ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 腑抜け状態? 』

2017-03-07 23:38:51 | 日記

             


2月に入ってヨ~~~ッシ念願の駄洒落写真集を纏め上げよう!と、悪戦苦闘、緊張の連続だった。
作業そのものは氣使いはするものの単純反復の作業でそれ程難しくは無いが一寸気を許すと入力ミスが起きる!!!
一番気を付けるポイントはフッターでページを付けて行く作業だ!!!
油断をすると直ぐに欠番やオリジナル入力番号の儘になってしまう!
再点検・チェックはするもののミスが時々起きるから不思議だ!!! 矢張り集中力が切れる瞬間があるのだ!

そして、印刷時、作業能率を上げるため複数の作業をしながら印刷するので、何とダブルブッキングが置き易いい!!!
これは紙・インクの無駄使いになるので特に注意しているが複数の作業を同時進行で遣っているのでリズムが狂った瞬間ダブルブッキング!!! 
人間の注意散漫が如何に貧弱なものか?を窺わせる・・・

こうして悪戦苦闘の末印刷物のページ合わせが終わり製本屋へ電話!
もう昔馴染みの町工場なので一つ返事で受けてくれた!!!もう20年来の付き合いになる!!!
1週間もすると本の形になる。
製本は貧弱だが和綴じと決めなんおとなく昔堅気の雰囲気を出そうと!!!
要はこの世の中にある昔堅気コンコンチキの駄洒落本だ!!!
本としては貧弱だが中身と体裁だけは何処にも負けない手造り本だ?
そして、何と言っても挿入画像はEPSON写真紙に同じEPSONのプリンターを使いカラー写真で上げて居るから見易い上に実感雰囲気は自然と上がる・・・
今回はyが苦戦して貯めて来たヘボちゃんの貴重でまた、めったに撮ることが出来ないシーンを挿入することに専念した!
色上がりは最新プリンターに写真光沢紙を使ったのでとても綺麗だ!!!
メーカーも年々歳々、驚くほどの技術革新を計っているので10~15年前の代物とは違うなァ~と痛感した!!!
この流れはもう5年もすると飛躍的に良くなるだろう!!!

面白いもんで印刷した紙辺を寄せ集めてもそれ程ピンとこないが製本、束ねると瞬間に本らしくなり貫禄が出てくる!!!
1週間後が楽しみだ!

さてさて、超忙しかったこの1カ月、緊張の糸が切れたのか?「俺!これから何するんだい!!!」とウロタエそうになる・・・ 
夜の使い方、そして植え替え作業も終焉を迎えたので今後の数ヶ月プランを再構築しなければならない! 
これもボケ防止!!!と、かなり重い付加を掛けて走り回ることにしている!!!
そして、婆やんの病院通いにも付きあって遣らなければならない!!!

そうそう!!!イワチドリが芽を出し始めたのでノンビリ状態のままでいる訳にもいかない!!! ギヤーの切り替え時だ!!! 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«      『 超忙し!!! 』 | トップ |      『 サブ~~~イ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (村夫子BUN)
2017-03-08 06:00:48
お手数をお掛けしました。
そしてお疲れ様でした。
私も図面を印刷している時イレギュラーが有ると、
モニターの図面は印刷したのか?してないのか?判らなくなります。
そんな時は大抵ブッキングです。

お孫さんが来られるのに丁度良いタイミングですね。
Unknown (極楽蜻蛉)
2017-03-08 10:31:22
昨夜は比較的早く床に着いたが良く眠れた!!!
遣り遂げてホッとしたのかも知れない?
本というのは不思議なもので幾らページを揃え積み重ね揃えても見難く余り価値も上がらない!! が、束ねると途端に利用価値が倍増、本領を発揮する! その上、扱いも抜群に上がる!!!
あの方式の和綴じでも同じで昔堅気の雰囲気を醸し出してくれるから不思議なものだ!!!ヘボ談義には良く似合う!
時代物チャンバラ映画が好きで良く見るが代官が本を読み出すとこれが和綴じなので毎度のことながら成程!と・・・
韓流モノ王朝時代の映画を見ても和綴じ本が出てくるので起源は中国辺りかも知れない?
和綴じはイイねぇ~~~ 

BUNさんもう少し待ってね!!!
来週末にはお手元にあるでしょう・・・
その内に面さんのギアナ台地、ニュージーランドの旅話を
等をお聞きしたいです・・・
ギアナはどうだったんだろう? ヘボちゃんは居たのか? 

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。