名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

花車神明社かいわい

2017年08月09日 | 歩く


朝から強い日差しが照りつけ、
暑い一日となった。



街なかの散歩は日が昇る前にと思っているが、
寝坊をするので間に合わない。

照りかえしに喘ぎながら、近所を
少し歩いて早々に引き上げた。





名駅5丁目の花車神明社近辺は、古い民家やお寺もあり、
都心とは思えない不思議な空間が残っている。



再開発から取り残された街は、いつまで
この姿のままで居られるのだろうか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孫と一緒に「鉄たび展」へ | トップ | 仏さまとふれ合いの一日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静かな佇まい (Rei)
2017-08-09 21:32:42
これぞ「夏」と言う感じの空ですね。
古い街並みとそびえたつ高層ビルの対比が
見慣れない私には少し奇異にさえ思えます。
数分歩けばビル群に囲まれて
都会の都心ですね。
古い町並みは涼しげです。
そしてほっとします。
暑い毎日 (nko)
2017-08-09 22:11:48
今日は暑かったですね〜
明日は今日以上とか。
立秋を過ぎても過ぎても秋のかけらすら
見つかりません。
開発に取り残された町も、今の姿は時間の
問題で消えていきそうです。

コメントを投稿

歩く」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL