帰ってきた赤城山の熊さん

恥ずかしながら、帰って参りました!(^_^ゞ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

源頼朝公と…君が代( ・◇・)?前橋市駒形神社

2016-10-25 11:45:00 | 日記

伊勢崎市から前橋市にかけては、源義経の伝説が多く残されています。古代から東山道(とうさんどう)という街道の通り道であった為で、この道を義経が陸奥へ逃れて行ったのは確かなようです。
また、兄の頼朝も足跡を残しています。この駒形神社も、そのひとつ。

でも…実は頼朝公の足跡を探しに来たワケじゃないンだなぁ(^_^;)

え?さざれ石だって…君が代の?

コレが…初めて見たけど、意外につまらない物!と言ったら、コチラの宮司サンに叱られそうだけど(^o^;)

本殿は小ぶりだけど…

彫刻が色鮮やかで…美しい!\(^_^)/でも、見に来たのはコレじゃない…

本殿の裏に回ってみると…ありました~!(^_^)v


コレに会いに来たンです!

しっかり手を握って…アナタ百までワシャ九十九まで♪(チョッと古いけど)
という感じ。見ているだけで、心がホノボノ…温まってきます(*^^*)
さて帰ろうとしたら…馬が水飲んでる~!

フツーは龍なンだけど…さすが駒形神社。駒とは馬のこと。
この神社は頼朝の愛馬「磨墨」(するすみ)のヒズメを御神体としており、境内も馬蹄形になっていて、まさに馬づくし!なンだそうですよ(^_^ゞ
義経はともかく、兄の頼朝までが、この辺りに来ているというのはドーモなぁ┐('~`;)┌と思っていたンですが…情勢視察のため、坂東の地をめぐり、草津の湯に入った!(^○^)のは事実らしいです。してみると、この辺りを通ったというのも、あながち伝説とは言えないかも。

実はワタシ、このすぐ近所に、しばらく住んでいたことがあるンですが…当時は夜な夜なネオン街へ出動してばかりで、こんな場所があることもゼ~ンゼン知りませんでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ
いまはただ前非?を悔いて…神社仏閣をめぐり、ひたすら反省の日々を過ごしておりますけど…m(__)m

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤッパリ青空が似合う!ヽ( ̄... | トップ | 一人死んだら…一本植えた?(/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。