ◡ ◔。)♡
Unknown (大自然の法則)
2017-05-22 07:20:49
「盲亀の浮木」人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む