BCLとベリカードの楽しみ

海外からの短波放送や国内放送を聴いて、放送局からいただけるベリカードを紹介しています。

Radio Romania Int. ベリカード 城の写真

2017-04-24 | 海外局ベリカード
RRI「ラジオ・ルーマニア・インターナショナル」の英語放送を聴いていただいた、ベリカードです。

今年のカードは、「ルーマニアの城と要塞」シリーズのようで、2月受信分のものです。



ルーマニア中部、トランシルヴァニア地方のフネドアラにある、「フニャディ城(Hunyadi Castle、別名・コルバン城 Corvin Castle) の写真」です。

元々あった城を、新城主となったジョン・フニャディが、1446年にゴシック・ルネッサンス様式で造り変え、その後も増築、改修されるなどして、現在は、歴史博物館になっているようです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ・プラハ ベリカード トラムの写真

2017-04-23 | 海外局ベリカード
「ラジオ・プラハ」のインターネット英語放送を、3月に聴いていだいた、ベリカードです。

今年は、「歴史的な交通機関シリーズ」で、プラハ市内を流れるヴォルタヴァ川にかかるカレル橋の上を走る、「トラム (路面電車) の写真}です。

最後まで馬車鉄道として残っていたカレル橋上を通るルートは、1905年には電化され、1908年まで運行されていたようです。



運行を始めた頃に撮られた写真でしょうか。多くの人々が集まってきていて、乗るでもなく、見物しています。

写真を見ていて、少し気になったのが、電力を取るトロリー線が写っていないことです。修正して、消しているのかな。

今回は、カードとあわせて、栓抜き用の突起があるキーホルダーをいただきました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Eベリ KTWRフレンドシップラジオ  ヒツジの親子

2017-04-22 | 海外局ベリカード
グアムより、毎週日曜日夜9時15分から短波9900kHzで放送している、「KTWR日本語放送フレンドシップラジオ」からいただいた、Eベリです。

4月16日放送分は、イースター(復活祭) にちなんだ、リスナー撮影による、「ヒツジの親子」の写真です。



さて、この日の受信状態ですが、当地では、全く聴こえませんでした。番組開始時刻を過ぎても、雑音ばかりなので、停波なのかと思いましたが… その後も聴いてみましたが、雑音の中で日本語をしゃべっているような気がするだけ、の空耳でした。

このところ、グアムからの電波伝播が不安定で、日本をスキップして、海外では聴こえているようです。自然現象に起因する伝搬障害のようですが、ずっとこのままの状態が続いていくと、A17シーズンは「幻の日本語放送」になってしまいはしないかと、心配です。早く空の状態が良くなることを、祈っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国国際放送局 ベリカード  石嘴山市の街並み

2017-04-21 | 海外局ベリカード
CRI「中国国際放送局」日本語部からいただいた4月のEベリで、その3です。

「美しい寧夏シリーズ」で、自治区の北部に位置する、「石嘴山(せきしざん)市の街並み」の写真です。



自治区にある5つの地級市の1つで、写真では、広々とした4車線の道路が、ずっと続いているように見えます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾国際放送 ドイツ語サービス30周年記念パンフレット

2017-04-20 | BCLアラカルト
RTI「台湾国際放送」のドイツ語課から、このほど、「ドイツ語放送開始30周年記念パンフレット」が送られてきました。

昨年10月に行われた、淡水送信所からのドイツ語テスト放送に、受信レポートを送ったことによるものでしょう。



全編24ページで、ドイツ語で書かれているので良くわかりませんが、1986年10月10日に始まったドイツ語サービスの歩みや、番組制作スタッフの横顔、リスナーズクラブの活動、記念式典の様子などが記されていて、表紙は、観光地・九份の写真になっています。

そのパンフの中の、歴代ドイツ語課アナウンサーやスタッフを紹介するページです。



漢字で表わされている言葉は、「徳語工作人員」。工作員というと、日本語なら「スパイ」など、良い意味では使われないので、驚きました。

また、登場しているドイツ人の姓名を、日本語のカタカナで表わすと長くなりますが、漢字2文字や3文字で表わしているので、正しい発音名というよりは、意訳名になっているのでしょうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VORW via Tashkent (2) Eベリカード

2017-04-19 | 海外局ベリカード
アメリカの「VORW Radio International」(External service of TheReportOfTheWeek) の英語放送を聴いていただいた、Eベリカードです。

毎週木曜日、午後9時から9875kHzで、ウズベキスタンのタシケントから、日本と東アジア向けに1時間の放送をしていて、13日は、そこそこ聴こえていました。

番組は、制作者のジョンさんが1人でやっているようで、放送に関する話題のトークと、(リクエストによる) 多彩なジャンルの歌と音楽の構成になっていて、曲の合間にリスナーのお便りが読まれているようです。

この日、かかった曲でわかった曲名は、ジャズの「テイク・ファイブ」だけでした。そして、驚いたことに、日本語による局名アナウンスが2回流れました。日本語アナウンスの提供は、たぶん、日本人DXerのあの人によるものだと思われますが、その人とはお話をしたことがないので、声の主なのかは、推理するだけです。

この調子でいけば、リクエストすれば (音源の確保と著作権をクリアーすれば)、日本人が歌っているアニメ・ソングや、日本語の歌謡曲をかけてもらえるのではないかな、と思ったりしますが。

Eベリは、「ジョンさんの似顔絵」になっています。vorwinfo@gmail.com に受信レポートを送り、いただきました。



聴く毎に、少しずつ受信状態が良くなっているように感じますので、明日20日も楽しみにしています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Radio Free Asia ベリカード 雄鶏 & Winter SWL Fest

2017-04-18 | 海外局ベリカード
「ラジオ・フリー・アジア」からの、ベリカードです。

今年は、「酉(とり)」なので、「Radio Free Asia」第1弾のカードは、韓国の朝鮮王朝時代(19世紀)の画家・張承業(チャン・スンオプ) 画伯が描いた「雄鶏」になっているのを、前に紹介しました。

それに加えて、3月2日~4日に、米国ペンシルベニア州で「NASWA」(The North American Shortwave Association・北米短波連盟)が主催する 、今年で30回目の“2017 Winter SWL Fest”が開催されたのを記念して、3月3日~9日の受信に対して、発行されたものです。



そうそう、RFAには、同じようなイベントの期間限定ベリでは、こんなのもありましたね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KBS World Radio ベリカード

2017-04-17 | 海外局ベリカード
韓国「KBSワールド・ラジオ」が、3月に実施した、「放送時間帯変更のための試験放送」を聴いていただいた、ベリカードです。

午後5時からの日本語放送7275 kHzの状態が良くないそうで (当地では、あまり悪くありませんが)、この周波数が使用できる良い時間帯を調べるために、6日・7日、午後8時からと10時からの2回、テスト放送が行われました。

午後8時からの放送を両日聴いてみましたが、いずれも最初の少しが聴こえただけで、中国局の混信が強くて内容の聴き取りは困難で、15分ほど聴いて途中であきらめました。



カードの受信データについては、試験放送の表示はなく、6日だけの、それも放送時間帯の記入でした。

また、デザインは、来年2月にピョンチャンで開催される冬季五輪のマスコット、「白虎・スホラン」と「ツキノワグマ・バンダビ」が、描かれているものでした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Eベリ KTWRフレンドシップラジオ チューリップ

2017-04-16 | 海外局ベリカード
グアムより、毎週日曜日夜9時15分から短波で放送している、「KTWR日本語放送フレンドシップラジオ」を聴いていただいた、Eベリです。

4月9日放送分は、リスナー撮影による、「横浜公園でのチューリップの花」の写真です。



さて、この日の受信状態ですが、当地ではこれまでになく悪い状態で、最初の5分間ぐらいは、かろうじて内容がわかりましたが、その後は何を話しているのかは、さっぱりでした。

ただ、かかった歌と音楽3曲は、知っている曲でしたので、曲名と歌手名はわかりましたが、まったりと楽しんで聴ける、というには、ほど遠い状態でした。

このところ、グアムからの電波伝播が不安定で、不良だったり、良好だったり、と差が激しいですので、今日、16日夜の放送は、どのような状態になるのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーチ・ビヨンド ベリカード 桜花

2017-04-15 | 海外局ベリカード
オーストラリアから、毎週土・日曜日の朝と夜に短波放送している、HCJB日本語放送「リーチ・ビヨンド」(Reach Beyond) の、4月のベリカードです。

リスナーが撮影した「桜満開」の風景で、3枚の写真が使われています。今の時期に、桜はピッタリですね。



日本語放送は、番組開始のインターバル・シグナルも新しくなり、「コンドルは飛んでいく」の曲になっています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国国際放送局 Eベリカード CRI局舎の長野県の桜

2017-04-14 | 海外局ベリカード
CRI「中国国際放送局」日本語部からいただいた4月のEベリで、その2です。

いつもの、「美しい寧夏」シリーズではなくて、「中国国際放送局の長野県の桜」の写真になっています。



1996年に、「長野県北京放送を聞く会」が、CRI局舎の庭に20本の桜の木を贈り、それが毎年花を咲かせていて、満開になった様子です。

今年は、日中国交正常化45周年にあたります。調印記念日は9月29日ですが、桜の花が満開になったので、特別に発行? されたのでしょうか。

ずっと前、2008年4月のEベリにも、「CRI局舎と長野県から送られた満開の桜」の写真が使われていました。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK金沢局 ベリカード

2017-04-13 | 国内局ベリカード
「NHK金沢局」JOJKを聴いていただいた、ベリカードです。

金沢局は、いつもながら、「大河ドラマ」や「連続テレビ小説」の番組宣伝カードを利用したベリを発行していますので、4月に入り、聴いてみました。

表面です。



受信データが書かれてあり、兼六園にある「徽軫(ことじ)灯籠」のデザインがあしらわれた、「Received and Confirm」のスタンプが押されています。

裏面ですが、今月から始まった「ひょっこ」のが送られてくるのかな、と思っていましたが、今年1月にいただいたのと同じ、大河ドラマ「おんな城主・直虎」の、井伊直虎役の柴咲コウさんの写真を使ったカードでした。

(金沢局の1月のベリカード記事は、→こちら。)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VORW via Tashkent Eベリカード

2017-04-12 | 海外局ベリカード
アメリカの「VORW Radio International」(External service of TheReportOfTheWeek) の英語放送を聴いていただいた、Eベリカードです。

「番組制作者ジョンさんの似顔絵」になっています。



VORWは、何回か、日本向けのテスト放送をアメリカ・マイアミのWRMI局から実施していましたが、当地 (使っているアンテナ) では、厳しい状態でした。

今回、毎週木曜日に、ウズベキスタンのタシケントから日本と東アジア向け1時間番組の送信を始めた、ということなので、聴いてみました。まあ、そこそこ、聴こえている状態でした。

番組は、トークと歌・音楽の構成になっていて、10曲ほどかかった曲名は、モーツァルトの歌劇・魔笛からの「夜の女王のアリア」以外は、わかりませんでした。

そこで、日本の多くのBCLは、40-60歳代ですので、1970-1990年代にヒットした曲をかけてもらえれば嬉しい、とリクエストしておきましたので、明日13日、夜9時からの9875 kHzの放送が楽しみです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンゴルの声 ベリカード 巨大チンギスハーン像

2017-04-11 | 海外局ベリカード
「モンゴルの声」日本語課からの、ベリカードです。

ウランバートルから東へ約50km離れた、テレルジ国立公園の郊外にある、「チンギスハーン騎馬像と複合施設」の写真で、絵ハガキを利用したベリカードです。



チンギスハーンやモンゴルの歴史のテーマパークになっているようで、博物館、 展示場、土産物店、レストランなどがある建物の屋上には、高さ30mのチンギスハーン騎馬像が造られています。
騎馬像の大きさとしては世界一ということで、エレベーターで上がることが出来て、広大な草原を展望できるということです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK徳島局 ベリカード ひょっこ

2017-04-10 | 国内局ベリカード
今月3日からスタートした、NHKの連続テレビ小説「ひょっこ」の番組宣伝カードを利用したベリカードを、「NHK徳島局」からいただきました。

ヒロインの谷田部みね子を演じる、有村架純さんらの顔写真と、小道具を持ったキャスト集合の、デザインになっています。



ドラマは、茨城県で育った主人公が、集団就職で上京し、下町の工場で働きながら父を探す。その後も、洋食屋で働きながら、様々な試練を乗り越えて成長していく姿を描く、オリジナル・ストーリーになっている、ということです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加