帰ってきた赤城山の熊さん

恥ずかしながら、帰って参りました!(^_^ゞ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ここは沼田街道松並木…(*^^*)前橋市田口町

2017-05-12 08:45:00 | 日記

ここは旧沼田街道の松並木跡。いまは面影もありませんが…

この道を北へ上れば米野宿。この辺りはもう坂道になっているので、旅人は赤城山を眺めながら、懸命に登っていったことでしょう…(^_^;)

すぐ近くに、大きな樹があって、古いお墓かな?と思ったら…

百庚申の標柱がありました。

庚申塔は江戸時代、全国的に流行ったもので、街道筋の村の入り口などで、よく見かけます。外の世界から来る災いを防ぐ、魔除けの意味があったようです。疫病や犯罪者などが、村に入ってきませんように!という祈りが込められていたンでしょう…


ここに庚申塔が集まっているのは、神社だったからなンですね。

奥の方には、文化とか寛政とか、江戸時代の年号が刻まれた古いお墓や、見捨てられたような仏様が…


こういう物は大切にしないと…バチが当たる!と思いますけどねぇ(^o^;)





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月11日は…萩原朔太郎忌( ̄ー... | トップ | 男にはニコニコ…女には石を投... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。