sai10のいいかげんなブログ

毎日更新は、絶対できないと思いますが、ガンバリます。とりあえず開設です。      since2009.6.29

「ゴジラ展」を名古屋市博物館に見てきました。

2017年08月20日 22時28分08秒 | 日記

何故に名古屋市の博物館で開催されるかは分かりませんが、「ゴジラ展」を見てきました。

これが人気でビックリです。駐車場も順番待ちをしていたので、周りのコインパーキングに車を止めました。

この辺は、私の自宅から3分位の場所なので、地理に詳しくスムーズに駐車場を探せました。

私はゴジラ世代で、小学校の1年位から、お爺さんに連れられて映画館にゴジラを見に行った記憶があります。

数々の映画を見ましたが、パッとスグに印象の有る物を言えと言われれば、

ゴジラ対ヘドロで、ゴジラがヘドロの目の玉をヘドロの体内から引っこ抜いたシーンが何故か思い出に成っています。

会場内は、私的に感動する物は無かったのですが、懐かしく見ることが出来ました。

入場料大人1.300円でした。意外と高いような感じです。

ブースの中に入ると、人が多く居ました。

場内は、お決まりの撮影禁止です。

仕方が無いのかもしれませんが、個人的には気分が悪いです。

大人気??

「撮影OK」と成っている場所が数箇所有りました。

最後にも「撮影OK」があり、人溜まりに成っていました。

この場所を過ぎると出口に成りました。

私的にはジブリより好感が持てました。

 

 

名古屋市博物館の常設展示物も見ることが出来ました。

初めて見ましたが、こんなつまらない物に博物館を維持して、お金をかけてると思いハラが立ちました。

懐かしい催し物に行けて、意外と楽しかったです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あいたるや」で昼食しました。 | トップ | 「スマートフレッシュ」て知... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『シン・ゴジラ』評――修羅が再び日本を壊す・後編 (徳丸無明のブログ)
(前編からの続き) さて、それではこの批評は、中途半端な尻切れトンボの終わり方をしてしまうのか。 結論めいたものを導き出すのは難しそうだが、いくつかの推測は提示できそう......