ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 作戦的中!!! 』

2017-08-08 11:39:40 | 日記

             


この所、毎日のように非常に強い夕立に見舞われている・・・
この梅雨、夏と雨が実に少なかったので恵みの雨と言ってもイイだろう!
一昨日の夕立は急に来たバケツを引っ繰り返した様な降りだった。
偶々、病院からの帰りで、途中、晩御飯の買い物をしての後だった。 車を出て玄関に入るほんの数秒秒足らずの時間だったが、ビタ濡れとなった!!!

昨日もかなり強い夕立!!!
そして、この所当てにならない天気予報!!! 今日は台風が近づいて午後から雨になる!!!という予報だった。
台風が近付いているので要警戒!!!
前の晩、宮ちゃんから電話があった。明日は長い事欠けたので連れて行って欲しい!と・・・・・・
パソコンや新聞で天気予報を心配する。 どうやら午後から雨になるらしい!
こうなら昨日見付けた巣を掘りながら9分通り追い込んだ巣をからかい、運良く見付けられればこの2巣を生掘りし、山の飼育場に活けたい!!!という作戦を起てた。
6時、早い起床で餌を作り、朝御飯を焚く! この所四賀村から来ているお米の美味さが再認識し御飯を食べるようになっている・・・ 永い事市販の稲荷寿司に飼い馴らされて来たが改めて四賀村のお米の美味さを再認識した!!!
爺の場合、1合もあれば朝昼晩三食十分でこれを余らせないようにしている。
美味しい御飯にヒマラヤの黒塩を振りルンルン気分で食す。
食べ終わると宮ちゃが来た。

5~6日の間(ま)があっただろうか?この間巨大巣連発入所で我が家は満タン!!! 山の飼育場への入所が始まっていた。今日の入れ込みもそうしたい・・・
4駆のパジェロは実に力持ちだ! 山道急坂をグングン昇る・・・
現地に着くと見慣れない軽四の車が止まっていた。 先客かな?
其処から先は風倒木の為20kg近いリュックを背負わなければならない!
昨日見付けた巣の近くに着くと見知らぬおじさんが居た。 蜂追いらしい!!! 
少々会話をすると相手はこの爺:yを知っているらしい!!! 
友人の田中さんの友達だと言っていた。 田中さんには、昨年、駄洒落本「 Shy ・・・、the Vespula 」シリーズ3冊を友人と一緒に譲り渡していた。そして、ついつい先日この界隈で行き逢っていた・・・
申し訳ないが、先日見付けた巣を生掘りさせて貰う事にした。この方がお互い都合がイイ!!! 帰り掛けに!!!と、思っていたが、先客が居たのではこの方法も致し方ない!!!
生掘りをした事が無く見たい!!!!と言う・・・
セルロイド派らしい!!! そして、オオスズメバチ・ハンターだという!!! この為の防護服は持っている。
この生掘りは難なく出て来て石と石の合間に楕円形をした形良い巣を形成していた。この模様は宮たやんが画像撮影してくれたので画像を見た方がイイだろう・・・

こんな形をした巣穴。 このゴミの下に有るようだ?


ゴミを除けるともう出て来た!!! 遣り易いい!!!


中々の代物!!! 通いに相応しい!




これで完璧、綺麗に入った!!!
こういう手順で出来ればヘボちゃんは、先ず、完璧に捕獲出来る・・・

マァ~ざっとこんな感じ! 通いが良かっただけに中々の代物!!! 
略完璧に働き蜂を捕獲!、箱に収める・・・ 後は砂糖水で暫くの時間を養って貰う事になる・・・
この方法は見付けた巣のヘボちゃんの再来を防ぎ効率を上げる為には頗るイイ方法だ!!!
今日の台風の飛来を考えればこれが良かったのかも知れない?
おじさんと別れ、我々は、更に、上に向かう!!!  道中、大きな枯れ枝に今掘り上げた骨箱を括りつける・・・ 蟻さんの侵入を防ぐ為だ!!!
何としても昨日の続きをモノにしたい!!! 可能だと確信していた!!!
凡そ7~800m歩き、現地に着く。
生掘り用の道具類は重かった!!!  この歳を考えるともうこうした作業は限界が近づいている!!!

軽くワン・ドリンク。気合を入れる!!! 
そして、背面斜度50度近い急坂山に餌を撒く・・・14~5個撒いたであろうか?
想定した所への付きは悪く、想定外のピンちゃんが付き反対側の山に飛んで行った・・・ ピンピンの羽音!!! 
次の餌に2匹!!!
これに色を付けると爺が予測した方向よりやや上側に飛ぶ。 
やや狂いがあったか?
地面1~2mの地点を3~40m飛んだであろうか?そして尾根のやや向う側の風倒木の下を潜り左尾根へ消えて行った。。。
短時間で戻って来る。  巣が近い証拠だ!!!
宮ちゃんに消えて行った地点に出て貰う。
次の飛ばしで勝負あった!!! 
最近の宮ちゃん、かなり腕を上げ、紙縒りの追従が出来つつある!!! 先日も出来ていた!!! ヒョッとすると本物の蜂狂入りが出来るかも知れない? 
これは大変な事になるぞ? 
ついつい先日まではチンプンカンプンだったが急速に腕を上げている!!!  
先日も褒めて遣ったがかなり!!!、自信を付けつつあるのかも知れない? この分だと今後戦力として十分計算出来る!!! 
取分け、こう言う難所、今の爺の脚力ではこうした急坂、尺取り虫を先ず登り切れない!!! 20mが限度だ!!! 老いには勝てない!!!  

巣穴を点検するとオモロイ出入りをしていた。
枯れた風倒木に従い上から入り下に出て来て、またまた下に下るという始めて見る通い通路だった! 
急坂に降る雨で土が流されこう言う事になったのだろう・・・
昨日から感じていたが、これはコバクロ種でイイ飛びをしていた!!!
下に降り本陣で昼御飯をかっ込む!!!
何となく天候が怪しい? 時々、木の葉を叩く雨脚らしき音を感じる。 沢の川音と混じりよく聞き取れないが台風は間近まで来ているようだ!  

背面斜度の急坂:山を100mほど登り、生掘りに掛かる!!!
中々の代物のようだ!
風倒木をエイッと二人で押し避けるとヘボちゃんがワット吹き出た!!!   其処にはワヤが覗いて居た!!! 
今年初めての掘り易い黒土模様の斜面で完璧に掘り出せた!!! 石コロ一つなかった!!!  
これも宮カメラマンの画像で・・・
使い慣れていない所為か?この馬鹿チョンカメラピンが来なくてもシャッターが切れるので近過ぎるとピンがやや甘い!!!


もうゴロリンコと出没・・・

完璧な掘り出し!!! 石コロ一つない!!!

こんな光景、自分では撮れない!!! 矢張り助手さんは必要だ!!!







こうして離巣した攻撃蜂の巣への付きを待つ・・・ ほんの5分と掛からない!

画像紹介はこれで ジ エンド!!! 言葉より分かり易いだろうか?


ルンルン気分で山を下り出す・・・
道中、休んでいた先の掘り上げ品をピックアップ!宮ちゃんと二人で骨箱を釣る下げ車へ向かう・・・
もうおじさんの車は無かった・・・ 見付けられたのだろうか?

山の飼育場に着くと木々を雨脚が叩き出した・・・
山の飼育箱は清掃も終わっているので入れてポンポン!!! はいエンド!!!!!
終わると、雨脚が急に強くなりだした!!! 今日の工程は印(はん)を押したような完璧な工程だった。
こう言う事が年に何度かあるからこの世の中よく出来ている・・・ 台風:嵐も近付いているようだ!!! そらが鉛色だった・・・

宮ちゃん御苦労様でした!!! 
秋には分け前が期待出来るかも? 
毎年の事だが、此処の飼育場は餌無しでどれも5~6kgのコロニーに仕立て上げるから凄い場所だ!!!!!と思う!
餌が豊富な上、生育環境が群を抜いて居るのだろう?
これが毎年だから驚かされる!!! yの秘密の場所だ!!! 
此処も、こうして6巣入れる事が出来た! もう一踏ん張りしたい・・・ 



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«      『 超デッカ~~... | トップ |      『 松山英樹の底... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (村夫子BUN)
2017-08-09 00:22:09
やはり画像があると状況がよく判りますね。
特に2つ目はキレイに掘り上げましたね。
流石師匠です。
諏訪合宿で戴いて来た働き蜂の中に女王が育てた子の様な
小さな蜂を最近よく見かけますがどういう事ですか?
戴いて来て3週間余りですから未だこちらで生まれた子ではないと思うのですが…。
Unknown (極楽蜻蛉)
2017-08-09 08:08:49
この地でのジャンボ生掘り、皆綺麗に掘り上げられています。先日の超超ジャンボ品は余りにもデカ過ぎ完璧に掘り上げられたがどう逆立ちしても骨箱に入らない為荒療治!!!
ワヤに3つもの石を抱き込んでいたので変形巣!!!
上下と石を取り除くと蜂が噴き出した!!!
それでも入り切れずやや押し込み気味に箱入れ・・・持ち帰った。
八ヶ岳の巣が潰れてしまったので、面さんの胴丸に入れ、
屋根までオマケして遣った。
今はブンブン丸に通っているので当面は大丈夫だろう・・・

今年は色々な事が起こります。

超チビの働き蜂は女王が育てた子蜂でしょう!!!
或いは、子蜂達が育てても餌不足の場合、チビタンが生まれて来る事がある!!!
晩秋になってもこう言うチビタンを見かける!!!
小さくても一丁前だから驚かされる!!!
晩秋、巨大巣になって餌の供給が下辺部へと移る・・・
この時、一番上、女王蜂が造った巣盤が、まだ、活躍している場合が儘ある・・・
ここから生まれる働き蜂は餌の供給が超少ないので子蜂同然となる!!!
これに近い現象が起きているのだろう・・・
働き蜂の寿命は30~50日位とされている・・・儘2カ月位生き永らえる場合もあるが短命で可愛そう!!!

完全に消耗品です!!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。