名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

冬に逆戻り

2017年03月15日 | 暮らし


今日は全国的に冬に逆戻りしたようで、
風が強く日が陰ると急に寒くなる。

飛彈や北陸では雪が降っているようだが、
大きな雪雲が流れ込むことはなかった。

天気予報で、降れば終雪と伝えていたが、
にわか雨がぱらついた程度だった。

春になって最後に降る雪を終雪と言うらしいが、
そのチャンスはなかった。


↑4月23日撮影

飛彈の山里にいた頃は、3月や4月に降る雪は珍しくなかった。



雪をかぶった水仙や土筆は風情があるが、
日が差せばすぐに消える淡雪だった。


↑4月14日撮影

毎年4月14・15日に行われる春の高山祭にも、
時々雪が降ることがある。

こんな時は名残り雪と言っていたが、
気象用語では終雪と呼ぶようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高層ビル街のの強風 | トップ | 円空仏彫刻 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春はいつ来る? (Rei)
2017-03-15 18:59:51
例年のことは忘れていますが
この寒さはおかしくないのでしょうか?
地方によっては桜に雪・・・なんてこともあるようですが。
名残り雪はよく聞きますし、使いますが
終雪は初めて聞きました。
名残り雪のほうが風情ありますね。
なごり雪 (ryo)
2017-03-15 19:35:26
こんばんは!
終雪ともいうのですね〜
福岡も寒くて、春物の洋服をやめて
冬物のコートで外出しました。
ユキちゃんにはこんな風景が似合いますね。
春は名のみ (nko)
2017-03-15 21:20:27
Reiさん
このまま春かと思わせて、度々の寒の戻り!
思わせぶりが多いですね。
天気予報は、明日からは少し暖かくなると
伝えてましたが、そう願いたいです。
気象用語のようですが、なごり雪の方が情緒が
あっていいですね。
寒の戻り (nko)
2017-03-15 21:31:37
ryoさん
厚手のコートもダウンも要らないかと思っていたが、
手放せません。
4月末の名残り雪で、ユキともども本格的な春の
訪れを感じていたことを思い出します。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL