名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

いよいよ梅雨明け?

2017年07月15日 | 暮らし


大気が不安定な状態が続いていたが、
ようやく安定した夏空が戻ってきた。

それと同時に猛烈な暑さとなり、熱中症指数は
最高レベルの「危険」を示していた。





早朝から公園や街路樹では、蝉しぐれが
暑さを掻き立てている。




↑センダンの実



↑桜通りのイチョウ
納屋橋際のセンダンの木や、桜通りのイチョウは、緑色の実を
いっぱい付けて、高温多湿の日差しを喜んでいる。



柳橋中央市場で旬のイサキと、湖産の小鮎を買ってきた。

どちらも、先日より値上がりしていたのは、天候が
悪かったからだろうか。



小鮎は塩分の摂取と日持ちをよくするため、
やや濃いめの味付けで佃を作った。



輸入物の松茸が出ていたが、暑さの中で秋を味わう
粋人がいるようだ。

お昼に外出したら、クラクラするような熱気がまとわり付き、
身の「危険」を感じるほどだった。

明日も今日以上の天気のようで、
梅雨明けも近そうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨明け間近?の大荒れ天気 | トップ | 受動喫煙対策・時代遅れの日本 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (ryo)
2017-07-15 20:12:54
博多は山笠が終わると夏明けなのですよ。
しかし、本当に暑いです。

銀杏の実は早くも落ち始めており
びっくりしています。
松茸〜〜季節の先取りでしょうか。
お魚も高めなのですね〜
自然が (nko)
2017-07-15 21:34:57
ryoさん
食べ物の旬や、季節の行事にズレが出ている
ように感じます。
酷暑のスタートも早いし、北海道の猛暑や九州の
豪雨も凄まじいし、自然が怒っているようですね。
梅雨明け? (Rei)
2017-07-16 11:36:43
梅雨寒むを感じないまま、夏を迎えそうですね。
この先2か月が思い遣られます。
センダンの木は何回も写真撮ったりして
愛着みたいなものすら感じます。
センダンの実は、漢方に使われますが
有毒でもあるらしいですね。
野鳥は有毒を知っていて食べない?

お手製の佃煮、食がすすみそうです。
松茸は買いませんが
外食で一度くらい食べられるかも?
先が思いやられます (nko)
2017-07-16 12:17:41
Reiさん
確かにこの暑さは尋常でないですね。
夏本番が思いやられます。
薬草は毒にも薬んもなるので、さじ加減が
微妙ですね。
秋になるとムクドリが食べにきますが、食べ
残しが多いのは、量をわきまえているから
でしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL