名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

「名古屋円空仏の会作品展」の準備

2017年05月15日 | 趣味


明日から開かれる「名古屋円空仏の会作品展」の
搬入と展示をしてきた。





名古屋市内の円空仏彫刻愛好家、4グループの
合同展で、隔年に開催される。



わが「木端の会」は、荒子観音寺に教室を置く会で、
30名ほどの会員が毎週木曜日に稽古をしている。

決まった先生はいないが、ベテラン会員が刃物の研ぎ方から、
彫刻の要所や勘所を丁寧に教えてくれる。

円空に関する知識や造詣の深い会員もいて、彫刻以外にも
何かと学ぶことが多い。



教室は荒子観音寺客殿の一角にあり、
ご住職の好意で無償でお借りしている。

会員もお寺の円空仏拝観や、節分会などの
手伝いをし、良い関係が維持されている。

練習の成果の作品は80点ほどで、展示台を
組み白い布を敷いてかざった。

初心者からベテランまで、円空仏の模刻を中心に、
円空にならった創作作品が、5月21日まで展示される。
(入場無料)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビル解体が進む街 | トップ | 「名古屋円空仏の会作品展」... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いよいよですね (Rei)
2017-05-15 22:06:15
みなさんのご精進の作品が展示されるわけで
すね。とても楽しみです。
円空さんもお喜びでしょう。
彫刻は奥の深いもの、ましてや仏像ですから
内面的なものの表現も必要がありましょう。
門外漢ながらむつかしさは分かるような気が致します。
円空展 (nko)
2017-05-16 07:49:13
Reiさん
多くの人たちの作品を身近で見ることが出来て
いい刺激になります。
まだキャリアは短いけど、仏像を見たり作ったり
する楽しみもふえました。
もっと上手くなるといいのですが・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL