名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

コノシロが堀川で大量死

2017年04月29日 | 雑感


朝のうちは雲一つない快晴であったが、午後には
雨雲が流れ込み、雷鳴と共に雨が降り出した。

夕方には天気が回復し、再び青空が戻ってきた。
目まぐるしい天気の変化は予報通りで、最近の
気象情報の精度の高さに驚く。



今朝がた散歩をしていて、納屋橋にさしかかったら、
腐臭が漂ってきた。



さてはと思い堀川を覗くと、案の定
たくさんの魚が浮いていた。



20~30センチ程のコノシロ(コハダ)で、
白い腹を見せて水面に漂っている。

内湾にいる魚だが、気水帯や塩分の
薄い川にも遡上する。



水質の悪い堀川に上ってきて、酸欠かヘドロの
有害物質で命を落としたようだ。


↑ささしまライブ船溜まり(昨年5月8日撮影)

↑中川運河小栗橋(同)

毎年今頃の時期に、堀川や中川運河で見かける光景だが、
まるで初夏の風物詩のようになってしまった。



先日、英虞湾の筏釣りでコノシロを釣り、
酢じめにして食べた。

小骨を取り除くなど、下処理に手間はかかるが、
さっぱりとした食感は初夏の味だった。

江戸っ子は光りものとして好む魚だが、ヘドロの川で
白い腹を晒したコノシロを見てどう思うだろうか。

名古屋の恥を毎年晒しているが、果たして堀川で釣った
コノシロを肴に、一杯やれる日は来るだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名城公園と「tonarino」 | トップ | 真鯛のお裾分け »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見たくない風景です (Rei)
2017-04-29 21:39:36
もともときれいではない川ですから
酸欠とかこういうことになってしまうのでしょうね。
コノシロは伊勢湾にもたくさんいる魚なのでしょうか?
遡上してこんな哀れな姿になって気の毒です。
生活排水流したりはしないでしょうし、
沿岸に工場があっても規制が厳しいですから
工場排水はながさないでしょうに。
現代の技術で何とかなりそうですが?
いつまで汚れたままなのでしょう?
魚の遡上 (nko)
2017-04-30 08:06:37
Reiさん
内湾のボラやハゼも川を上ってきます。
遡上すらなかった川なので、少しはきれいに
なったということでしょうか。
川がきれいにならないのは、工場や生活排水が
流れ込むからだと思います。
いつまで経っても、改善されないのは情けないです。
コノシロ (ryo)
2017-04-30 10:37:49
おはようございます!
そうですね。毎年この状況を
見せていただいております。
なんとか、川をきれいにできれば〜
そう思いますね。
福岡でも中央を流れる那珂川はこういう感じでしたが
今はきれいになりました。やれば出来るはず
ですよね〜
川の浄化を (nko)
2017-04-30 11:20:07
ryoさん
おっしゃる通りで、やれば出来ることがいつまで
経ってもヘドロの川では恥ずかしいです。
那珂川も隅田川もきれいになったので、出来ない
ことはないですね。
名古屋城とゆかりの川なので、木造天守閣の再建
より、川の浄化を先にやって欲しいです。

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL