KJだより

アロマとコーチングをこよなく愛するナースとして徒然なるままに・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

認知症サポーターになった~

2017-02-12 07:12:13 | Weblog
昨日は地域住民対象の認知症サポーター養成講座に参加した。

認知症サポーターとは、認知症について正しい知識を持ち、認知症の人や家族を応援し、
誰もが暮らしやすい地域を作っていくボランティアのことである。

会場には、ナビを設定して出発したのに、なぜか遠回り
それでも山間部の雪景色を楽しめたので、ちょっとしたドライブ気分
駐車場に着くと係りの方が寒い中で誘導して下さり。
感謝、感謝。

入口でスーパーの袋を頂き、靴を自己管理。
他人の靴と間違わないための危機管理らしい。

今回は、認知症と診断されたばかりの父親を持つ友人と共に参加。
(本当は母も参加する予定だったけど、地元神社の神事のお世話役があり参加できず)

講師は、県立こころの医療センターの院長先生。
2時間たっぷりのご講演。

認知症サポーター養成講座のため、少々、難易度が高く。
薬の説明の部分はちょっと理解できなかった

ここ数か月間、友人から聞いてきた体験談が、講演を聞くことにより整理できた。
彼女のとってきた行動はすべて正しかった。
自信が持てた

アルツハイマー型認知症の方には、「説得より納得」。
本人がそう思っているのだから、その先の議論は不毛。

血管性認知症の方には、理にかなった論理的で現実的な対応をすることが必要。

厚生労働省の推計によると、認知症の人は2025年に700万人に達するらしい。
つまり65歳以上の高齢者の5人に1人。
えらい時代になってきた

認知症は他人事ではない。
私自身もなる可能性がある。

認知機能低下のための予防方法は、生活習慣病の予防そのもの。
加えて、頭の訓練、口腔ケア。

ボランティアのシンボルグッズ「オレンジリング」ももらった。
住民として、医療従事者として認知症への関心を持ち続けよう





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バレンタインデー | トップ | すぐやるストレス解消術 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事