ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 超忙し!!! 』

2017-03-06 11:38:22 | 日記

              


この1週間が滅茶忙しかった!
ここ20年近くヘボちゃんと遊びこれぞ!という画像を認めて居た積りだった。
今、画像を貯め込んであるMOやHDDを紐解くとそれ程の事も無い!!!
思い起こせばパソコンを始め画像の保管は超容量のスト―レジがなく、MOを推奨された。 今このMOが40~50枚近くある!!!
この頃っ使っていたパソコンは超貧弱、壊れてばかりいてマッチングしていたMOは宝の山となってしまった!!!
何とかしてこの復活も図りたいものである・・・

歳を考え、今年のノルマとしてヘボちゃんの写真集を考えた!!!
取り分け昨今のカメラは分解能が上がり精密描写の画像が撮り込めるようになって来た!!!!!
こうなると蟲好きな御仁にはご理解いただけると思うがこうした機材で蟲さんを撮ると非常に迫力があり別世界に飛び込んで行くような雰囲気に陥る・・・
それ程蟲さんの詳細描写は魅力的だからである!
こんな画像がチラホラ撮れるようになり今回の企画に至った。
蟲さんの世界に飛び込むには何と言ってもそのフィールドが大事だ!!!
これぞ!!!という蟲さんの生息域チャンスぬ恵まれないと話にもならない!!!
幸い、yの場合、こうしたチャンスに行き逢えることが儘ある! しかし、ヘボちゃん遊びに熱中、集中為カメラ常時持参という訳にはいかない! 
この点が惜しまれる!!!
もっとカメラ寄りにするべきかも知れない?
これからの作業と考えつつある・・・  
歳を考えスガレ追ひから写真撮影への転換?という訳か?
画像の取り込み、編集をしながら考えた。

4~5日前から印刷に入った!!!
枚数が毎数なだけに、勿論、時間も掛かるし、印刷にも気が抜けない!
ダブルブッキング、パソコンの変更等で文字フォント等がスッカリ変わってしまい滅茶苦茶のページも出てくる!!!
そして、文章と画像は紙質を違えている為この分離しながらの印刷は超気を使う!!!

まず最初に写真集が仕上がった。
そして、序ということで頼みに頼まれたヘボちゃん『虎の巻』 shy・・・、the Vespula とその続編も印刷に掛かっている。
部数が2部、セットと少ないので準備時間には時間が掛かるものの効率が超悪く気だけが焦る!!!!!



これ等も一応の目処が立ち、今日明日中には製本屋へ持ち込めそうだ!!!
一寸心配ななおは、写真集、超厚いので骨折れるだろう?なぁ~~~と・・・
出来上がり後に期待が膨らむ!!!
1冊の本にすると非常に見易くなるのでアッチコッチを引っ張り回さなくても瞬時に見られる!
思い入れの解説も加えたので写真と神髄が幾らかでも読み取れるか?

この手の印刷作業も程々にして楽をしたいなァ~~~
神経使いピリピリだった!!! 一寸油断をするとダブルブッキング、ページの欠落などが生じ易く気を使う。
それでもこの機会にイイ仕事をした!!!
自分の頭の中が整理されたからである・・・
そして、BUNさんからの要請、喜んで貰えればこんなに嬉しいことは無い!!!  







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«      『 ホット・ニュ... | トップ |      『 腑抜け状態? 』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (村夫子BUN)
2017-03-06 15:45:17
無理を申し上げて恐縮です。
でもこれだけの画像は何処にもないですから。
膨大な画像の中からの選定も大変だった事でしょう。
ありがとうございます。

HDDは便利ですが壊れると厄介なのでMOはいいですね。
今はDVDが格安ですのでHDDの保険にDVDにも入れておこうかと考えてます。

Unknown (極楽蜻蛉)
2017-03-07 09:39:07
昨夜、漸く印刷が終わり、最終版をページセットし後は製本ばかりになりました。
画像で重複しているものが若干ありますが、虎の巻や応用編とリンクさせているような編集になっているので本体と重ね合わせながら見て行くとこの画像が如何にして撮影されたか?が手に取るように判ります!

BUNSANが最初に手を揚げてくれたので非常に嬉しく思いました! 出雲大社地方の蜂狂さん開拓にも役立てて下さい。
後は東北、北海道、そして九州、四国方面ですね!
極楽蜻蛉の大フアァンでいてくれて嬉しく思います。

後1週間そこそこでお手元に届くと思いますのでジックリとご覧下さい。 凄い画質ですよ!!!
昨今の「蟲の目レンズ」は圧巻でヘボちゃんを撮るには掻かせられないレンズの一つとなりました!
最近思うのですが「蟲の目レンズ」「良質のマクロレンズ」そして、2~10倍位まで上げられる「フォトマクロレンズ(顕微鏡レンズ)」これ等に10~20駒連写出来るカメラを用意できるとヘボちゃんの世界は一気に観察、解析等が進むでしょう! もう時間の問題です・・・
Olympus EM1 Mark Ⅱは中々の優れモノで少々触手が動きます。 さて、どうするか?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。