名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

柳橋中央市場の春

2017年03月06日 | 雑感

↑西柳公園、この右手に柳橋中央市場がある

朝から雲が垂れ込めていたが、
雨が降ることはなかった。

散歩の帰りに、久しぶりに
柳橋中央市場に行ってきた。



春から初夏が旬と言われるアイナメやイサキ、キンメダイ、サヨリ
などに混じって、初?カツオも並んでいた。

養殖が盛んになり、遠くの漁場からも魚が入るので、
旬に関係なく色々の魚を目にする。



青果店には春の山菜が何種類も、
店頭に並んでいた。

春を先取りする料亭などの品書きに登場するが、
一般の食卓に上がることはなさそうだ。


↑雪解けと同時に顔を出すフキノトウ

↑行者ニンニク(4/18日撮影

以前、山里で暮らしていた頃は、春になると家のまわりで、
食べきれないほどの山菜が採れた。


↑出たばかりのタラの芽(4月末)


アクが強くてたくさんは食べられないので、散歩の道すがらに
少しばかり採って、その日のおかずにしていた。


↑採れたての山ウドと行者ニンニク

ほろ苦くて春の香りがする山菜を、冬から開放された
嬉しさと一緒に味わっていたことを思い出す。

パックに詰められた、ちょっと弱々しげな山菜は、
どんな味と香りがするのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒子梅苑「梅まつり」 | トップ | 東谷山フルーツパークへ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山菜 (Rei)
2017-03-06 21:46:10
写真からは近代的なビルの裏に
少し混沌とした市場があるとは思えません。
「やはり野に置け蓮華草」ではありませんが
山菜もパックよりは山里の自然のなかにある方が
似合いますね。
私はパック入りの味しかしりませんが、
山里で採りたての山菜の香りは違うでしょうね。
春の便り (nko)
2017-03-07 07:33:53
Reiさん
高層ビル街の麓の一角は、昭和の雰囲気が
今も残っています。
市民の台所は今後どう変わって行くのでしょうか。
山菜もハウス栽培されるようになり、早い
時期から出回るようになりました。
自生している自然の恵を味わうのは、最高の
贅沢かもしれませんね。
山菜がいっぱい・・ (sibuya)
2017-03-07 09:20:37
柳橋中央市場には新鮮な魚や山菜が多く販売されて
いますね~ 行者ニンニクは今月末頃には
北海道でも採れそうです。
タラの芽の天ぷらが大好きです。
北海道の春はもう少し先です・・・
春野菜 (ryo)
2017-03-07 13:26:09
こんにちは!
少し苦みがある春野菜は大好きですが
友人の家庭菜園で収穫されたものを
お裾分けしてもらいます。

高山の頃は、収穫し放題のnkoさまの食卓を
実に羨ましく見ておりました(笑)
野菜は自然に穫れたものはひと味違いますね!
天ぷら (nko)
2017-03-07 15:15:47
sibuyaさん
山菜のシーズンに入りましたが、北海道は
1ヶ月遅れのようですね。
山菜の天ぷらを味わえるのはもうすぐです。
春の香りを楽しんでください。
山菜三昧 (nko)
2017-03-07 15:22:42
ryoさん
自家製の野菜や自生している山菜は美味しいし
安心ですね。
今は店頭で見る程度ですが、以前はずいぶん
贅沢な山菜三昧でした。
見せびらかしていたことを思い出します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL