KJだより

アロマとコーチングをこよなく愛するナースとして徒然なるままに・・・。

医療安全がつなぐご縁

2016-10-13 06:27:02 | Weblog
昨日の研修中のことである。

100人規模の研修。
席は自由。

研修開始後間もなくスモールグループディスカッション。
まずは自己紹介。
すると、「○○さんて、以前、医療安全の研修会でご一緒だったよね」とお声かけいただいた。

私「え?和光の研修会?医療安全のジョイント研修ですか?」
Aさん「そうそう、当県からの参加者が少なかったから覚えてるのよ」
私「グループワークが一緒だったんでしょうか」
Aさん「違ったわ」
私「すみません。覚えてなくて。でも、その研修には行ってました」

びっくり

さらに、
Aさん「○○さんは、△△の卒業生なの?」
私「はい」
Aさん「私もそうなの、随分、年が離れてるけどね」

お~、大先輩。

Aさんは現在、□□病院の看護部長さんだった。
(当時は、看護学校の教員だったとのこと)

昨日、あの席に座ったからこそ出会えた方。
ご縁ってすごいな、と思う。

帰宅後、その時の資料を取り出してみると、参加者名簿にAさんのお名前を発見
看護部長になられる方は、すごい記憶力なのだ

その研修は、平成20年8月に開催され、4日間も医療安全のことを勉強した。
あの時に勉強したことをベースに研修講師業を実践している。
8年経った今日も看護学校で医療安全の授業を担当し、学んだ内容を役立てている。
よく研修の効果ばつぐんである。

そう思うと集合研修も捨てたもんじゃない

さて、昨日、参加した研修のテーマは、看護補助者の活用。
病院の機能、規模で抱えている課題は異なるけど、それぞれの場所で真剣に取り組んでおられる方々ばかりだった。

いい刺激をもらえた。
本日も佳き一日を授かりますように

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療安全の教材研究 | トップ | タクシー運転手さんの危機管理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL