端午の節句

2017年05月05日 | 日記

     今日は端午の節句 子供の日でもありますね。

     だからということもないですが買い物のついでに今年から一人暮らしが始まった

     息子の所に柏餅を持って訪ねました。何を食べているのかそれなりに元気にしていました。

   

       今年は20年振りくらいに五月人形を飾ってみました。

       もう小学生も高学年になると飾らなくなりましたね。

       こちらに越してきて湿気の多い山の中なのでもうダメなんじゃないかと

       思いましたが、後ろに立てる黒い屏風以外は何とか無事でした。

            

          もう30年近く経っていますが、遠目には案外きれいに見えますね。陣羽織もそのままの感じでした。

          4月初旬に出し面倒なことでしたが出した甲斐がありました。こうなったら旧暦まで出していようかな^^

          これからは季節を味わう私自身の為に気が向いたら出すかもしれません。

          こういった雛人形もですが出して目にすると季節の到来を思い日本の習慣にも思いが至って良いものですね。

          息子も健康で健やか!?に育ってくれた訳ですから役目を果たしてくれたということになりますね。

          

           昨日は大山鹿さんが草取りに励まれたようできれいになった所をアップされていましたが

           昨日は私も頑張りました! 殆ど落ち葉で石が見えていませんでした。

           

           今はサッパリしたものですがこれから石の小径の内側が賑やかになってきます。

           こんな中でも開いていたスミレ それともうじき開きそうなシラネアオイ  

           スミレの横に写っているピンクの花はイワウチワなんですが何故かガクッと折れてしまっていました。

           

               

             少しずつの芽吹き

            

            

            買い物に行った先では暑かったです。  新緑も進んでいました。

      

   

                 お立ち寄り下さってありがとうございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山里の春* | トップ | キチョウとチョウジザクラ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (大山鹿)
2017-05-05 20:30:01
端午の節句に立派な鎧兜を飾られて季節を感じますね。
大山鹿さんの処は兜だけですが息子の家で飾って貰いました。日本の良い風習は続けたいものですね。
処で、野趣あふれるヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ庭ですね。
オオタチツボスミレの様な立派なスミレ、そして、開花が待ち遠しいシラネアオイには圧倒されます。
山菜も沢山取れそうですね。春のえぐみを楽しめそうで羨ましいです。
大山鹿さん こんばんは (コアジサイ)
2017-05-05 21:33:54
鎧兜はなんせ小物が多くて兜だけの方が良いですね。
木は切らず残して大きな石も活かすようにして出来るだけ自然のままで・・・
今も継続中ですが今は補修が主になってしまいました。
この庭と言えるか分かりませんが石や岩が多くてそして斜面ですので
トレッキングシューズを履いているのが具合良い庭です。
凄い庭!?ですが合っている山野草たちにはとても良い所のようです。
スミレの蕾をたくさん見つけて楽しみにしています^^


立派な (fukurou0731)
2017-05-06 09:17:46
コアジサイ様
おはようございます。
立派な鎧兜ですね。
等身大ですか?
お庭の草花もようやく咲きだしていますね。
拙宅あたりも春がやってきて新緑が目立つようになってきました。
fukurou0731さん (コアジサイ)
2017-05-06 10:27:53
こんにちは
朝は晴れていたので芽吹いてきた新芽が輝いていました。
こんな朝は気持ち良くて元気!になりますね。

鎧兜は等身大ではないですよ~可愛いものです。次の年も湿気っているので出した方がよさそうです。
部屋ではスズランの良い香りがしています^^

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。