名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

お盆で浜松へ

2017年07月13日 | 暮らし


今日は、妻の実家で義父の初盆があるので、
東名高速を走って浜松へきた。



先日、身内だけの内施餓鬼を済ませているが、
遠州地方の一部ではお盆に、町内の人や友人知人
などがお参りする、盆義理が行われる。

盆飾りをした祭壇に、お供えの品や食事を
供えて準備をする。

午前中にお寺へ迎え火の種火を貰いに行き、
玄関に盆提灯を出し迎え火を焚いて故人を
お迎えする。



お参りする人は概ね午後から夜までで、その間
家族は礼服でお迎えし、お礼とともに
「盆義理返し」をお渡しする。

名古屋の初盆は、これ程大掛かりにすることはなく、
菩提寺で行われるお施餓鬼だけで、家で立派な祭壇を
設けてすることはない。

同じ仏事でも、ところが変われば、内容も大きく
変わることを初めて知った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松平氏・家康公のルーツ松平郷へ | トップ | 梅雨明け間近?の大荒れ天気 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
供養 (ryo)
2017-07-14 06:17:19
本当に、いろんな形の供養が
ありますね〜
でも、とても盛大ですね。
びっくりしました。
私の周囲はほとんど逝ってしまいましたね〜
さて、そろそろ順番が廻ってきそうです(笑)
初盆 (nko)
2017-07-14 06:55:20
ryoさん
お盆の行事は、ところによって色々あるようですね。
同じ浜松でも遠州大念仏と言って、鉦や太鼓に
合わせて念仏踊りで初盆の家を回る所もあります。
この地方で盛大に行われるのは、三方ヶ原の戦いで
討ち死にした兵士を供養するため、徳川家康が始め
たからとた言われてます。
法要 (Rei)
2017-07-15 09:41:27
地方の名家でいらっしゃるのでしょう。
立派なお施餓鬼ですね。
わが実家では檀那寺へ行き、毎年8月8日、
卒塔婆を墓前に供えてお参りします。
暑い盛りで大変です。
終って妹弟たちとランチして解散。
いつまで続けられますか?
先祖の供養 (nko)
2017-07-15 10:50:31
Reiさん
いえいえ、戦後中国から引揚げて一家を作った
ごく普通のサラリーマン家庭でした。
先祖の供養も様々ですが、浜松は突出した
規模で驚きました。
これから維持するのは、容易ではないと思います。
何ごとも、時代とともに簡素化していくようですね。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事