ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 ヘボ紀行・・・41 (残りモノには福が付く!①) 』

2016-10-25 10:37:17 | 日記

             


  「残り者には福が付く!」と、よく言われる・・・ 
そんな状態が何日も続いた!

松本平を囲む西山山系:北アルプスの麓、東山山系で構成されている・・・
北アルプス山系は秋に長雨でほぼ壊滅状態!!! 10月に入り出掛けて見たが無の礫の場所ばかりだった!
然らば東山へ!!!と・・・
東山は山が浅く且つ多くの蜂狂が入り込むのでどこの場所も取り尽くしでヘボちゃんの姿等見られる所は殆ど無い!!! しかし、yには特定の場所で種蜂を残すという手を使っているので幾らか遊ぶ場所を抱えている・・・
そこは、普通の蜂狂なら入れない場所か、超超難場と言う言うなればオトットキの場所である!!!
そう言う場所を何か所も抱えているので晩秋のスガレ追ひを遣るには事欠かない! こう言う、半ば資源保護に近い場所を抱えている蜂狂はそうは多くないと思う・・・唯一人、過っての仲間で今は松本山雅の大サポーターになっているMiyaちゃんにはこうした才能があった。。。彼は種蜂の何がしかを残すという感覚の持ち主だった。

そう言う場所に数日入った・・・
< その1:夏場、アカンバチの巣窟だった場所・・・ >
夏場、餌を撒くとどの餌にも5~10数匹も遣って来るアカンバチ!!!コイツ等には閉口した・・・
当然、スガレ追ひ等にはなリ得ない!!!
アカンバチを追い捲って居るだけで疲れてしまうし、当然のことながらイライラして来る・・・ 依って、来夏初夏と言う事にした。アカンバチが出動する前の戦いに・・・と・・・ 錚々、ここはピンコロの宝庫だった!!!
しかし、秋に長雨があったのでどうかな?と多少の色気を持った。
感はドンピシャで長雨でアカンバチは相当の被害を受けてしまっていた・・・ 詰まり、撒き餌にはマルッキリ来ないのだ!!!
こんな楽チンなスガレ追ひは無い!!!
アカンバチ同様、ピンコロもあれほど居たのだが影を潜めていた・・・しかし、何がしかは餌取りに遣って来た。
その中に「軍」も居た!!!
実はこれが狙い目なのだ!!!
初日は方向と落ち所の検討を付ける・・・ 場所が超難場で段階を踏まないと老い耄れ一人ではどうする事も出来ない!!!
翌日、ここで2巣ゲットした! 何れも最終は「透かし」と言う手段だった!!!
急傾斜の場所と大きな異系物があるという場所柄で言うなれば難所の一つだった。
急傾斜の場所は近場に餌を付けるものの何ら反応が無い!!! それもその筈、透かしで見付けたが急斜面の型のような場所で飛び出すヘボちゃんは空高く舞い上がる故餌を飛び越していたのだった・・・
夏場、動物が掘り掛けて居た巣でコロニーとしては大した巣ではなかった・・・




大きな異系物があった巣は同様餌を周辺に吊るすも全く反応が無く遠方からの追い込みで~透かしで見付けたがこの異系物体がヘボちゃん達の出入りを阻害していた為スガレ追いを困難にしていたのだった!!!
こう言う特異点は餌が巣穴の略真上(実際には2m程離れている・・・)地点で有ってもヘボちゃんは付かない!!! 
大いに勉強になったコロニーだった!
これは今後の蜂追いに物凄く勉強になり、また、ヘボちゃんの習性を知る上で学ばされた個体だった!!!

何れも誰それかが何時かの時点にからかった形跡(針金や餌吊るしのマーキングがある)があり残り者には福が付くという諺通りの一品だった!!!
土産はパソコン師匠のpensanと掛かり付けの老医者先生にお上げしたが喜んで貰えた・・・
老医者先生は85歳にもなるが、まだ、現役で聴診器をブラ提げ多くの患者さんを見ている有名な外科医さんである!!! 北信の出身で幼き頃蜂の子で育ったという・・・何時も何時も奥さんとこれを抜いて食べるんだ!!!とピンセットを振り翳しているが抜くのは苦手のようだ!!!
pensanは病気がちな奥さんにこの滋養品を与え元気を出して貰うという奥さん孝行のおじさんだ!!!
御両人には2度目のプレゼントも考えている・・・ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«      『 ヘボ紀行・・... | トップ |      『 耳より情報!... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しだくろ)
2016-10-25 15:17:44
家でイブしたのは何段くらいあって、どれくらい抜けた段がありましたか?
また、女王の段は何段くらいなってましたか?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事