Koba の庭~春夏秋冬

庭や鉢植えの樹木や草花を中心に、家庭菜園も楽しみ、四季の彩を写真で紹介します。

ホトトギスの花(1)~江戸の花

2016-10-13 | 山野草

ユリ科のホトトギスは東アジアの原産で、花の斑点模様が鳥のホトトギスの
胸の模様と似ていることから名付けられました。
大文字草と並んで秋を代表する山野草として、鉢植え栽培しています。 
 
江戸の花」という品種は、台湾産の改良品種で、日本産に比べて丈夫です。
 

 
自宅北側の棚で、9月中旬から咲き始めました。 
 

 
花色は、コバルトブルーを帯びるのですが、 
 
 
 
開花中は、玄関前に鉢を移動し、9月下旬の花です。 
 

 
10月10日の花、徐々に赤みの強い花色になってきました。 
 

 

 
花茎の先が細いツル状に伸びて、その先に花を咲かせていきます。 
 

 
本日、13日の花アップです。 まだ蕾もあるのでもう少し咲きます。 
 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿根ヒメヒマワリの仲間 3種 | トップ | ヤマボウシ「紅富士」の果実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む