名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

松平氏・家康公のルーツ松平郷へ

2017年07月12日 | 遊び

↑松平氏館跡

男5人で、松平・徳川氏発祥の地と言われる、
豊田市の松平郷へドライブをした。


↑松平東照宮

↑家康公産湯の井戸



↑松平家菩提寺高月院



↑奥殿陣屋と庭園

緑に囲まれたこの一帯には、往時の面影を残す館跡や城跡、
家康を祀る松平東照宮、松平家菩提寺の高月院などが、
山間の小さな集落に点在している。


↑東照宮から高月院への小径

秋の紅葉や春の桜のシーズンは、さぞ見事な
景観だろうと想像しながら、折からの猛暑に
耐えて松平氏・家康公のルーツを辿った。





近くのトヨタ自動車の保養施設フォレスタヒルズに寄って、
和食処「花乃里」で、庭の借景を愛でながら昼食をとった。







豊田市の老舗の味噌蔵「枡塚味噌」に寄り、
昔ながらの手包み量り売り味噌の土産を手に
帰途についた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新「御園座」の演目発表 | トップ | お盆で浜松へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
松平郷 (Rei)
2017-07-13 10:32:33
今も松平の地名は残って使われているのですか?
家康と言えば竹千代、松平元康の名がすぐ浮かびます、
私の中では他の武将、秀吉や信長より
名前以外でも狸おやじ、三河武士など
たくさんのワードがうかびます。
徳川の時代が長かったからでしょうね。
信州人の亡夫は最後まで八丁味噌に馴染まず
信州味噌が一番と言っていました。手前味噌です。

猛暑だったと思いますが、写真の緑は涼しげです。
ルーツは (nko)
2017-07-13 14:34:22
Reiさん
町村合併で豊田市松平町となり、高速道の
豊田松平ICもあります。
徳川家は岡崎や浜松に縁が深いと思ってましたが
豊田がルーツでした。
食べ物に限らず、地方ならではのお国自慢は
いいものですね。

コメントを投稿

遊び」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL