深圧☆アモーレ❢

少しでも皆様のお役にたてる情報を提供できたらと思います。

『修復作業』

2017-04-20 11:00:00 | 日記
3月にから4月に掛けての急激な温度変化で調子の悪くなっている方も多いと思います。

春先の気圧の変化や寒暖差で自律神経が乱れます。
暖かいと『副交感神経』寒いと『交感神経』が優位になります。

決して骨の変形が進んだ訳ではありません。

自律神経とは、正反対のはたらきをする『交感神経』と『副交感神経』の2つからなり、
この2つがバランスよくはたらくことで、健康状態を保っています。
詳しく書くととても長くなるので割愛しますが…
『交感神経』=緊張状態
『副交感神経』=リラックス状態
と言う事です。

痛みを抱えていると『交感神経』が優位になります。

『交感神経』が優位になると筋肉を緊張状態にしてしまいます。

逆に『副交感神経』が優位になると筋肉は緩んだ状態になります。

強い痛みがあると筋肉は常に緊張状態です。

実際に患者さんを診ていても、上手に力が抜けなくなっています。
それは、痛みと恐怖心が原因です。

歩く姿を見ても患側(痛い方の脚)を棒のように、杖の様にして歩いている方が多いです。

痛みや恐怖心から逃れる為の防御反応です。

常に力が抜けないと言う事は、筋肉達もずっと緊張状態です。

ちょっと想像してみて下さい。
重たい荷物を持ってず~~~っと同じ姿勢でいたらどうなりますか?
腕の筋肉はずっと緊張状態です。
その状態が続くと
腕が痛くなったり痺れてきたりしませんか?

一時的なものであれば少し休めば回復します。

しかし、常にその状態だとしたらどうでしょう。

長い期間筋肉が緊張状態でいる事で
股関節周囲の小さな筋肉達は悲鳴をあげている状態なのです。

しかも、その小さな筋肉達は普通にマッサージやストレッチをしてもなかなか回復してくれません。

なので、しっかりほぐして筋肉達を元気な状態にすることが重要なのです。

骨は関係ありません。

むしろ、筋肉達が元気になりきちんと力が発揮できる状態になれば、
関節にかかる負荷も少なくなり、
血流も良くなるので、
変形が安定するのも早まります。

良いことだらけです。

人間には本来、
自分で自分の身体を治そうとする『自然治癒力』と言う機能がちゃんと備わっています。

だから傷も治りますし、骨折も治ります。

『骨の変形』も『自然治癒力』による修復作業です。
不安定になった関節面を安定させる為のものです。
修復作業が終われば変形は落ち着きます。

安定期です。

病院で言うように、変形し続けて骨が崩れたり、潰れたり、脱臼するなんて事は考えられません。

安心してください。

関節を支えている筋肉や靭帯はそれほど柔ではありません。


肩や股関節の様に動く範囲が大きく、
スムーズに動く事が求められている関節は大きな筋肉だけではなく、
関節周囲にある小さくて細かい筋肉の動きが重要になります。

もし、大きな筋肉だけだと動きはカクカクしてしまいます。
その小さな筋肉達の働きで大きくスムーズに関節が動かせるのです。
目立たないですがとっても働き者なのです。

深圧は一般的なマッサージ等と比べると痛いです。

それは、表層にある大きな筋肉ではなく、
疲弊しきった深層部の股関節周囲の小さな筋肉達を直接狙っているからです。

疲弊して凝り固まった筋肉達がほぐれて筋肉達が元気になってくると不思議と痛くなくなります。

痛みが落ち着き、恐怖心が薄れていくと自然と力が抜けるようになります。

歩き方も変わります。

深層部の小さな筋肉達が元気になってきた証拠です。

股関節周囲の筋肉達は普通に生活していても凝る場所です。

『肩こり』は一般的ですが、
『尻こり』や『腿こり』『腰こり』って言わないですね。

『肩こり』では手術しません。

『尻こり』『腿こり』『腰こり』は手術しますね。
なぜでしょう?


まだまだ諦める時期ではありません。

『骨は大丈夫です』

今痛みを抱えている方も、
手術を選択された方も、
手術後の方も、

筋肉の状態を良くする為に必要なのはトレーニングではなく『ほぐし』です。

筋肉がきちんと力を発揮できる様にしてあげることです。

自分の身体を信じてあげてください。

筋肉達を労ってください。

必ず痛みは緩和します!



いつもまとまりのない文になってしまい申し訳ございません。
最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

今日も『真犯人』の捜索に行って来ます!

満開の桜も散ってしまいましたがやっと暖かくなってきました。
暑いぐらいです。

皆様お身体お気をつけください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『変形性関節症は現代病!?』 | トップ | 『活動量を増やしましょう!』 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。