KJだより

アロマとコーチングをこよなく愛するナースとして徒然なるままに・・・。

タクシー運転手さんの危機管理

2016-10-14 06:27:37 | Weblog
近隣の看護学校での授業講師終了後のことである。
お迎えのタクシーに乗車。

運転手さんが怒っている

その理由は、私を迎えに来る際、「高齢のドライバーが信号無視をしてぶつかってきそうになった」のだと言う。
意図的に赤信号に突入するのならばスピードを落とすはずだが、高齢者は減速せずにそのままのスピードでつっこんでくるらしい。
そんな高齢者に運転をさせている子どもらが悪い(との意見)。

そこで、タクシーの運転手さんは言う。
「私ら、必ず信号で先頭に位置したときは、必ず左右の確認をしてから発進する。防衛運転ですわ」

タクシー運転手さんの危機管理は、防衛運転から。

運転手さんの怒りを傾聴。

職場へ戻ったらふたコマ続きの授業と、運転手さんの話を傾聴し、昼食前ということもあり、放心状態

気力の低下

医療安全の考え方では、まずは根本原因を明らかにし、個人に焦点をあてずシステムからアプローチする。
となると、高齢者の運転について、今以上に制度からアプローチする必要があるようだ。

昨日の前半はこんな調子だったけど、最後は”おかげさま研修”の運営で癒され
相殺された。

さて、本日は、院内研修でコーチングの講師。
どんな展開になるかな
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療安全がつなぐご縁 | トップ | コミュニケーション傾向の変化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL