ゆとり世代というならば、ゆとって歩いて行こうじゃない。

ゆとり世代の甘ちゃん大学生が日々ふと考えたことをつぶやきます。

聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥

2016-10-14 21:54:11 | 持論
聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥

これは私の座右の銘です。
というのは嘘ですが、心に日々刻んで過ごしています。

私の周りの人は、いわゆるプライドの高い人がたくさんいます。
プライドの高い、自分は優秀だと思っている人たちは人に質問することがなかなかできません。
バカだと思われるんじゃないかということをとても恐れているからです。
彼らにとって一番大切なのは周りのみんなに自分がいかに優秀で価値がある人間かといことを
アピールすることです。(裏を返せば人から評価してもらう
ことによって自分の存在価値を見出そうとするというか、見出した気になっている)
(偏った考え方なのでお気を悪くした方いたらすみません。)

ですが、私が思うに、仮に何か聞いてこいつバカだなと思われたとして、
ほんとにバカみたいなこと聞いたんだとすると実際自分はバカなわけだからそれはそれでしゃあないだろうと。
その時点でそのことを知らなかった自分は事実なわけだから、その事実を素直に認めるべきだと思います。
大切なのはそれを知らなかったことではなく、その後いかにして忘れないようにするか。
たしかに、日々学んで自分の知識レベルを上げることは大切だけど、
それでも知らないことはいくらだってあるわけだから知らんことは聞いたらいい。
逆に、あと数年したらどんどん聞きにくくなってしまうもの。
「お前そんなこと知らずに何年この仕事やってんだよ」って言われたら怖いから

やはり、勇気をだして聞いてみるっていうのが大切です。
でもね、日々それを思い出さないといけないくらい、
自分の無知を認めて教えを乞うことって難しいんですよね。
ま、難しいからこそことわざにもなってるんでしょうけどね。

毎日少しずつ頑張ろうー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 努力は実を結ぶのか | トップ | 静心 しずこころ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

持論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。