ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 混戦模様!!!⇒ 劇的勝利!!! 』

2016-10-30 18:08:53 | 日記

             


J1もJ2も首位争いそして降格脱出縺れに縺れていて最終戦まで予断を許さない!!! 冷や冷やドキドキの週末である。

J1の降格争い傍が見ていても非常にスリリングだ!
名門のあの「名古屋」が危ない!!! そして「新潟」も紙一重だ!!!これ等のクラブに輪を掛け甲府、磐田もシーソーに乗っている・・・
結局最終戦まで縺れ込んだ!!!

一方、J2の首位争い終盤に来て札幌が失速気味?、力のある清水、大阪が松本山雅に急接近!!!
首位攻防はどうやらこの4チームに限定されつつあるようだ?

2時前、ビールを抱えてTVの前に座る。
今日は、自分自身にも活を入れる為タオマフ(タオルマフラー)を首に撒いての応援だった。
 

昨日、今日の結果は、
松本からのサポーターは1000人を超えていたという!!!  相変わらずの動員力ぶり!!!  このクラブの底力が判る!!! 近隣アウェー戦だと5000人とか8000人を超えるサポーターが馳せ参じる!!! アウェー最終戦町田戦は既にチケット完売と聞いている・・・

札幌:下位の熊本に負け大きな取り溢しを!!! 2位との勝ち点差が「3」と迫ってしまった!!!
松本:相変わらず飄々と戦っているが下位に接近され危ない綱渡りをしている・・・
清水:チョンセテ、大前が絶好調で5連勝!!! 2位松本に肉薄して来た!!! 勝ち点差3!!! 矢張り実力は本物!
大阪:ここにきて伸び悩み? 滔々清水に3位の座を明け渡してしまった。が、力、資金力は一流!!! まだまだ、爆発力を蓄えている!!!
岡山:此処に来て失速気味? でも力は確かだ!!! 連勝の可能性も!
京都:此処も地力のあるチームだ! 岡山とPS争いをしている・・・ 老舗の力!!!

オラガ松本山雅は、残り4試合となったが、何といっても一番の強みはホーム戦を3つも残している!!! これは強みだ!!!
何といっても移動の疲れや体調変動を齎さない! そして、会場中があの巨大応援団となることだ! 残りのこれ等3戦、多分、15000人を超えるサポーターが押し寄せるだろう!!! この応援団は、J1に行っても十分通用する存在でJ1、J2含めても5本の指の入る頼もしい後押し軍団だ!!!
これは絶対の強みでアウェー町田戦を如何に叩き潰せるかで優勝の夢も見えて来る!!!
こう言うシュチュエーションの中での一戦だった・・・

今日の山形戦はディエゴの一発退場で絶対有利の形で展開されたが、堅い守りを崩し切れず苦戦!!! 後半、試合終了間近、交代した宮阪のコーナーキックを同じく高崎と後退した三島がヘッドで叩き込みこれが決勝点となった!!!
1000人を越える松本山雅のサポーターが爆発した!!! オイドンもTVの前でタオマフを振り回しこの一瞬を共有した!
ディエゴの一発退場はかなり悪質で2回も足蹴りを工藤に喰らわせこれを見て居た主審が一発レッドで退場させた!!!
これを境に山形は防戦一方だった!!!
しかし、点を取れない松本!!! 実に情けない!!! 
力の差が拮抗している両チーム、現在の順位に関係なく11人対11人だったらどうなって居たか判らないかった・・・
しかし、キックのプロ宮阪とヘッドのプロ三島のピンポイントは圧巻だった!!! 敵地のサポーターを黙らせた!

さて3日後、11/3、にはアルウィンで熊本と対戦する・・・
そして、3日後には今度は東京ベルディーと戦う。 
この連戦で全貌が見え隠れするだろう・・・
両者は現在、下位に甘んじているがどうしてどうして力のある選手が多く侮るようなことがあると敗着と言う落とし前が点いて来る・・・
此処で興味深いのは、首位を走る札幌が急変し、ここで連敗!!!、勝ち点差が3とまで縮まってしまった!!!
これからの札幌、松本、清水の戦い如何ではドンデン返しが有り得るような気がする!!! 果たしてどこが優勝するか?
当然の事ながら脚を引きずりながら出掛けるが今季の関ヶ原の戦いになると思っている・・・ 
絶対多数のサポーターを喜ばせることが出来るか?このチームには毎度の事ながら油断と言う大敵を抱えているので予断は許されない!

今日の結果で上位陣の今後のスケジュールはこうなる!!!
              ①札幌    ②松本     ③清水     ④C大阪
             (勝ち点78) (勝ち点75)  (勝ち点72)   (勝ち点69)
 39節 (11/03)     H⑲讃岐    H⑱熊本    A⑥京都     A⑫千葉
 40節 (11/06)     A⑪徳島    H⑯東京V    A⑲讃岐     H⑨愛媛
 41節 (11/12)     A⑫千葉    A⑦町田    H⑤岡山     A⑯東京V
 42節 (11/20)      H⑳金沢  H⑧横浜FC   A⑪徳島     H⑱熊本
(注)
   表中で H:ホーム戦、A:アウェー戦、 ○内の数字は順位

この表を見る限り札幌、松本の優位は変わりないように思えるが勝負の世界は判らない!!! ホーム戦を多く残している松本にも優勝の望みが見え隠れする・・・ 稀に見る激戦と言えよう。


プロ野球の広島日本ハム戦は手に汗を握った!!!
結果は集中力が切れなかった日ハムに軍配が上がった!!!
スポーツの世界、終盤に来て、愈々、面白くなって来た!!!  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«      『 ヘボ紀行・・... | トップ |      『 ヘボ紀行・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事